中川八洋掲示板

世界の現状は、日本の国家安全保障の危機を加速しています。この急迫の時局において、刻々と変遷激しい国内外の事態を冷静に俯瞰できる力を与えてくれる、大容量の真正の知識こそ、いまの日本人に必要なものです。当ブログは、国際政治学者・中川八洋筑波大学名誉教授の個人ブログです。

「泊」原発を直ちに稼働せよ!──日本人大量殺人を心に秘めた“家畜殺し”原子力規制委員会は、“「学校殺死の酒鬼薔薇」のクローン”

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

 北海道の「停電→節電で対処」の情況は、決して甘くはない。何故なら、(昨年の数値では)この9月の最大電力需要は380万kwで済むが、北海道の寒い冬は、この電力量では全く足りない。暖房用の電気需要が急騰するからだ。ちなみに、今年の1月、北海道は525万kwを消費している。

 しかも、経産省は「何とかなるさ」と超楽観を公言する。が、その実態は、これが経済大国の日本かと戦慄するボロボロ情況。例えば、揚水型のミニ水力発電(20万kw×2基)まで稼働させているからだ。そればかりか、2015年12月に廃止する予定だった老朽著しいミニ音別石油火力発電所は、14・8万KW(7・4万KW×2基)しか生産できないが、こんなひどいおんぼろ発電所まで稼働させる始末。

 このように、綱渡り以下のお粗末限りない電力生産が北海道の現状。しかし、これは北海道に限った問題だと、軽く見てはいけない。現在の北海道の電力逼迫や電力欠乏は、これからの日本経済の未来情況を示唆している。北海道地震は、原発をほとんど稼働禁止にした日本国の経済の大衰退と日本人の日常生活の大不便に到るこれからの姿を見事に描いてくれた。

 すなわち、北海道地震は、日本が半ば国策としている「脱原発」という、悪魔すらビビる恐ろしい日本破壊の狂気と革命の真の顔を覗かせてくれた。北海道地震による停電を一過性の停電と見做すか、日本経済の衰亡と崩壊の行く末をスクリーンに映し出してくれた“未来の地獄図”の一端を教示したと見做すか。この視点と見識の相違が、これからの日本国の生死を分ける分岐点となる。

“スーパー気狂い”坂本龍一はまた、大嘘付きである

 さて、「電気なんぞなくたって、命こそ大切」とほざいた「脱原発」革命運動家の一人に坂本龍一がいる。こんな発言は逆立ちだから、戯言にもならない。電気が無ければ、文明社会では、命は維持できない。要するに、「病院の治療や手術は、電気なしでは不可能」の現実すら想像できない正真正銘の気狂いが、共産主義に魂も理性も奪われた坂本龍一ということ。

 しかも、坂本龍一は、電気楽器キーボード奏者なのにキーボードが音を発するエネルギー源すら分からない、まさしく医学的に“本物の狂人”。狂人・坂本龍一は、公理「脱原発論者とは、医学的な気狂い」の実物証明ともいえよう。

 序なので、坂本龍一の狂気をもう少し。2012年7月16日、代々木公園に共産党が大動員をかけて集まった10万人前後の“赤い「反日」群衆”に向かって、坂本龍一は、お笑い芸人もできない“狂気ギャグ”を飛ばした。

「言ってみれば、たかが電気です。たかが電気のためになぜ命を危険に晒さなければいけないのでしょうか。たかが電気のために、この美しい日本、そして国の未来である子供の命を、危険に晒すようなことをすべきではありません」(このブログの読者は大爆笑した? or戦慄し凍りついた?)

 2011年3月の東電・福島原発の事故で、誰一人として死んではいない。あれほどの事故を起こしながら原発がいかに安全な発電方法であるかを証明したのが、福島原発事故であった。しかも、漏れた放射能は人体にも家畜にも全く無害なセシウムだけであった。つまり、原発は日本人の子供の命を危険に晒したことは一度もない。“世紀の気狂い”坂本龍一は、その重度の妄想癖をフル稼働させて、事実に違背する「子供の命を危険に晒した」をデッチ上げた。

 坂本龍一は、「たかが電気」を連発するから、坂本家には家電は一つもないはずだ。電気の照明もいっさい無いはずだ。きっと照明は蝋燭や菜種油のはず。もし家電や電気照明器具が家にふんだんにあるなら、坂本龍一は大嘘付きということになる。脱原発論者は、必ず、医学的に狂気を病み、また大嘘付きである。医学的狂人で大嘘付きでない脱原発論者など、現実にも一人もいない。

