中川八洋掲示板

世界の現状は、日本の国家安全保障の危機を加速しています。この急迫の時局において、刻々と変遷激しい国内外の事態を冷静に俯瞰できる力を与えてくれる、大容量の真正の知識こそ、いまの日本人に必要なものです。当ブログは、国際政治学者・中川八洋筑波大学名誉教授の個人ブログです。

マルクス『資本論』を読めば必ず大量殺人狂になる。何故か ──レーニン大量殺戮の再現を狙う、池上彰/佐藤優の『絶望の資本論』

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 マルクスに狂う極左人士は、例外一人として無く、三つの異常な犯罪を志向する。彼らは“猛毒の阿片”マルクス資本論』を吸引することによって、「国民の貧困を極限化」「戦争誘発と戦争永続化」「国民に対する無制限大量殺戮」の三犯罪を“三位一体”で信仰するに至るからである。  

 この“三位一体”「国民の貧困を極限化」「戦争誘発と戦争永続化」「国民に対する無制限大量殺戮」の教典が、マルクスの『資本論』であるのはつとに誰でも知っていること。しかし、共産党員・池上彰と“稀代のアナーキスト佐藤優は、この自分たちの狂気の信条を隠蔽すべく、それを反転させる転倒語法(=ジョージ・オーウェルが導入した新概念「ニュー・スピークス」)を駆使して、『希望の資本論』だと詐称し嘘宣伝に努めてきた。

 が、改めて指摘するのは教養ある読者に失礼だが、『資本論』とは、人間をこの世で“絶望の地獄”に叩き落すことを目的として書かれた“悪魔のカルト宗教経典”である。池上彰佐藤優嘘八百の雑談に興じているだけのお粗末対論『希望の資本論』は、少なくとも『絶望の資本論』と正しい原題に戻すべきだし、より正確には『血塗られた資本論』と改題すべきである。  

 池上彰佐藤優とが『絶望の資本論』『血塗られた資本論』を、嘘ラベル『希望の資本論』という笑止な仮面を『資本論』にかぶせた理由は、二十世紀に起きたかつてのレーニン/スターリンによる自国民大量殺戮(6600万人)」をもう一度、この日本で再現させたいと狙っているからである。その方法は、①ロシアと中共に日本を侵略させ日本列島全体を戦場として破壊尽し日本を阿鼻叫喚の地獄にしておいて、②この破壊の上に樹立される露中の“代行政権”「共産党独裁政府」によって国民に対する無限の収奪と殺戮を実行すれば、いとも簡単に実現する。

 マルクス資本論』の吸飲者が必ず「反戦・平和」を絶叫するのは、ロシア・中共の対日侵略において日本の国防力を無力化するため。コミュニスト達のマルクス資本論』大宣伝と共産党の「反戦・平和」運動が完全に整合するのは、一つのコインの裏表だからだ。いずれも、日本と日本国民とを無限の収奪による極限の貧困と殺戮の巷に誘導する“悪魔のハーメルンの笛”である。  

 なお、戦争は侵略による対外膨張の戦争もあれば、国防力の不足による隣国から侵略される戦争もある。いずれも戦争であることに変わりはない。しかも戦争には、この二種しかなく、またこの戦争発生頻度は同数である。

 双方の戦争における相違は、前者は国家の意思や一部国民の熱狂によって発生し、後者は平和の意思や願望が踏みにじられることで発生する。池上彰朝日新聞等の共産主義者達の反戦平和運動とは、国防力の不足による隣国から侵略される戦争を目指すもので、「平和」の嘘仮面を疑われにくく、戦争狂・戦争主義者がもっとも活用する運動形態。すなわち、「反戦・平和」運動には、血塗られた自国民大量殺害の犯意が透け透けに見える。見えないならば、それは頭が悪すぎる。

資本論』から漂う、マルクスの本心「労働者と農民を殺せ!殺せ!」を隠す池上彰

 マルクスを狂信する者で、レーニンを狂信していない者は世界中に一人もいない。だから、マルクス・レーニン主義者のことを、それと全く同義でマルクス主義者ともいうのである。レーニンはマルクス(のカルト宗教)教義を実践するために1917年11月に権力を掌握したのであって、このことは『国家と革命』(1917年、注1)を読むまでもなく、自明であろう。  

