読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中川八洋掲示板

世界の現状は、日本の国家安全保障の危機を加速しています。この急迫の時局において、刻々と変遷激しい国内外の事態を冷静に俯瞰できる力を与えてくれる、大容量の真正の知識こそ、いまの日本人に必要なものです。当ブログは、国際政治学者・中川八洋筑波大学名誉教授の個人ブログです。

KGB第一総局の操り人形・安倍晋三の対ロ祖国叛逆外交 ──“ロシア対日工作のSVR首魁”ナルイシキンと昵懇の安倍晋三

北方領土をロシアに貢ぐ安倍

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

(本稿は2016年9月24日の上梓だが、ブログ掲示を忘れていた。内容は何ら古くなっていない。重要性も何ら変わっていない。賞味期限がない論稿だから、半年前のだが掲示する。)  

 安倍晋三は、大東亜戦争の大敗北で日本を“この世の地獄”に叩き落とすことを目論んだ近衛文麿松岡洋右と同じく、周辺を日本人ロシア対日工作員で固めている(備考)。だから、安倍晋三ロシア人ロシア対日工作員やロシア対日工作機関が接触するのはいとも容易な情況。

 米国には、政府要人を“反共・反ロ”FBIが網の目のように監視し、加えて、陸軍基地の敷地内に十万人を越える通信傍受部隊NSAが誰彼お構いなしに盗聴する体制があるが、日本にはそれに類するミニ版すら存在しない。だから、“侵略の皇帝”プーチンの独裁下で実質的にはSVR(旧KGB第一総局)長官である人物が、安倍晋三に何度も会っているのに、日本には、これを止めようとした組織も官僚もいない。むしろ、(下意上達の)官邸の総理に上げていく情報が日本政府のどこを捜しても、もともと皆無という惨状なのだ。日本は、憲法第9条の改正をせず、また刑法第85条の復活をしないため、またJCIAがないため、自ら主権国家であることを放棄した異常な“半・国家”であり続け、衰亡をひた走っている。

KGB第一総局の首領”ナルイシキンとは、最低でも二度も会っている“対ロ売国奴安倍晋三

 安倍晋三は、KGB第一総局の首領”ナルイシキンと、2016年6月16日、首相官邸で会見している。ナルイシキンは、半偽装の「下院議長」の地位と肩書だった。

 その一年前の2015年5月21日にも都内のホテルで安倍は会見している。この時も、ナルイシキンは、経団連が実質的な主催者の「日露フォーラム」のロシア代表で「下院議長」だった。なお、前日5月20日には、同氏は、鳩山会館鳩山由紀夫を訪問している。鳩山会館は、日ロ修好60年周年特別展示会を開催していた。ナルイシキンは、対日洗脳宣伝工作組織「ロシア文化フェスティバル」のロシア側組織委員会委員長で、鳩山由紀夫は日本側組織委員会委員長である。  

 2016年6月16日、ナルイシキンは、オバマの広島訪問に対抗して、連合国戦勝国として来日したスターリン核兵器開発関連部隊が撮影した(全く無価値な)ヒロシマ原爆投下後の動画(DVD)の一部を安倍晋三にプレゼントした。費用ゼロに徹するドケチのロシア人らしい御土産だし、日本に反米運動を醸成するためである。この時ナルイシキンは、頻りに米国を批判し日米離間工作に全力をあげていた。KGB第一総局の情報工作員が本業であるのがバレバレの言動だったが、劣化した日本人は誰も見破れなかった。  

 6月16日ナルイシキンの安倍訪問の目的のもう一つは、“役に立つ白痴”安倍晋三を蜘蛛の糸で縛りあげる最終段階の“安倍籠絡の天王山”「東方経済フォーラム」ウラジオストックに、安倍が確実に来るか否かを探るためだった。  

 そして、“日本史上最悪の対ロお馬鹿”安倍晋三は、9月2~3日、ウラジオストックに出かけ、「八項目対ロ経済協力」の基本を、安倍にとっての“宗主国皇帝”プーチンに捧げるがごとくに同意した。安倍は帰国後すぐ、経産大臣の世耕弘成を対露協力担当相に任命した。  

 ナルイシキンの対安倍工作は完璧に仕上がった。ナルイシキンは、(事実でもあるから)半・偽装肩書「下院議長」は必要なくなったので、諜報・謀略を所管するKGB第一総局に「長官」として戻ることになった。プーチンは、9月22日、そう発表した。

