読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中川八洋掲示板

世界の現状は、日本の国家安全保障の危機を加速しています。この急迫の時局において、刻々と変遷激しい国内外の事態を冷静に俯瞰できる力を与えてくれる、大容量の真正の知識こそ、いまの日本人に必要なものです。当ブログは、国際政治学者・中川八洋筑波大学名誉教授の個人ブログです。

“奇怪な称号”「秋篠宮皇嗣殿下」は、天皇制度の完全消滅を狙い、“皇太子の不在”を目的とした“悪魔の策謀”

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 今上陛下の“ご譲位”「退位」ではないに伴い、「皇弟」となられる秋篠宮文仁親王殿下が、天皇践祚される現皇太子を継がれるから、それは称号「皇太弟」の“皇太子”にならなければならない。しかし、特例法案の策定を担当する、安倍晋三・首相の内閣官房に設置された“赤い”事務局(注1)は総力を挙げて、「皇弟」となられる秋篠宮文仁親王殿下を「皇太子」にもしない/「皇太弟」にもしないという、我が国二千年にわたる皇位継承法の一般規則に違背する異常な“反・伝統の珍妙な制度”を創ろうとしている。それが、唖然とせざるを得ない“奇々怪々な称号”「秋篠宮皇嗣殿下」。  

 要するに問題は二つある。第二番目から言えば、このような全く奇怪きわめる珍語「秋篠宮皇嗣殿下」を造語することが許されるかという問題。

 もっと重大な深刻な第一番目の問題は、次。秋篠宮親王殿下を「皇太弟(=皇太子)」にしないことは、天皇に継ぐ機関である「皇太子」を空位にすることだが、この有ってはならない事態をつくることは、我が国が二千年間奉戴し続けてきた天皇制度の根幹を転覆する“悪魔的な共産革命”であり、“法の支配”に反して、違“法”unlawfulであるからだ。天皇制廃止の成就を加速させる“コミンテルン三十二年テーゼの革命意図”なしには、奇怪きわめる珍語「秋篠宮皇嗣殿下」は、決して発想されえない。珍妙語「秋篠宮皇嗣殿下」には、皇室と皇室典範に対する、どす黒い非暴力サボタージュの犯意が、旗幟鮮明に集約されている。

 また、「皇太弟」ならば、「皇太子」と同じく、英語Crown Princeに訳せるが、「秋篠宮皇嗣殿下」をそう訳すことは誤訳や超訳ですませられる範疇には入らない。「英語ではCrown Princeだから、いいではないか」とは、日本国民を騙す詐欺師と同じ手口ありあり。われわれ日本国民は、英語を母語とはしていない。日本国民は、「皇太子」もしくはそれと同義の「皇太弟」という正しい国語を、安倍晋三に要求しよう。

 安倍晋三首相はまた、日本国の総理大臣であるから、正しい日本語(国語)の語彙からなる特例法を、日本国民に提示しなくてはならない。今般の特例法に関わらず、日本国の国法はすべて、正しい国語の語彙で書くのが、安倍晋三内閣の最小限の責任と義務ではないか。この程度のことは、いかに“成蹊大学卒のお馬鹿”であろうとも、自覚してもらわねばこまる。

 もう一度まとめておこう。問題は二つ。第一は、特例法はなぜ、秋篠宮殿下を、「皇太子」や「皇太弟」にしないのか。また、皇室典範第八条と第十一条二項「皇太子および皇太孫を除く」の定めがあるから、「皇太弟」を設けなければ、逆にこの第八条が定められた趣旨に重大に違背する。なぜ、そこまでしても、「皇太子の空位」という暴挙を強行しようとするのか。

 日本の歴史上に照らしても稀な、安倍晋三内閣が特例法に潜ませる、天皇制廃止への共産革命に直結する、この二つの重大犯罪問題は、白日の下に暴いて置かねばならない。日本国は、日本国民あげて、天皇と皇室を悠久に存続させる高貴なる世襲の義務を果さなければならないからだ。

「皇太子」を空位にするのは、秋篠宮殿下の天皇即位を阻止するための共産革命の前段階

 皇太子を空位つまり不在にする目的や理由は、常識的にも二つしかない。第一の理由は、「皇太子」には、秋篠宮殿下以外の皇族を据える予定があるため。第二の理由は、徳仁親王・皇太子殿下が最後の天皇(ラスト・エンペラー)として天皇制度は消滅的に廃止されるから、「皇太子/皇太弟」は、もはや不要であるため。  

 第一の場合は、言うまでもなく、愛子内親王殿下を皇太子にして、女性天皇女系天皇にして天皇制度を自壊させる策謀に従っている。この天皇制廃止のコミンテルン革命の方策では、文仁親王殿下は“秋篠宮殿下のまま”であらねばならない。珍妙奇天烈な称号「秋篠宮皇嗣殿下」は、まさしくこの犯意から創られた。  

