中川八洋掲示板

世界の現状は、日本の国家安全保障の危機を加速しています。この急迫の時局において、刻々と変遷激しい国内外の事態を冷静に俯瞰できる力を与えてくれる、大容量の真正の知識こそ、いまの日本人に必要なものです。当ブログは、国際政治学者・中川八洋筑波大学名誉教授の個人ブログです。

安倍晋三の異常な無為と逆立ちJアラートは、核弾頭/VX・サリン弾頭/炭疽菌弾頭で日本人三千万人を殺戮する北朝鮮の大規模奇襲攻撃に、内閣官房の通謀を示す証左

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 日本の新聞/テレビは、北朝鮮スカッドER/ノドン/ムスダン/火星12号/北極星2号の打ち上げ実験に一喜一憂する報道をするばかりである。北朝鮮がこれ等を用いる実際の対日弾道ミサイル戦争についても、これらを先制的にどう破壊するかの日本の国防策についても、一言もない。異常な反国防主義の首相・安倍晋三だから当然だが、自民党政府も全く同じ。  

 そして、安倍やその政府だけでなく、日本全体が、国家を失った夢遊病者に化している。日本人は劣化を越え、人格が腐食の極にあって人間ではなくなって、今では家畜的思考しかできなくなった。

Ⅰ 安倍晋三の常習絶叫「世界で制裁!」は、無効&有害で日本国破滅

 特に安倍晋三は、北朝鮮の弾道ミサイル対日攻撃から、国家・国土を防衛する気が全くない。日本国民の生命がより大量殺戮されるのを積極的に選択していると言ってよい。

 第一に、無効で馬鹿げた「制裁!」を叫び続け、制裁でさも北のミサイルが消滅できるかの妄想を国民に懐かせている。国民に油断を蔓延させ国防忘却の麻薬を吸引させているに同じで、最凶に有害。制裁演技の中国制裁反対のロシアの動向を隠してあげる情報操作までしている(附記1)

 第二に、Jアラートで、逆立ちした逆・避難の訓練を促し、防毒マスクや核シェルターなしでも生存できるかの錯覚を醸成する。安倍晋三には、日本人全体に対する底なしの殺意がある(附記2)

Ⅱ 北朝鮮の対日攻撃力も兵法もいっさい研究しない日本(=安倍晋三

1、表1;想定される北朝鮮の対日攻撃の一例(総計90基)──東京五輪直前の2020年1月某日(金曜日)

f:id:nakagawayatsuhiro:20170630120238p:plain

* 金曜日夕方は、都市人口が最も多く、被害最大化にとってベスト時間帯。  

* 化学弾頭投射より前に、先に核弾頭を撃つのは、核爆発の熱風や火災で、せっかく地表に撒布された化学剤が揮発するのを避けるため。  

* また核爆発で、都市の医療機関を予めことごとく灰燼に帰しておくためである。医療機関をゼロにしておけば、化学兵器と細菌・毒素兵器の被害者は、いっさい救済されない。まさに、阿鼻叫喚の地獄絵が日本全土と日本人すべてを襲う。戦争侵略者側にとって、理想の敵殲滅状態。  

* 化学弾頭は、核弾頭爆発による熱風や火災が収まった頃がよい。ために、常識的には核弾頭投射は、化学弾頭大量投射の2~3日前。が、「2~3日前」では、米国政府に報復決定の時間的余裕を与える。米国が報復を決定する前に、日本の都市をことごとく火の海にするだけでなく、日本人五千万人以上を死傷させるには、(化学弾頭の半分は火災で無効となるだろうが)北朝鮮は「化学弾頭投下を、核弾頭投下から一時間程度でする」と推定。  

* 開戦時の対日弾道ミサイルの総計90発は、あくまでも第一撃のみ。数日おきに第二撃/第三撃と、第五撃まであると考えられる。

2、上記の被害は、日本を十年以上は復興できない“廃墟”にする。or日本国はそのまま亡国か。

表2;日本の被害推定数(控えめ)

f:id:nakagawayatsuhiro:20170630122036p:plain

3、北朝鮮の「1~2時間以内に日本国民3000万人を大量殺戮する」大規模・同時一斉・奇襲先制攻撃作戦は、ロシアの優等門下生らしく、ロシア兵法そのもの。理由は3つあり、次のABC。

A、日本の迎撃能力をパンクさせる大規模・同時一斉攻撃をすれば、甚大な被害を確実に与えうる。 

B、2時間以内で日本が「死者3000万人/重傷・重体2000万人」の地獄絵的情況になれば、日本は闘う気力を失い、北朝鮮に無条件降伏の白旗をあげ、米国への救援要請すらしない可能性が大。

(補;「日本の抹殺的破壊こそ、北朝鮮人にとって痛快で愉快で堪らない」最重要事実を忘れた日本人)