カルト宗教「脱原発」を吸引し、家畜殺しの“鬼畜”というべき“悪魔の権化”日本人

 電気と命の問題は、今般の北海道地震&停電でも、いくたも実証された。なお、今般の北海道地震&停電の災害罹災に関しては、地震の罹災停電の罹災とは峻厳と区別しなければならない。なぜなら、「泊」原発が稼働していれば停電は万が一にも発生していないからだ。北海道の停電は、安倍晋三内閣共産党員の菅義偉が主導)と首相・安倍晋三から「好きようにやれ」と丸投げしてもらった原子力規制委員会が実態的に推進する“赤いカルト宗教”「脱原発」が、その国家権力で「泊」原発の稼働をさせない狂気を強制して起きた人為的停電。本質的には自然災害の停電ではない。

 この人為的停電による“命”を剥奪した具体的な例を一つ上げよう。

 非常用発電機を設置していない道内の酪農家では、搾乳器や搾乳ロボットがストップしてかなりの乳牛が乳房炎を起こし死に、また殺処分される乳牛が相当数になった。例えば、道東部の標茶町などの酪農家などでそれが報道されている。たまたま地震(380万KWの発電量を回復すれば何とか凌げる)9月だったから、人為的な乳牛殺しが全道でおそらく数百頭で済んだ。もし、この停電が(530万KWを必要とする)1月や2月であれば、最低でも数千頭、いや万を超す乳牛が死んだだろう。

 そればかりではない。1~2月であれば、病院や家庭でかなりの数の病人や乳幼児が死亡したはずで、その数は想像を超えるものとなっただろう。

 日本人は朝鮮人共産党員の“残忍性日本一”菅直人(当時、首相)頭をレイプされ、2011年3月から悪魔や鬼畜のような残虐さを顕著に剥きだすようになった。全く不必要な家畜殺しを大規模に行うようになった。まさに、日本人一億人は、2011年3月を境に、“スターリン/金日成の鬼子”菅直人化した。つまり、日本人一億人は、2011年3月の福島原発事故をもって、自国民6600万人殺しのレーニン/スターリンの殺人鬼に(人格を)自己改造したのである。

 人間殺しの残忍性は、動物殺し/家畜殺しにそれが萌芽する。このことは、ハンマーとナイフとノコギリで二名の小学生を殺害し、三名の小学生に重軽傷を負わせた、1997年に神戸市で発生した14歳の「酒鬼薔薇聖斗(本名は東慎一郎)が証明している。酒鬼薔薇聖斗は、この人間殺しをする前には、猫を20匹ほど殺している。足を切断したり、体をズタズタに切り裂いたり、舌を引き抜いたり、棒で殴り殺したり、その残虐性は異常と酸鼻を極めたものだった。

 この「酒鬼薔薇聖斗」と同じことをした/しているのが、菅直人内閣時の経産省であり、現在の悪魔の原子力規制委員会(委員長は前任の田中俊一と同じく共産党員の更田豊志)経産省は今では共産党員官僚の「脱原発」派と「原発推進」派とが半々で拮抗しているが、2011~2年の民主党時代には、経産省は「脱原発」派一色であった。ために、経産省官僚が菅直人と結託して、共産党の指示通りに、全く不必要で反・科学/反・放射線医学の「無害セシウムでの郷里追放」を強行したのである。世界の科学者が驚愕した“セシウムで故郷追放”という、ヒトラーユダヤ人強制連行と同種の究極の人権侵害であった。憲法が保障する“安全な場所での居住の自由”権の剥奪であった。

 しかも、この時、経産省官僚は民主党福島県知事・佐藤雄平共産党が支配する神奈川大学卒)と組んで、福島原発周辺の家畜を餓死・渇死で皆殺しする事を計画し実行した。強権をもって、家畜の避難を一切許さなかった。

 だが、福島県警本部は、佐藤雄平動物愛護法第44条(備考)に従い逮捕すべきなのに、そうしなかった。全国の日本人は、法治主義否定のこの無法措置に怒ることも無かった。また、セシウムは生物の体外に直ぐ排出されるため、いっさい放射能汚染などにならないから、放射能を体内にいっさい持たない数十万頭の牛、馬、鶏、家鴨など、無害の家畜が餓死/渇死する情況に対して、動物愛護団体も沈黙した。日本の動物愛護団体は、動物無差別殺しを推奨する悪魔の偽善団体である。

(備考) 動物愛護法

第四十四条 愛護動物を濫りに殺し、又は傷つけた者は、二年以下の懲役又は二百万円以下の罰金に処する

2 愛護動物に対し、みだりに、給餌若しくは給水をやめ、酷使し、又はその健康及び安全を保持することが困難な場所に拘束することにより衰弱させること、自己の飼養し、又は保管する愛護動物であつて疾病にかかり、又は負傷したものの適切な保護を行わないこと、排せつ物の堆積した施設又は他の愛護動物の死体が放置された施設であつて自己の管理するものにおいて飼養し、又は保管することその他の虐待を行つた者は、百万円以下の罰金に処する

