中川八洋掲示板

世界の現状は、日本の国家安全保障の危機を加速しています。この急迫の時局において、刻々と変遷激しい国内外の事態を冷静に俯瞰できる力を与えてくれる、大容量の真正の知識こそ、いまの日本人に必要なものです。当ブログは、国際政治学者・中川八洋筑波大学名誉教授の個人ブログです。

安倍晋三にひたすら媚び諂う“エセ憲法学者”八木秀次は、中ロの「対日」全面侵略を誘う“憲法改悪”の旗振りに暴走

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋  

 “教科書運動屋”八木秀次は、『正論』七月号に、日本国の存立を害する「反日」性を厭わない、恐ろしい“胡麻すり一直線エセー”を発表した。そのタイトルは「数歩前進《9条3項加憲》安倍提案」である。「国防の全面破壊に繋がる百万歩後退」のことを「数歩前進」とは、ギネス級の八木流・逆立ち詭弁で、思わず腰を抜かした。

 要するに、“クズ人間以下のゲス”八木秀次らしい、その醜悪な人格が露呈するエセーである。正視して読めるシロモノではない。八木秀次憲法を一切知らないのに“憲法学者”だと職業詐称している事を自白する“証拠文書”ともなっている。

 もとより八木秀次の本性とは、友森学園の籠池理事長と瓜二つ。“父兄騙し”を特技とする無学無教養な詐欺師の籠池と同じく、“読者騙し”が特技の八木秀次は、国防問題など度外れに無知な上に、憲法に関する学問業績ゼロを記録する“ペテン師大学教授”。天性の“愛国の保守”演技を武器に、自らの“エセ憲法学者”を糊塗して世渡り上手に生きている評論家である。

 それはともかく、『正論』七月号は、6月1日の発売。遅くとも5月20日までに原稿を『正論』編集部に渡しているから、5月3日の安倍晋三のビデオ・メッセージを二週間以上じっくり思考した上で書いた原稿。それほどじっくり思考した上で到達した八木秀次の結論は、「自衛隊を日陰者とする現状よりも何歩か前進だと評価したい」の一言のみ。

 現行第九条への自衛隊の追加明記は、日本国の国防が全面破壊されるのに、安倍晋三のすることは間違いであろうと犯罪であろうと“何でも大賛成”が八木秀次の立ち位置である。八木にとって、日本国が亡ぼうとも、何が何でも初めに「安倍晋三への胡麻スリ在りき」である。

 参議院議員になりたい野望が八木秀次の評論を左右する基軸で指針。しかも地盤も親の七光りも何もない八木にとって、この野心達成には、安倍晋三の引きだけが頼り。安倍晋三への歯の浮くようなお世辞と胡麻スリのチャンスと小躍りした余り、日頃は本心「日本国がどうなろうと俺の知った事か」を隠すに用意周到なのに、このエセーでは八木秀次はついうっかり忘れたようだ。

安倍の憲法改悪「自衛隊の第九条への加憲」を擁護する、八木秀次の論拠は「民進党も同じ意見」

 しかも、八木秀次は、この安倍晋三のトンデモ憲法改悪を擁護するに、何を狂ったか、次のように自分自身を民進党党員orシンパになりきった。学者性ゼロの“教科書運動屋”八木秀次の政治信条とは、このように、海月のようにフワフワしたもの。八木秀次には、政治信条など実は全くの虚空。「保守」でないのはむろんだが、八木の「民族系」も怪しい。彼はこう言っている。  

自衛隊を第九条三項に加憲する案は、実は民進党前原誠司が2016年9月に発言」  

民進党枝野幸男も、2013年9月に、第九条二項に自衛隊を規定する憲法改正案を提案した」  

民進党細野豪志は、安倍晋三メッセージの翌日、それに賛意する旨をブログに書き込んだ」

(以上、『正論』七月号、40~1頁)。  

 このように「民進党が賛成している」を根拠に八木秀次は、「安倍晋三のトンデモ憲法第九条改悪は、数歩前進だから、賛成すべきものだ」と、『正論』読者に、安倍トンデモ憲法改悪への支持を訴えた。普通の学者なら、「それによって、日本の国防が〇〇とプラスに好転する」とか、「憲法第九条の憲法学上の大欠陥が、こう改善される」とかの指摘をするが、民進党員になったのか、八木秀次のエセーのどこにも、そのような文言や趣旨は一文字もない。