C、米国でもまた、日本救援のために北朝鮮に報復しても、もう手遅れだというあきらめが潮流となる。  

4、上記4のABCによって、「北朝鮮は、日本の主要都市をことごとく火の海以上の“阿鼻叫喚の地獄絵”にするが、グアム・ハワイ・米国本土はむろん在日米軍基地に対しては、先制第一撃の標的とはしない」ことが判る。すなわち攻撃は次の表3の順序。まず最初が日本。日本は無条件降伏まで連続・大規模攻撃を受ける。   

表3;北朝鮮の核弾頭・化学弾頭攻撃標的三国に対する、開戦時期と攻撃規模の相違と差別

f:id:nakagawayatsuhiro:20170630122434p:plain

(備考1) 日本に対してのみ、米国の反撃が無ければ、数日間で第一撃から第五撃まで連続する。 

(備考2) 核爆発装置の小型化が十分ではなく、ソウル攻撃用のスカッドB/Cには未搭載とした。

5、現在のイージス艦パトリオットによる、日本側のミサイル迎撃は、ほぼ無効・無力。

 以下、現実の実戦における迎撃率は、日米ともに、「実験上のスタンダード・ミサイル3の迎撃率を80%パトリオットPAC3の迎撃率を90%」とした。実戦では、攻撃ミサイル数・飛翔軌道や地理に左右される。例えば、ハワイでは日本と同じスタンダード・ミサイルでもほぼ100%の迎撃ができる。理由の第一は、敵弾頭の最適迎撃期間(ミッドコース上の飛翔)が6分以上とかなり長いし(対日ノドンのそれは2分半)、対ハワイ攻撃弾頭もせいぜい五ヶ程度(第一撃で約90基・ヶの対日本と比較せよ)と、格段に少ないからである。

 理由の第二は、ハワイの陸上配備迎撃ミサイル(イージス・アショア)は、敵弾頭1ヶに対し二基づつ撃つ(日本の場合は一ヶに一基、すなわち撃ち漏らしがかなり出る)。また、対グアム/ハワイ/米本土攻撃の北朝鮮弾道ミサイルには、ロフト軌道で投射されるものはない。ハワイでの迎撃が(困難を極める日本に比すれば)極めて容易なのは、技術的にかくも自明。

表4;日本の、対北朝鮮ミサイル迎撃率

f:id:nakagawayatsuhiro:20170630123609p:plain

 

6、軍隊の「自己保存の義務」が絶対であることも見知らない、日本の“お馬鹿”政治家と痴呆国民

表5;THAADを導入しない安倍晋三総理の心底は、日本国民の皆殺しを快楽したいから?

f:id:nakagawayatsuhiro:20170630123307p:plain

*軍隊or国防省は、侵略に反撃して自衛の戦争を最終的に自国の勝利で終了する義務履行が主たる職務。国民防護は、米国は国土安全省、スイスは法務警察省、戦前の日本は内務省・・・で、軍隊の職責ではない。また、軍隊には、その能力がない。現在の日本では、総務省消防庁の所管。だが、「消防庁を“国民防護省”に昇格し、大拡充せよ」の声は、日本には全く無い。

7、米国の対日救援/韓国救援に関する常識すら欠如する痴呆化した日本人  

 最も信頼できる国家・米国は、日本が反撃する場合にはorまだ戦っている場合には、日本救援や北への報復などの、同盟の義務を果すだろう。この事は裏返せば、日本が3000万人の死亡と全面廃墟の都市の惨状に、茫然自失して闘う気力を失せてしまった場合には、米国は同盟の義務から解放されることを意味する。こんな当たり前の常識が、現在の日本には一欠けらも存在しない。

Ⅲ 安倍晋三はなぜ、THAADを導入しないのだろうか?

 日本のデタラメ弱体な積極防御の実情は、表3/表4/表5で明らか。議論以前。しかも、一セット1000億円とすれば総計でたった8000億円。安倍は、これを惜しんで、3000万人の日本人殺戮の方を選んでいる。東電たった30億円の予備交流電源を山側に設置するのを惜しんで20兆円の賠償金に苦しんでいるが、この教訓を無視するのが、安倍晋三内閣と日本人。

Ⅳ 敵ミサイル先制攻撃力も報復力も、いっさい保有していない日本

 韓国側の海域で東西に2隻づつ配備し、そこから攻撃。日本からだと飛翔時間がかかりすぎる。

・軽空母4隻とF-35B50~60機。空対地ミサイルも300~500本購入保有。    

・ロサンゼルス級原潜4隻。トマホーク射出専用。トマホークを500本以上、購入配備。なお、でき得れば、核武装を。核トマホーク×100本で充分。

Ⅴ 安倍晋三が、日本国民に消極防御を断固させない理由は何か?

(例)

・「消防庁→国民防護省」の声は、全く無い。

・個人への核シェルターの普及をしない、公共核シェルターの公共事業の推進もしない。

・完全に国民騙しのJアラート内閣官房ポータルサイト。←―菅義偉とその部下の内閣官房管理職を、重大な国家テロ事件として、共謀罪で逮捕せよ。共謀罪の第一号は、安倍晋三の閣僚ということか?