 また、実際にも、レーニンの水準で、マルクスの膨大な諸著作を正確に読みこなし正しく理解した者は、世界中でもそんなに多くはない。すなわち、“悪魔の教典”『レーニン全集』(全57巻、第5版、日本共産党の直轄出版社・大月書店)は、教義を担当した“悪魔の教典”『マルクスエンゲルス全集』(全53巻、大月書店)の実践篇である。両者は、双子の兄弟というより、双頭のシャム双生児。  

 だから、マルクス共産主義人間を定義(=夢想)した通りの共産主義人間を作りあげるための、現実に人間をその方向に改造する具体的方法はレーニンが考案した。例えば、次のは、その一つ。

(隠居老人や病人を含めて)働かざるものは食うべからず》―これが社会主義の実践戒律である。これこそ実践的に組織すべき点である」  

「金持ち、ペテン師、座食者に対する何千という実践的な記帳と統制の形態と方法は、(独裁共産党指導下の)コンミューン自身が、農村と都市の小さい細胞自身がつくりあげ、実践の上で試してみなければならない。・・・ロシアの土地からあらゆる種類の害虫/蚤すなわちペテン師、南京虫すなわち金持ち、その他などを一掃するという、ただ一つの目標を達成しようとする場合の成功の保証である」  

「あるコンミューンでは、十人の金持ち、一ダースのペテン師、半ダースの仕事を怠ける労働者を投獄するだろう。次のコンミューンでは、彼らに便所掃除をさせるだろう。第三のコンミューンでは、拘禁を勤め上げたのち黄色の鑑札を与え、彼らが矯正するまで全人民が妨害分子として彼らを監視するだろう。第四のコンミューンでは、座食行為(仕事を怠けること)を犯した十人のうち一人をその場で射殺するだろう。・・・」(革命一ケ月半後の1917年12月末執筆、注2)

 このレーニンの命令は、実際にも、この通り以上に厳格かつ残忍に実践された。特に、第四のやり方「座食行為(仕事を怠けること)を犯した十人のうち一人をその場で射殺する」は、ロシア全土で徹底的に実行された。ここでは引用を省略するが、コンクェストの『スターリンの恐怖政治』やクルトワの『共産主義黒書』を読めば、一目瞭然。なお1921~2年、東シベリアではまだ日本人の商売人などが自由に行き来できた最後だが、彼らは「道端に餓死した老人の死体がゴロゴロ転がっていた」との目撃談を帰国後に語った。が、朝日新聞その他はこれを報道しなかった。自主検閲である。

 しかも、このコンミューン共産党員による「無辜の国民を十名ごとに一人づつ無差別殺害」よりも、もっと陰惨な国民殺しが、国家機関として実行されるようになった。それが、現在のロシア大統領プーチンの古巣KGB第二総局の、その元組織「チェーカー」による無差別拷問をした上で処刑するやり方の国家テロル・大量殺戮である。レーニンは、共産党員の中でも極端に目立つ残忍な殺人を楽しむ狂人ジェルジンスキーを、この「チェーカー」長官に任命した。

 なお、「チェーカー」については、リチェルソンの『剣と盾』(注3)などが入門書として有益だろう。そして、1917年12月に創設のチェーカーによる対国民テロル体制を構築していくに、レーニンこそが、その先頭に立った。これについての参考文献には注4などがある。  

 レーニンとジェルジンスキー二人三脚での国民無差別&大量殺戮の陰惨な実際の情況は、次節に譲る。このレーニンの大量無差別殺戮方針は、カーメネフジノヴィエフらは批判的だったが、ブハーリン/トロツキー/スターリン共産党指導部の多数が支持した。ブハーリンの『過渡的経済論』は、上記のレーニンの無差別殺戮を支持し、次のように述べる。   

銃殺刑に始まり、(強制の)労働義務に終わるプロレタリア的強制のあらゆる形態は、いかに逆説的に聞こえようとも、資本主義時代の人的素材から(資本主義に汚染されているのを除染して)共産主義的な人間をつくりあげる方法なのである」(注5、1920年、カッコ内中川)。  

 最低でも十人に一人を無差別に殺す、すなわち(国民人口が一億人ならば一千万人という)国民の人口の一割を無差別殺戮することを共産国家ソヴィエト建設の不可欠条件と考えたレーニンやブハーリンらの狂気のマルクス主義は、道徳的な善悪や倫理的な正義・不正義が目的によって定まると、絶対普遍である倫理道徳を、あろうことか価値相対主義で破壊するマルクス流殺人鬼の論理に立脚する。マルクス・レーニン主義の、この血塗られた価値相対主義は、上記『過渡的経済論』の邦訳153~4頁でも展開されている。興味のある読者は、是非とも読まれるよう勧める。  