 第二の場合は、儲君(ちょくん)もしくは儲嗣(ちょし)である「皇太子」or「皇太孫」を定める第八条を、早々と空文化ししておこうというわけである。「皇太子」or「皇太孫」であれば、自動的に天皇践祚・即位するが、それ以外の皇位継承権を持つ皇族であれば、仮に皇嗣であろうとも、皇室典範第十一条二項によって、皇族からの離脱が可能であり、脅迫で皇族離脱を強制できる危険性を孕んでいる(注2)。   

 具体的に言えば、秋篠宮殿下が、皇太子を定める第八条の解釈から「皇太弟」となっていれば、この「脅迫で皇族離脱を強制する」ことができない。「皇太弟」と「秋篠宮皇嗣殿下」とでは、このように、その身位は天と地ほどに異なる。東宮職に相当する「皇嗣職」を設けるからとか、皇族費が皇太子の東宮家と同じになるとか、そのようなことはすべてtriviaでナンセンスな事柄。

「皇嗣」は一般的な謂いの表現で、「皇太子」や「皇太弟」のように身位を特定する語彙ではない。

 「皇嗣」とは“皇位を継ぐ皇族の中の、皇室典範第二条の順位に基づき皇位継承第一位の皇族”という意味。「皇嗣」ではなく、旧皇室典範の「儲君」や「儲嗣」であるならば、“次代の皇位を絶対的に継ぐ皇嗣”という意味。すなわち、「皇嗣」は、「儲嗣」に比すれば、一般化した抽象度が滲んでおり、皇位継承の絶対性において「儲嗣」ほどの強さはない。旧皇室典範第15條は次。

「第十五條 儲嗣たる皇子を皇太子とす 皇太子あらざる時は儲嗣たる皇孫を皇太孫とす」

 もう一つ、「皇太弟」と「秋篠宮皇嗣殿下」では、雲泥の差異がある。真正の日本国民なら、これを忘れてはならない。皇太子である「皇太弟」では、立儲礼立太子礼)があり、秋篠宮文仁親王殿下が、「立儲礼」の儀式をなさるか否かは、皇位継承に際して決定的な相違をもたらす。単に、皇位継承順位一位ではなく、立儲礼を経た新・新天皇は、その権威に相違が生まれるのは自然な事であろう。  

 天皇制廃止に人生の全てを賭けた狂信的な共産主義者園部逸夫は、これを知るが故に、わざわざこの問題に言及する。「立太子の礼は、法律上の効果を有する儀式ではない」、と(527頁、注3)。古来からの皇室伝統は、法律なんぞをはるかに超える優越せる“法”だから、法律はこの立太子礼という“法の支配”を受ける下位法に過ぎない。  

 今般、安倍晋三内閣官房に設置された、共産党員・御厨貴主導の「特例法案を策定する有識者会議」は、徹頭徹尾、園部逸夫のトンデモ革命本『皇室法概論』を経典かに拝跪して、その記述通りに特例法をでっち上げている。例えば、「皇太弟」については、有識者本郷恵子氏は正論「皇太弟」を強く提案したのに(注4)御厨貴たちはこれをにべもなく拒絶した。理由は、強度な“皇太弟拒否症”の園部逸夫の妄説に、金科玉条に従っているからである(注3、428頁)御厨貴にとって、園部逸夫オウム真理教麻原彰晃のような存在で、御厨貴自身はその信徒なのであろう。  

朝日新聞などが「秋篠宮皇嗣殿下」などと決して報道しない。「秋篠宮さま」とするのは余りに自明

 そもそも、朝日新聞やTBSなど、日本の新聞テレビが、「秋篠宮皇嗣殿下」などと報道することはない。現に、日本の新聞テレビは共産党から命令された通りに、皇室典範が定める敬称の「殿下」すら用いず、「様」に貶めている。つまり、「秋篠宮皇嗣殿下」の後半四文字「皇嗣殿下」は、削除同様に、完全に無視される。つまり、「秋篠宮さま」や「秋篠宮家」という言語は今まで通りに存在するが、「秋篠宮皇嗣殿下」は瞬時に消し去られてしまう。すなわち、今上陛下のご譲位後の日本では、皇太子も不在の上に、「皇太子待遇」も不在となるのは明々白々な情況であろう。  

 秋篠宮文仁親王殿下の称号「皇太弟」については、真正の日本国民は、命を捨てても、譲歩や妥協をしてはならない。

 

関連エントリ

生前ご譲位は皇位断絶への道

  

注  

1、現在の御厨貴らの「有識者会議」の事務局は、「内閣法制局共産党員官僚+男女共同参画局共産党員官僚+宮内庁共産党員官僚」によって運営されている。彼らは、嘘八百が満載の異常なカルト経典『皇室法概論』園部逸夫著)を狂信する、カルト宗教団体の信者たちである。  

2、園部逸夫は、「結果的に皇族の身分を離れる意思表示を強制させられるということが生じることも考えられないことはない」と述べて、ルイ16世ニコライ2世の強制退位と同様な、皇族を強制的に臣籍降下させる、暴力的な共産革命を実行しようと算段している。『皇室法概論』、588頁。  

3、園部逸夫『皇室法概論』、第一法規、頁数は本文。  

4、『朝日新聞』2017年4月5日付け、三面。

中川八洋掲示板は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。