 “教科書運動屋”八木秀次にとって、国際法の熟知が最小限の前提として要求される憲法第九条は火星語で、実はさっぱりわからない。国防など一度も考えたこともなくサッパリで、八木の国防論議など幼稚園児のレベル。

 現に八木秀次は、自衛隊法を一度も読んだことがなく、自衛隊が有事に戦闘できる実力組織ではないよう法律で縛られている事も知らない。況や、国際法についてはチンプンカンの超お馬鹿。有名私立中学を受験する小学校五年年のレベルに及ばない。八木とは、憲法学者を詐称するペテン師で、それ以外ではない。“読者騙し新聞”産経新聞の「正論」メンバーの典型人士である。

 このように、安倍のトンデモ第九条改悪を支持するに、その根拠として「民進党憲法改悪と同じだから」と、民進党こそが日本国憲法のあるべき基準を有していると主張した。ならば、安倍晋三の政治アジェンダ民進党を無視して自民党独自の憲法改正案を臨時国会に出す」は暴走的で間違っており、師匠の民進党にチェックしてもらうべく、臨時国会の本会議への上程ではなく国会・憲法調査会に諮るべきが筋となろう。知能指数が人間の水準を満たさず“アヒルの頭に近い”八木秀次は、安倍への胡麻スリに気をとられ、墓穴を掘っている。

民進党は実際になれば「九条自衛隊加憲」論に反対する。この推定ができない“超馬鹿”八木秀次

 参議院議員になりたい一心の八木秀次だが、その政治的判断力が幼稚園児並みだから、国会議員はお門違いの職業ではないのか。が、この話はここまで。

 八木秀次が根本的にピント外れなのは、安倍晋三憲法第九条改悪論が民進党の主要人物と同一意見だから、民進党の支持を受け、「国会でも三分の二以上の賛成、国民投票でも賛成多数」となり、この“トンデモ自衛隊加憲”がすんなりと手続きされ、安倍晋三流の“禁じ手”「憲法改正をした事になる憲法改悪」が最終的には成功すると思い込んでいる所にあろう。

 が、実際には、憲法改悪であろうと憲法改正であろうと、現憲法をカルト宗教的に宗教経典と見做している共産党は、宗教経典は聖なるものである以上触ってはならず、断固として全面的な反対に出てくる。そして民進党は、今や、選挙協力の過程を通じて共産党に支配されている以上、共産党に命じられるままに、共産党に必ず与する。

 要するに、憲法改正とは如何なるものであれ、自民党が数で反対勢力を押し切るほかなく、ならばその改正事項は卑屈に妥協したものは徹底的に排除しておかねばならない。仮に敗れても、後世に高く評価されるもの、何度も繰り返し次なる子孫が挑戦してくれる永遠に真理性のあるものに厳選されていなくてはならないからだ。

 憲法第九条第二項の「国防軍を設置する」への改正は、国際法に合致する事において、まさにこの永遠に真理性のある憲法条文への改正である。憲法第一条を「天皇は日本国の元首であり、日本国を代表する」と改正するのも、二千年間の日本の“法”で絶対真理だから、何度失敗しても、無限に憲法改正発議を繰り返すことができる。

 政治信条に機軸がなく、また“エセ憲法学者”で憲法に関する最小限の知見もなく、教科書運動屋の分際で憲法問題にしゃしゃり出てくるのは、欠陥人格の八木秀次が図々しさや傲慢さだけを一流に成長させているためだ。