 マルクス・レーニン主義の価値相対主義を全面的に正当化すべく理論化したのが、法哲学者ハンス・ケルゼンであった。一方ケルゼンとは逆に、ソルジェニーツィンは、共産主義者の「善悪の区別を取っ払った価値相対主義」を、狂気だと鋭く非難する(注6)。  

共産主義者道義のあらゆる絶対的概念を否定することを隠したことはありません。共産主義者は、疑いを容れないカテゴリーとしての善と悪の概念を嘲笑しています。共産主義者は善悪の相対性という(狂った)考えを全世界に感染させるのに成功したのです」(注7、カッコ内中川)。  

 なお、このブハーリンに傾倒・心酔した日本の共産主義者が、かつて日本共産党委員長だった不破哲三。「不破」は、ブハーリンの「ブハ」を文字ったペンネーム。なお、「哲」は「鉄人スターリン」の「鉄」から、「三」は野坂参三の「三」からとっている。

「レーニン善人/スターリン悪人」は真赤な嘘。レーニンこそスターリン以上の超極悪人

 ところで日本では、真赤な嘘歴史「国民に対する国家テロルは、スターリンが開始したもので、レーニンはそうでは無かった」が蔓延している。レーニンを美化するため、共産党が1953年3月のスターリンの死後から徹底的に展開した偽情報宣伝。なのに、日本人全員がこれに洗脳された。日本人の知能指数は、お粗末どころではない。『共産主義黒書』とも一致し、歴史学的に完全に正確な、次のソルジェニーツィンの警告を、日本人は煎じて飲む必要がある。  

スターリニズムなどというものは、いまだかつてあったことはないのです。これは共産主義のあらゆる根本的罪過をスターリンにおっかぶせるためにフルシチョフ一派が思いついた言葉です(注8)。・・・実際はスターリンの前にすべてレーニンがやっていたのです」  

「土地で農民を騙したのはレーニン、自主管理で労働者を騙したのはレーニン、労働組合を抑圧機関にしたのはレーニン、チェーカーを創ったのはレーニン、重労働強制収容所を創ったのはレーニン、周辺民族の弾圧も周辺国家への帝国主義的侵略もレーニン」(注7)

 要は、スターリンの大虐殺は、レーニン主義を継続するその継承で連続。「スターリン主義」とすべきものは何一つ存在しない。そして、レーニン主義とは、マルクス主義の実践篇で、猛毒のマルクス主義の土壌に咲いた、大量殺人に爆走する赤い花の戦車群である。  

 このレーニン主義の元祖マルクスが、血を見るのが大好きである事については、多くの証拠がある。がマルクスは、共産主義的人間への人間改造の方法としての大量殺戮については、示唆するに留めて、明確な表現を避けた。その個所を以下に紹介しておく。これだけでもマルクス経済学が経済学ではないことは明瞭だろう。マルクス経済学とは、人間を殺戮し続ける“反・人間の究極”を追求した“悪魔のカルト宗教”であって、それ以外ではない。当然、経済学とは全く無関係、全く無縁である。マルクスは、次のように述べた。  

ダーウィンの進化論に従った)人間種族の能力の発展が、たとえ最初は、多数の個人や人間階級さえも犠牲にしてなされるとしても(大量に個人が殺戮されるとしても)

共産主義的人間に進化するという)個人のより高度な発展は、個人が犠牲にされる(=間引き的に大量殺戮される)歴史過程を通じてのみ達せられる」(注9)

「古い社会の血生臭い死の苦しみと新しい社会の血に塗れた産みの苦しみを短くし、単純化し、一つに纏める手段はたった一つしかないということ、そのたった一つの手段とは革命的テロリズムだということ」(注10)

 レーニン主義とは、このようなマルクスの人間改造・殺戮の勧めに従っての実践だった。マルクス本人はむろん、レーニンであれ、レーニンの下に集まったトロツキーブハーリンスターリンであれ、殺戮の過程によって人間は初めて共産主義的人間に進化する(=発展する)と堅く信仰していた。カルト宗教の狂気の狂信と同じ。

