中川八洋掲示板

世界の現状は、日本の国家安全保障の危機を加速しています。この急迫の時局において、刻々と変遷激しい国内外の事態を冷静に俯瞰できる力を与えてくれる、大容量の真正の知識こそ、いまの日本人に必要なものです。当ブログは、国際政治学者・中川八洋筑波大学名誉教授の個人ブログです。

「史実明らかな日本武尊」を“架空の英雄物語”に捏造した史学界 ──真赤な“嘘と偽造の古代史”を粉砕し、古代史に真実と日本国を取り戻そう(7)

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

1、仲哀天皇の生誕/即位/崩御年は「景行天皇在位中に日本武尊は将軍」を証明

【歴史年表から考察】;ゴチック部分は歴史学的に既に確定

  • 崩御367年は確定、宝算51歳も確定。よって、ご誕生は316年。
  • また、第14代・仲哀天皇在位年数が八年間であったことも確定。即位は359年。御年43歳。身長180㎝を超える巨体であったとされるから、心臓麻痺ではなかったろうか。
  • 「父」日本武尊が仮に25歳の時に仲哀天皇が誕生されたとすれば、日本武尊のご誕生は291年。 ともあれ、日本武尊の満15歳の時は、306年だった(仮定)
  • 日本武尊薨去を満30歳だと仮定すれば、それは321年。つまり、丸十五年間、九州から東北まで、全国を所狭しと軍事行動に明け暮れていた。
  • 第12代・景行天皇の即位を303年に仮定。これは第10代崇神天皇崩御258年(確定)から推定。
  • 第12代・景行天皇と第13代・成務天皇の御代は、「303年-359年=56年間」。半分づつにすると、景行天皇は303~331年在位、成務天皇331~359年在位。
  • 上記で、日本武尊(後代の官制でいう)征夷大将軍」拝命は306年と仮定(満15歳)。その薨去を十五年後の321年で満30歳と仮定したが、この「306~321年」は、景行天皇の御代「303~331年」の中に収まり、記紀記述に一致して矛盾や齟齬はない。
  • 仲哀天皇は、父が恋しく白鳥を見ると「父だ」と思い焦がれていた。その別離は321年で、仲哀天皇が5歳の時。これをもって胸を打つ歴史事実と理解するのが、健全な人間性ある日本人の感覚だろう。       

[古代史学者は、菅政友と那珂通世を除き、歴史学者なら必ず作らねばならない(最終的に開示する、自分の研究作業に絶対不可欠な)歴史年表を決して作らない。作れば自分たちが意図的に捏造した、歴史経過ハチャメチャ共産党史観の“真赤な大嘘の偽造歴史”が瞬時にバレるからである]。

2、三韓征伐は366年の前日本全国の軍事的統一と徴税・徴用制度の完成が不可欠

1、366年に事実上開始される「三韓征伐」といわれる、主として新羅制圧=新羅に対する服属要求戦争は、日本国内において、次の二条件が完成していなくてはならない。

A、国内が軍事的に制圧されていて軍事的に十分に安定していること。対外戦争をした時に国内で大規模叛乱が起き、外征軍が背後から衝かれることなど決してない状況が確立されていること。

B、国内において、膨大な戦費を賄うための潤沢な徴税が行なわれる全国規模の徴税システムが完成していること、ならびに武装自前の兵隊を徴用できる、近代でいう徴兵制とほぼ同じものが、制度として全国規模で完成していること。

2、渡海しての三韓征伐の軍事費用は、どのくらいかかるか。

C、渡海作戦であるので、輸送船は相当数の数が不可欠。一艘につき三十名の兵士と軍装備を積載できるとして、日本の派兵陸軍力を六千人とすれば、輸送船は二百艘が最低限必要となる。海戦をしていないので、輸送船の軍艦化は不必要。この「二百艘を博多湾でどう建造したか」の、歴史学界の論文が一つもない。どうしてなのか。

D、韓半島島上での陸戦は、対新羅だけではなく、高句麗の国境まで行っている。戦費は距離に二乗して増える。仮に二千名(広開土王の碑文では「1万名以上」)日本陸軍兵力を任那から現在のピョンヤン近傍まで走破させたとして、兵站輸送コストを厳密に算定すれば、これまた相当な金額。しかし、この戦費について歴史学界の論文ゼロ。