KGB赤旗大学」(上級士官学校卒の、KGB第一総局畑を一貫して歩んだナルイシキン

 『朝日新聞』は、ナルイシキンが、レフチェンコと同じく、生粋のKGB第一総局生え抜きで、日本担当のKGB将軍であるのを知っていながら、「プーチン政権内の知日派」だと嘘報道をした(注1)。「対日情報工作員」がどうして「知日派」なのか。詐称の極みではないか。  

 ナルイシキンは、1978年、レニングラード機械大学卒(24歳)。すぐにKGBに入省し、28歳/1982年の時、レニングラード工科大学の監視要員として、その副学長補佐となった。つまり、KGB赤旗大学においての謀略将校訓練は、1978年~82年の間。

 なお、プーチンがサンクト・ペテルブルグ市の副市長時代に、ナルイシキンは同市の経済・財政や投資の課長を務め、プーチンの片腕として信頼されるに至った。  

 「下院議長」の半・擬装肩書でのナルイシキンの対日標的は、政治家では森喜朗安倍晋三。得意の経済分野の工作では、経団連をすっかり丸め込んだ。その辣腕はすごいの一言。旧「日ソ経済委員会」の後継組織「日露フォーラム」はすべて、ナルイシキンの手の平の上で動いていた。佐々木則夫経団連副会長も、ナルイシキンに完全に籠絡された経済人の一人である。

ナルイシキンと謀議を重ねた“平成のゾルゲ”森喜朗を死刑にできない日本刑法の不備

 森喜朗には、2013年2月の「特使」派遣時の祖国叛逆の大罪があるだけはない。それ以外も、北方領土問題で数多くの「犯罪」がある。刑法第85条の外患「通謀利敵」罪があれば、死刑もしくは無期懲役の刑罰となるのは必定だろう。

 例えば森喜朗は、安倍晋三を共同操作すべく、KGB第一総局の陰の首領ナルイシキンと緊密な通謀行為を行った。その一つが2014年9月9日の悪名高い「森喜朗モスクワ講演」(注2)。森・ナルイシキンのこの犯罪的な密な謀議は2016年9月まで続いている。

 「2014年9月9日の森喜朗モスクワ講演」とは、「ロシアの対ウクライナ侵略を支持する」「ウクライナ侵略に対するEUの制裁を絶対に許さない」という、卒倒するような内容。森が言外で主張したいのは、「日本は、対ロ経済制裁を止めろ」「日本は、対EU関係を途絶してでも対ロ属国化の道を進め」というもの。

 森喜朗のこの講演内容はすべて、ナルイシキンの入れ知恵もしくは洗脳・教宣の成果だとされている。ウクライナ森喜朗を引き渡せば、森がウクライナ人に嬲り殺されるのは間違いない。森喜朗ウクライナと日本の「共同の敵」として共同処理すべきが、日本の国益である。森喜朗講演の当該部分は、次の通り。

A;「(ロシア人の)住民が多く住むこの地域ウクライナNATOに加えるのに、ロシアが不服を伝えることは、私は充分に理解できる」    

B;「それなのに、ロシアがクリミヤ半島を侵略併呑したからと言って、EUがロシアに対して経済制裁をすることは、EUが2012年に受賞したノーベル平和賞が泣くのではないでしょうか。」    

C;「EUの皆さんは、ウクライナを反ロシア戦線に巻き込んでロシアを叩くということを本当に考えておられるのだろうか」    

D;「ヨーロッパ(=「EU」の事を舌足らずの森はこういう)ロシアも自由と民主主義そして自由(「自由経済」のこと)の繁栄を願う国々である」(注2)。

 Dは、事実と無関係な単なる妄想。現在のロシアはKGB第二総局プーチンが独裁的に支配する“恐怖の専制政治体制”。自由も民主主義も存在しない。BとCは、180度、事実が転倒している。

 ノーベル平和賞受賞に難癖つけているから、「EUの方が、クリミヤ半島に侵略した」と、森は考えている。また、ウクライナ支援を「EUの反ロシア戦線」と言うのだから、Cはウクライナの方がロシア領を侵略したとしている。ロシア産ゴリラの脳は、仮にあったとしても、逆立ちしている。                                        (2016年9月24日記)

 

関連エントリ

北方領土をロシアに貢ぐ安倍

 

1、『朝日新聞』2016年9月24日付け。

2、『毎日新聞』2014年9月13日付け。

備考

表1;自分の周囲をロシア工作員で固めた“対ロ売国奴安倍晋三(ほんの一部の例)

f:id:nakagawayatsuhiro:20170228144100p:plain

 

 

中川八洋掲示板は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。