 しかもマルクスらが“この世に到来する”と妄想した「共産主義的人間」は、海月か幽霊か、そのような実体のない「漠然」だった。現実に存在する人間を雑草としか観なかったマルクスは、『資本論』の執筆時では「共産主義的人間」=「無欲で労働し続けるボルト・ナット」をイメージしたようだが、これすら「漠然」で、具体的には詰めてはいない。そもそもマルクスは、「共産社会を目指す」を吹聴・煽動しながら、この最終目的地「共産社会」について具体的定義をいっさいしていない。「共産社会」は、“画餅”以前の「語餅 ごぺい 空語」である。

人類史上、最も残忍で最も大量人民殺戮を実行した“マルクス教の優等生”レーニン

 2001年に邦訳が出たクルトワほか『共産主義黒書』(原著1997年)の売れ行きは良かったなどの話は聞いたことがない。もし『共産主義黒書』が日本で広く読まれていたら、池上彰の『高校生が必ず投げ捨てる資本論』や佐藤優との共著『絶望の資本論』など出版されていないだろう。  

 “人類史上最凶の悪魔”レーニンは、1917年11月に非合法で権力を握るや、その権力維持のため、国民を銃殺と餓死で「殺し尽くす」策を採り、躊躇うことなく実行した。1917年12月に無差別殺戮機関「チェーカー」を創設し、翌1918年8月からは“この世の生き地獄”「強制収容所」をロシア全土に造り続ける事を開始した。「チェーカー」は、発足時は僅か「百名」だったが、一年後には「四万人」となり、丸三年後の1921年年頭には「二十八万人以上」に膨張した。拷問好き・殺人好きの精神異常者が優先的に採用された。

 なお、「チェーカー」は、その後GPUゲーペーウー等、数回の組織編成を経て、ソ連崩壊後のFSBとなるKGB第二総局がその中核後継機関だった。プーチン大統領もその父親も、このKGB第二総局に勤務。父親はプロの暗殺者で生涯を終えた、階級は軍隊でいえばKGBの万年軍曹であった。プーチン本人はエリートで、退官時はKGB大佐であった。  

 レーニンは、1917年12月から1922年末まで丸五年間だけでも五百万人のロシア人を殺戮した。餓死者五百万人がこれに加わる。年間平均殺戮数では、スターリンを凌ぐ。レーニンの殺戮方法は無慈悲を極め、「残忍」などの言葉では足りない。二、三の例を『共産主義黒書』から挙げておこう。

 1919年3月、ヴォルガ川河口の町アストラハンでいくつかの工場がストライキに入った。スト参加の労働者とソ連共産党ボルシェヴィキ反対者2000名~4000名が、溺死と銃殺で直ぐに殺された。溺死の方法は、このヴォルガ河に浮かべた平底船に乗せ手を縛り首に石をぶら下げ、その後この船の底に穴を開けて沈めるやり方。この後、富裕層を600~1000名を追加銃殺した(注11)

 レーニンは“労働者の天国”を造るのではなく、マルクスの教えに従い、“労働者と人民の大量殺戮”こそが“(到来しない)共産社会づくり”の一過程だと堅く信じていた。さらに食料の配給制度とは、権力者の恣意と命令で「配給しない」行政ができることで、レーニンはこの無配給制度を活用した餓死処刑を、ストライキをする労働者やインテリ層に対して、徹底的に活用した。  

 苛斂誅求の食糧徴発、農民の兵士徴用、馬匹の徴発などに反発する農民の蜂起に対しては、レーニンは峻烈を極めるやり方で鎮圧した。爆撃機による爆弾投下で村ごと焼き尽くした。毒ガスも使用した。近隣の森に逃げ込んだ逃亡農民の場合、その家族を人質にし各家族から一人づつを銃殺し、驚いて森から出て戻ってきた投降の蜂起農民をことごとく処刑。さらには不毛と極寒のシベリア強制移住させた。  

 例えば、農民しかいない(ドン河の某)コサックの村を破壊するに、1920年10月、その完全破壊作戦終了後の報告書には次のように書かれている。強制移住とは、そのほとんどが餓死・病死・凍死で処刑されることであった。  

「カリノフスカヤ村;全村焼却。全住民(4220人)強制移住または退去。エルモロフスカヤ村;全住民排除(3218人)、ロマノフスカヤ村;1600人強制移住。1661名移住待ち。・・・」(注12)。  