日本国をスターリンに貢ぐ大東亜戦争崇拝教“狂徒”・伊藤哲夫は、日本列島の中ロ献上論の狂徒

 さて、憲法第九条に自衛隊条項を加憲するトンデモ憲法改悪で、日本国の国防を決定的に危殆に瀕せしめる第九条三項自衛隊加憲論という珍奇な発案者は、朝日新聞によると(2017年6月4日付け)、第一次安倍政権誕生直後に安倍へのエールとして公明党代表太田昭宏であり、それが策定した公明党の運動方針(2006年9月30日)。次が、2016年7~9月頃の「民族系」活動家・伊藤哲夫(→衛藤晟一首相補佐官安倍晋三だとしている。

 実際にも伊藤哲夫は、自分の運動団体の機関誌『明日への選択』2016年9月号に、「…改憲まず加憲から」を訴え、第九条に三項「自衛隊」を加えることを提言している。なお、伊藤哲夫は、日本会議の政策委員で、日本会議の事務総長・椛島有三とは親友関係。

 つまり、公明党はかねがね「軍人からなる国防軍は絶対に認めない。が、国家公務員からなる自衛隊は災害出動に必要だから認める」が持論。すなわち安倍晋三は今般、自民党総裁の立場を忘却して、公明党員になった。太田昭宏は今でも安倍晋三と昵懇である。安倍晋三公明党員化に最後の手引きをしたのが伊藤哲夫衛藤晟一で、安倍晋三のこの狂った決断に大拍手を送った“胡麻スリ野郎”が八木秀次ということ。

 一方、安倍晋三にフィーバーする“民族系最大の団体”日本会議は、ここ数年、共産党の下部組織として「憲法第九条を改正して国防軍設置することを、いったん凍結しよう」の旗を空高く掲げ、国防軍の代替にはならない、それとは全く無関係な「緊急事態条項を加憲しよう」運動を自民党国会議員に徹底洗脳してきた。

 国防軍設置の妨害・否定が、日本会議の公式運動方針なのだ。2015年頃にはとうとう安倍晋三も、そう洗脳された。「民族系」は「保守」ではなく、最終段階では必ず共産党に与する。1990年代前半に「保守」を簒奪した「民族系」は、今ではこのように完全に“先祖返り”をしてしまった。

 本稿では、伊藤哲夫日本会議の背後で蠢く“共産党のモグラ”達の活動については触れない。だが、「民族系」は大東亜戦争崇拝というカルト宗教教義を吸引している以上、日本領土を守るという国防を根源的にヘイト(憎悪)し、日本の領土をすべてロシアや中共に貢ぐ反・国防が信条。

 この事は、伊藤哲夫/椛島有三/八木秀次/安倍晋三大東亜戦争讃美主義者たちが、今般一斉に、憲法改悪の動き「自衛隊の国防行動を敵視して制約する自衛隊を着せた憲法第九条第二項の削除はしない」を起こしたことで、歴然と明らかになったではないか。大東亜戦争崇拝教とは、日本国の領土がゼロになるのを目指す、すなわち日本を亡国に導く悪魔の宗教。これに洗脳されたら、日本国民は日本国民であることはできない。保守主義に牙をむく「民族系」の伊藤哲夫/椛島有三/八木秀次/安倍晋三らが、この悪魔の宗教の効能を実証・実践しているではないか。

 自衛隊憲法上に明記されていなければ、有事に自衛隊法をすべて無視し超法規で国防行動ができる。国連憲章自衛権条項から誕生した出生において、戦時国際法の遵守だけが自衛隊の準拠法規にすることができるからである。これは1952年から1983年頃までの日本の「保守」層における常識的コンセンサスだったし、自衛隊の現役トップも多数が1983年頃まではこう考えていた。  

 だが、自衛隊憲法第九条に加憲すれば、自衛隊法無視はできなくなるから、日本列島の南北から必ず同時に侵攻してくる中ロの同時侵略に対して日本列島は鎧袖一触に分割占領され、日本国は一瞬で地球から消える

 伊藤哲夫/椛島有三/八木秀次/安倍晋三らは、意識するしないを別とすれば、これを狙っている。少なくとも、結果はこうなる。「知りませんでした」は弁明にはならない。無知は故意と同じ犯罪である。