・核弾頭や化学弾頭の着弾に対する対策と詐称して、津波地震の時の避難をさせる奇怪。

(日本政府が邁進すべき消極防御の整備)

① 個人の核シェルター設置の普及。都市居住者個人への、防毒マスクと防護服の保有義務付け。 *神戸の織部精機製作所は、信頼できる。

② 公共核シェルターの公共事業の推進。

③ 各都道府県に、「化学除染車」平均30輌保有を義務付け。NBC偵察車輛」も平均5輌

④ 各都道府県は、NBC兵器罹災者医療機関(病院)に、地下シェルター化の特殊救急医療施設を設置。

⑤ これらすべてを、消防庁昇格の国民防護省が統括推進する。そして、この国民防護省は、核シェルター推進局/NBC救急医療整備局/消防局(現在の消防庁の三局からなる。

附記1;制裁を中国に依頼する“馬鹿”安倍とトランプ、ロシアに依頼する“狂人”安倍

北朝鮮の核爆発装置も弾道ミサイルも、その基本技術はすべてロシアから供与されたもの。ロシアこそ三十年かけて、今日の北朝鮮核戦力を作りあげた“生みの親”。その張本人に、安倍晋三のごとく、「北の核戦力増強を止めさせてくれ!」と頼むようなことは、狂人ならありえても、馬鹿やアホでもしない。安倍晋三の“ロシア母国妄想””プーチン母親妄想”は、トランプ大統領のロシアゲート・スキャンダルのレベルではなく、その数千倍/数万倍ひどい。明らかに狂気である。

○ 中国にとって、日本が殲滅的に破壊し尽されてしまうことは大歓迎。労せずして大阪までの日本列島の半分が手に入る。トランプ米国大統領に「制裁していますよー」の演技をして時間稼ぎ中。これは、この間の日本側の無為を誘うので一石二鳥でもある。

附記2;安倍晋三は、メンギスツ共産政権の“1984エチオピア婦女子150万人の人為的餓死殺戮”を快楽した人格異常者・安倍晋太郎の息子。DNAは全く同一

 1984年、安倍晋太郎外務大臣の時、エチオピアの狂気のコミュニスト独裁者メンギスツ大佐は、チグレ州とウォロ州の農民を皆殺しする目的で、働ける男性は4000名単位でエチオピア西南地方にある砂漠地帯の強制収容所銃口をもって連行移住させ、婦女子と老人ばかりが残る農家からは全ての生産物と備蓄食糧を徴発し配給制度にした。が、集団農場に参加した農家以外にはいっさい配給せず、餓死処刑を敢行した。殺人鬼メンギスツは、レーニン/スターリンウクライナ農民800万人餓死処刑(ロバート・コンクエスト『悲しみの収穫』)を真似たのである。  

 この時、日本の新聞/テレビはソ連KGB第一総局の命じるままに、エチオピアで150万人を超える農民婦女子の餓死とそれに倍加する農民婦女子の飢餓疾病の原因を“自然災害の飢饉”だと真赤な嘘を報道し続けた。狂信的な共産主義者KGBの指揮下にあった安倍晋太郎は、この真赤な嘘報道が完全な捏造情報だと(CIAからの直接のレクチャーでますます確信をもって)知ったが故に、外務大臣の立場でこの嘘報道に信憑性を与えて日本国民を徹底的に騙すべく、「毛布100万枚を、食べ物を求めて流浪する飢餓状態の婦女子に送ろう」運動を展開した。  

 そればかりか、メンギスツの残忍・残虐な自国民大量殺戮に共鳴し感激して、安倍晋太郎は何度もメンギスツに会いに行き、「もっと殺せ! もっと殺せ!」と激励した。快楽大量殺人観劇が、人格異常者サイコパス安倍晋太郎の病的な性癖だった。血塗られた男・安倍晋太郎の狂人並みの“メンギスツ詣で”に、外務大臣秘書官として随行した男こそ安倍晋三安倍晋三は、数回、メンギスツと熱い握手をしている。安倍晋三よ、隠さずに白状せよ。この握手光景の写真は外務省にある筈だから、外務省よ、安倍晋三がメンギスツと握手している写真を公開せよ。  

 話を戻す。父親が強度の快楽大量殺人観劇の異常人格者で、その息子に父親のこのDNAが遺伝していないなどありうるのか。北朝鮮の核弾頭/VX・サリン弾頭/炭疽菌芽胞やペスト菌弾頭の数百発が日本に投下される事態が、すでに確率百%になっているのになお安倍晋三は、国民に「核シェルターを造れ」ともいわないし、救急病院の地下化も公共核シェルターの建設もしない。

 そればかりか、安倍晋三総理の内閣官房は、騙しの犯意をもって、国民がより確実に数千万人規模に大量に死ぬよう、「Jアラート」をもって逆さまの避難方法を煽動・洗脳している。もし本ブログ読者で、安倍晋三は三千万人の日本人殺戮を計画しているとの本稿の結論を、間違いだ/荒唐無稽だと反駁する根拠をもっていると強弁したいなら、その根拠を提示しなければならない。

附記3;本稿の要約は、you tube動画「中川八洋ライブ03」を視聴されたい。
中川八洋掲示板は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。