E、366年の日済同盟の契りから407年の高句麗との交戦までの四十年間の長期軍事行動のコストは、トテツモナイ金額。主な戦闘の戦史をまとめておこう。

①対・新羅「服属要求」戦争;    

 第一回369年、第二回382年、第三回391年、第4回399~400年(敵は高句麗新羅連合軍。戦況は一進一退。が最終的には、その後の新羅の対日朝貢任那の安泰の情況からして日本側の全面勝利)

 『古事記』にある神功皇后の「367年新羅征伐」は、仮にありえたとしても、任那側の新羅国境沿い(卓淳国)に少数の日本軍を展開した威圧だけで終了。『古事記』は東岸から新羅領内に侵攻したとあるが、まだ本格的戦闘部隊の兵力が編成されておらず、また兵員輸送用の「大船」建造もまだだから全く無理。ただ、韓半島の見える対馬沖海域まで船を出し、そこで神功皇后が“呪”の祭祀を行っただろうことは充分にあり得る。これが伝承で「新羅国内に侵攻」となった?

 ただ陸兵力輸送の大船団用「大船」の建造を、神功皇后こそが、この367年に直ちに開始したことは、疑う余地はないだろう。100艘以上かも知れない輸送船団建造には二年を要したはず。少なくとも前期・新羅征伐を神功皇后が総司令官として指揮したことは疑えない。後期・新羅征伐の総司令官は応神天皇

②対百済「懲罰」戦争;392年と397年の二回か?

③対高句麗三韓防衛」戦争;第一回404年、第二回407年。

3、全国の徴税・徴用制度を完成・完備させた成務天皇なしに、三韓征伐は可能だったか? GDPが、この成務天皇によって、最低でも二倍以上になったはずである。

4、景行天皇期の大和朝廷の全国的軍事制圧(=日本武尊の大活躍)は史実。この時の“戦場の英雄”が日本武尊でないとの証明は、歴史学的に全く不可能。日本武尊の非・実在説は“反・歴史学”。

5、兄皇子の日本武尊に軍事的全国制圧を命じ、弟皇子の成務天皇に徴税・徴用の全国行政制度の完成を命じた景行天皇とは、実にバランスの取れた英邁な大帝。軍事と財政は、国家発展の両輪。このこともまた、日本武尊の歴史上の絶対実在を明白に証明する。

 現実の政治が皆目わからぬ古代史学者に、現実の政治の要諦たる軍事と財政の行政機構との関係が最小限レベルですら理解できるものは皆無。つまり、『日本書紀』の次の記載は、四世紀の半ばには大和朝廷が国家統治におけるとてつもない発展を成し遂げたことを示す。が、古代史学者でこの飛躍的な日本国の政治的・財政的な発展を指摘したのは一人もいない。

成務天皇の治世五年の秋9月、諸国にのりごとして、国郡に“みやっこおさ 造長”を立て、縣邑(あがたむら)に“いなぎ 稲置(県主 あがたぬし)”をたつ。並びに盾矛を賜いてしるし(表)とす」(『日本書紀 上』、岩波、318頁)

 それどころか、井上光貞は、この逆に、こんなことしか記紀は記述できないのだから成務天皇は存在しなかったと嘯く。共産党員・井上光貞の嘘つき度の怖さは、殺人鬼を越える。

「成務と仲哀は実在しなかった天皇群に属すると思う」(302頁、文庫本)

3「信長・天下統一→秀吉・朝鮮出兵」=「倭建命・天下統一→神功皇后三韓征伐」

 「太閤検地」は、地方行政機構の整備・掌握の完成を意味し、大坂城に全国から集まる税収の大増収を齎した。この豊潤な国庫整備が、秀吉の朝鮮出兵を可能とした。成務天皇もこれと同じ。成務天皇によって、大和朝廷は、ふんだんに使える三韓征伐の軍事費を有するに至った。信長とは、景行天皇日本武尊を一緒にしたような天才武将であった。

 つまり秀吉は、成務天皇神功皇后を一緒にした分を一人で行ったことになる。とはいえ、神功皇后は戦争目的“新羅百済の属国化戦争”に成功したのに、“お粗末”秀吉は挫折し投げ出した。

(2月17日)

中川八洋掲示板は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。