 このような殺戮と強制移住策をもって、ドン河とクバンのコサック村地域における全人口300万人のうち、30万人から50万人が殺され強制移住(=行方不明)になった。レーニンの方針「国民の一割を必ず殺す」は、余す所なく実行された。  

 レーニンは、播種用の種籾まで徴発する、自分たちの狂気の食糧徴発で餓死した屍体累々の農村の酸鼻極める荒廃と惨状を知るや、1921年7月、さらなる食糧徴発をせよと、命令「食料収集機構を強化して、農村住民に完全納税の政治的・経済的重要性を説明して、宣伝活動を盛んに行い、…現物税(食料)収集機関が党の権威と国家の全懲罰機構とを活用せよ」(注13)を発した。マルクスの教えに従って、農民を残虐に皆殺しする意図なしにはできない。

 ついでに、レーニン発案の凍死処刑のやり方も紹介しておこう。「命令通りの食糧を供出できなかった農民には、まず暖房のない納屋に監禁して鞭打ち殺すぞと脅す」「次に、完納しない者を丸裸にして厳寒の中を走らせる」「最後には、裸のまま雪の中に掘った穴に押し込める」「・・・・・」(注14)

マルクス狂”池上彰は、佐藤優/内田樹らとともに、日本人の数千万人殺戮を狙う

 以上のように、マルクスとレーニンの思想と行動の一端をほんの少しでも知れば、マルクス資本論』を自分だけこっそりと信仰するのではなく、それを次世代に教宣し日本を“第二のソ連”に革命したいと、野獣の数億倍も危険な国家犯罪(日本国民に対する無差別・無制限の大量殺戮)を企てている池上彰的場昭弘佐藤優内田樹を拱手して放置しておいてよいかの問題に、われわれ真正の日本国民が直面しているのを痛感するだろう。内田樹には『若者よ マルクスを読もう』(2010年、共産党員出版社「かもがわ出版」)がある。佐藤優内田樹の血統は、北朝鮮人。

 自由社会の日本国とその子孫の自由と安全と繁栄のために、刑法に「大量殺戮予備罪」を新設し、池上彰/的場昭弘/佐藤優/内田樹らを死刑か、少なくとも終身刑にして永久に刑務所に収監して隔離することを、急ぎ検討すべきである。マルクス狂徒とは不可避に大量殺人鬼である。この事実は、「太陽が東から昇る」と同じほどの、不変の真理である。

 もし「次代の日本人のために、池上彰/的場昭弘/佐藤優/内田樹らを死刑にしておかねば」と考えない日本人とは、倫理道徳を喪失した腐敗人間であるだけではなく、人間性を失った非人間だということになろう。

 

1、レーニン『国家と革命』、『レーニン全集』第25巻。中央公論社「世界の名著63」の『レーニン』にも所載。

2、『レーニン全集』第26巻、422~3頁。

3、リチェルソン『剣と盾』、時事通信社

4、George Legett,“Lenin,Terror and the Political Policeチェーカー)”,SURVEY 21.

5、ブハーリン『過渡的経済論』、現代思潮社、212頁。

6、倫理道徳や法的正義・不正義の価値は、人類が記録を持たない時代からの“絶対”価値であり、この絶対価値性は地球広く普遍的であった。だが、レーニンらの共産主義者は、人類史上初めて「共産化を目指す限り、餓死処刑や焼却処刑を含めふんだんな無差別銃殺による大量殺人は正義であり善である」と嘯き実行した。独裁権力者は恣意的な殺人権を行使できるとしたルソー淵源のドグマをヘーゲル弁証法でデッチアゲた血塗られた大詭弁。これは善悪の絶対的区別を否定し、善と悪とを相対的としたので、学界では「価値相対value-free主義」と言う。

7、ソルジェニーツィン『自由への警告』、新潮社、56頁、60~1頁。

8、『フルシチョフ秘密報告《スターリン批判》』、講談社学術文庫

9、マルクス剰余価値学説史Ⅱ』、『マルクスエンゲルス全集』第26巻第2分冊、大月書店、143頁。

10、マルクス「ヴィーンにおける反革命の勝利」『マルクスエンゲルス全集』第5巻、457頁。

11、『共産主義黒書』、恵雅堂出版、96頁。

12、仝上、110頁。

13、仝上、130頁。

14、仝上、129頁。

中川八洋掲示板は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。