家畜殺し者は、心底に大量人間殺戮の狂気を秘めると証明した「酒鬼薔薇」事件

 さて、多くの殺人心理学者や精神科医や殺人専門捜査官などが指摘するように、「殺人者の初期は、動物の殺害や拷問に端を発している」「動物虐待者は、サイコパス人格の証左である」から、動物殺戮は、凶悪な人間殺戮の予兆と捉えるべきである。このことは、「酒鬼薔薇」事件、宅間守事件(池田小学校児童殺傷事件)宮崎勤事件、鹿嶋学事件などだけでも十分に立証されていよう。

 今般の乳牛の乳房炎発症や殺処分の報を聞き、「泊」原発の再稼働の声を上げなかった者は、出力200万kwの「泊」原発三基が北海道にあるのを知らない無知者を除き、北海道民の皆殺しを無意識で願望していると考えて間違いはない。

 1939年のノモンハン戦争は、「凶悪なソ連工作員」服部卓四郎と辻政信と小松原道太郎の三名が、スターリンに命令されるままに、日本人将兵を1万人ほど殺戮する計画で挙行された日ソ間の八百長戦争であった。当時の関東軍測量部がモンゴル領と地図に明記しているノモンハン満洲国の領土内の地だと突然騒ぎ出し、戦略的に無価値な地域でしかも不毛の窪地、さらにモンゴル側が高台でそこからの砲弾で(この窪地に入れば)殺戮され放題になるのが当たり前のノモンハンで戦争するなど烏滸の沙汰だが、在満洲の一般邦人155万人は、それが満洲ソ連軍を導入して自分たちを皆殺しするための準備だとは気づくことはなかった。

 関東軍は日本の陸軍の一部であり、満洲の領土と在満洲の日本人を守るものだと信じていたからだ。無知による間違った先入観である。つまり、共産主義者は自国民憎悪と自国民殺戮を信仰する凶悪カルト宗教の狂信者との常識が、1939年の在満洲邦人には欠如していた。この無知の結果が、自分たちがロシア兵や支那人暴民に殺され放題の1945年8月になる事態を予見させなかったのである。もし“親日の偉大な紳士”マッカーサー元帥と蒋介石とが満洲邦人を救出しなかったら、帰還できた102万人日本人婦女子は一人も帰還できず、全員、満洲の荒野で死んだだろう。

 なぜ、ここで1945~6年満洲の邦人の悲劇とスターリン/服部卓四郎らが共謀した日本の将兵1万人計画殺人の1939年)ノモンハン戦争の歴史を振り返るのか。その理由は、北海道がいずれこの満洲を再現するからだ。つまり、現在、北海道に住む日本人は、ほんの二十年程先の近未来、百万人を越えるロシア侵略軍に蹂躙されて阿鼻叫喚の最期を迎えるが、この事態を「泊」原発を稼働させない共産党支配の原子力規制委員会が予定していることを喚起しておきたいからである。

酒鬼薔薇」の化身で原子力規制委員会委員長・更田豊志は、日本人殺しに爆走中

 「脱原発」の狂信者は、「酒鬼薔薇」と同じで家畜を平然と殺す。家畜を平然と殺す者は、人間を平然と殺す。そこで、酒鬼薔薇が殺した小学生男児の首を神戸市立友が丘中学校の校門に置いたとき、その口にくわえさせた手紙は、二十年が経ったので忘れた方もいるだろう。次のようなものであった。この手紙は、原子力規制委員会の日本国への宣戦布告文を文字ったと解釈できるのは、偶然ではない。

さあゲームの始まりです
愚鈍な警察諸君
ボクを止めてみたまえ
ボクは殺しが愉快でたまらない
人の死が見たくて見たくてしょうがない
汚い野菜共には死の制裁を
積年の大怨に流血の裁きを

SHOOLL KILL 学校殺死の酒鬼薔薇

 なぜなら、科学的理由一切なしに「泊」原発を稼働させない、「脱原発」狂の“カルト宗教団体”原子力規制委員会とは、酒鬼薔薇の文面と全く同じイデオロギー(狂気)に立脚しているからだ。           

さあ、日本国亡国のゲームの始まりです。

愚鈍な日本人諸君!

科学など無視し放題の原子力規制委員会の「反・原発」の狂気を止めてみたまえ。

原子力規制委員会は、電気不足で日本経済が潰れ日本人殺しとなるのが愉快でたまらない。

阿鼻叫喚の中で死んでいく日本人の死が、見たくて見たくてしょうがない。

汚く腐敗し切った日本人どもには死の制裁を!

日本人に対する積年の怨恨を、ロシア軍の侵攻で、流血の裁きを受けさせよう。

 

 JAPAN KILLER   日本国殺死の原子力規制委員会

 “侵略のロシア皇帝プーチンが、いよいよ北海道への侵攻を決意したが、この問題は次稿で論じ詳しく論じる。また、南シナ海中共海軍が制海したので、中東に石油を依存する日本の石油タンカーは、有事にことごとく撃沈される。日本の電気エネルギーで信頼されるのは、唯一の原発だけである。この問題についても次稿以降、精緻な分析を行う予定である。

(9月13日記)

中川八洋掲示板は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。