祖先への照顧が憲法の魂だが、これに逆走する安倍晋三の“狂”憲法観を非難できない八木秀次

 安倍晋三は、5月3日のビデオ・メッセージの中で、誰しも多少の教養があれば卒倒する“狂”憲法観を披歴した。こういった。  

憲法は、国の未来、理想の姿を語るものです。私たち国会議員は、この国の未来像について、憲法改正の発議権を・・・・・」(『朝日新聞』2017年5月4日付け)。  

 永年、英米憲法思想に馴染んできたものにとって、一瞬だが、聴衆を笑わすために冗談や戯言を言ったのかなと思った。が、最後までメッセージを読むとそうではなく、安倍晋三の頭が“お馬鹿”どころではなく、狂人に等しく、ひっくり返っており、頭にオムツを乗せていることが判った。

 憲法とは、民族の過去の歴史と祖先の意識せざる行為の堆積に国家の生命源を発見し、それを国体化・政体化したものである。憲法とは未來を描くものではないし、況や理想を語るものではない。まったくの逆。未來を描いたり理想を語る気狂いの“逆立ち憲法”を憲法にあらず、とばっさり斬り捨てている憲法の代表に、英国憲法と米国憲法があるではないか。

 英国には、日本のような明文の憲法はなく、憲法は不文である。おおむね十三世紀からの国家の基本文書・判例を“憲法的文書”と扱い、これをもとに伝統と慣習の重視において“憲法=国体 Constitution”とする。これ等の憲法的基本文書には、一つとして未来を描いたもの、理想を語ったものはない。つまり、“世紀の反・憲法狂”として安倍晋三は、憲法の母国である英国の憲法を、あろうことか、憲法でないと絶叫したことになる。

 憲法が国家の規範として活き活きと国家に基本指針を与え続けることができるのは、それが祖先が数百年に亘って積み重ねた(理性を越えた)叡智を、慣習Conventions|や伝統の中に潜めてくれているからで、これなしには、民族は未来への生命源も未来に進む羅針盤も喪失する。

 だが、安倍晋三は、日本の国会議員は皆、未來が見える占い師だから、憲法に未来を書くのだという。国民に未来を指さすのは、モーゼのような宗教家だけであって、政治家は決してしてはならない。常識だろう。特に、憲法とはそれが過去の産物か否かが憲法の命の全てであり、過去の顕現でなければその憲法には魂が入っていない事になる。これもまた常識だろう。

 1787年の米国憲法は、ワシントンやハミルトンなど世界史上の名だたる保守主義者だけが集合して起草しただけあって、150年も昔の1620年代の英国最後の封建時代を理想政治として、それを国体とし明文化した。150年昔の英国封建体制の祖先に尊崇と敬意を払ったが故に、米国は二年後の1789年春に人口270万人の小国として出発したが、その後二三〇年間に亘り、発展に次ぐ発展をし続けたのである。

 明治憲法の偉大さも、「告文 こうぶん」にあるように、祖先の築いた国体を継承すると宣言している通りに、それが西洋の議会制度の導入であっても、古来からの国体の顕現化だと捉える事において、発揮されえたのであった。「告文」は、「皇祖皇宗の遺訓を明徴にし・・・」「皇祖皇宗の後裔にのこしたまえる統治の洪範を紹述するに外ならず」と宣言した。憲法条文はこの趣旨に沿っていた。

 さて、憲法学者だと職業を詐称する八木秀次の問題に戻る。八木は、憲法学者なら、そして安倍晋三のブレーンならばなおのこと、無学無教養はなはだしい安倍晋三の“逆走の反・憲法観”「憲法は、国の未来、理想の姿を語る」を非難もしくは窘めたはずだ。だが、八木は、その様なことをどこにも書いていないし、実際にも何もしなかった。八木は、 “憲法音痴”で“エセ憲法学者”であるとみずから暴露した。自らを保守系憲法学者だと詐称するペテン師・八木秀次が日本国民に有害なアホ馬鹿話を垂れ流すのを、産経新聞はいつまでも放置するのだろう。

(7月12日記)

中川八洋掲示板は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。