読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中川八洋掲示板

世界の現状は、日本の国家安全保障の危機を加速しています。この急迫の時局において、刻々と変遷激しい国内外の事態を冷静に俯瞰できる力を与えてくれる、大容量の真正の知識こそ、いまの日本人に必要なものです。当ブログは、国際政治学者・中川八洋筑波大学名誉教授の個人ブログです。

西尾幹二は、反日極左の“半藤一利(日本共産党員)の舎弟” ──“歴史の偽造屋”西尾幹二の妄言狂史(XVI)

西尾幹二の妄言狂史

筑波大学名誉教授 中 川 八 洋

 大東亜戦争のうち帝国海軍がかかわった戦史・軍事史・人物史に関する戦後の出版物のうち、山本五十六に関するものは、三グループに分かれる。

 第一グループは、山本五十六真珠湾奇襲を美化し英雄化して反米闘争に、いや日本人白痴化改造をして日本を再亡国させる再対米戦争に駆り立てるべく、背後のロシアや北朝鮮に連動した極左イデオロギーから山本五十六の真像を歪曲し同時に山本海軍戦法の超愚昧を逆に讃える、日本の共産主義アナーキズム勢力の群れ。表半藤一利工藤美代子/鳥居民/田中宏巳/福田和也の五名がその代表である。

 表西尾幹二だけは、背後に外国工作機関の影がちらつかない。が、生まれながらの「無国籍人」でニーチェアナーキストを本性とする。このため、日本の亡国を決定づけ反日の極限行動となった“山本五十六真珠湾奇襲”に恍惚として酔い痴れる。よって、このグループの代表的“悪の作家”には西尾幹二も入る。

表1;米国に“東京を焼き尽くさせる”山本五十六の悪魔性に歓喜する「超反日」人

 

偽情報宣伝本

所属

その他の偽情報本

山本五十六

日本共産党員、コミュニスト

ノモンハンの夏』『日本のいちばん長い日』

『海燃ゆ ──山本五十六の生涯』

ロシアKGB第一総局(SVR)、コミュニスト

ハーバート・ノーマンの生涯』『われ巣鴨に出頭せず――近衛文麿論と天皇

山本五十六の乾坤一擲』、『歴史通』の論考(注1)。

ロシアKGB第一総局(SVR)、コミュニスト

『原爆を投下させるまで日本を降伏させるな』『近衛文麿<黙>して死す』

山本五十六吉川弘文館、2010年

日本共産党員、コミュニスト

 

山本五十六 ──昭和海軍とその悲劇」『諸君』2005年6月号~2007年4月号で未完(備考)

北朝鮮人、慶大の中核派大江健三郎と同じ事実上の北朝鮮工作員、ドウルーズ系のポスト・モダン(人間絶滅・国家廃滅主義)。福田の保守擬装は“芸”

雑誌『諸君』『正論』に寄稿した近現代史の福田和也作品は、華麗な“福田文藝”をみせつけるが、その根底における主張で共産党ソ連工作員北朝鮮工作員と異なるところは皆無である。

西

真珠湾攻撃に高い道義あり」、『正論』2013年12月号

日本民族の廃滅を祈願する「ニーチェヒトラー主義。対日工作機関には所属せず。西尾が福田和也と同志関係なのは、ポスト・モダンがニーチェヒトラー主義の進化態で、両名が同一思想を共有するため。

GHQ焚書図書開封』第一~九巻。(備考)この全九巻を、北朝鮮金正恩が書いたとして、読み直して見よ。誰も何の不自然さも感じないだろう。「西尾幹二金日成」だからである。

“論壇の嘘つきワースト・スリー”は、山本五十六心酔でも共通する、福田和也/西尾幹二/半藤一利

備考;私の知る限り未完のようだ。完成していれば、そのモチーフは山本五十六擁護論。また、「大義(=米国との戦争開戦)を未来に向かって語れ」『正論』2007年2月号などの他の作品と総合すれば、真珠湾攻撃・対米戦争開戦を「悲劇だったが大義」として美化するものとなっただろう。

 第二のグループは、第一のグループの暗躍によって、戦後も人為的につくられた山本五十六の人気にあやかって、自分の出版物を売り印税稼ぎを図る作家たち。『山本五十六(新潮社)阿川弘之が、この典型。森山康平(注2)などもここに括られる。

 なお、阿川弘之は、嘘をつくことを徹底的に教育した“倫理欠如の無道徳軍隊”帝国海軍出身らしく、彼の書いたものはすべて、白髪三千丈の真赤な嘘ばかり。たとえば、海軍における新兵への惨にして陰のリンチ横行は、陸軍よりひどかった。だが、阿川は、「海軍には、陸軍と違ってリンチはなかった」など卒倒するほどの虚偽を嘯く。

 弘之の長女・阿川佐和子が嘘つきでないのが実に不思議。ただ、学問業績ゼロの長男・阿川尚之(慶大教授、慶応義塾理事)は、頭が悪い上にひどい嘘つきで、父親そっくり。

日本の海軍士官を、強度の嘘つきに徹底育成した“世界最低の軍隊”帝国海軍

 第三のグループは、太平洋戦争の主役で「主犯」の帝国海軍の生き残り出身者群。これら帝国海軍の、幸運にも死ななかった海軍エリート達はほぼことごとく、山本五十六のみに焦点を当てた著作とは限らないが、潰え去ったかつての栄光の帝国海軍について、荒唐無稽な大嘘をデッチアゲル大嘘つきばかりと言える。

 後述する僅かな例外を除き、戦後における“帝国海軍(主として海兵卒)出身の元海軍軍人はことごとく大嘘つき”は、やはり公理といえよう。このことの具体的な例証は、拙著『連合艦隊司令長官 山本五十六の大罪―亡国の帝国海軍と太平洋戦争の真像』の一三七頁に、真赤な嘘の回想記・ノンフィックション作品を書いた海軍生き残りの、次の十四名リストを掲げておいたので、是非そちらもご覧頂きたい。

阿川弘之/実松譲/吉田満/野村実/大井篤/高木惣吉奥宮正武/井口力平/山本親雄/中澤佑/石川信吾/福留繁/富岡定俊/保科善四郎」

 公理“帝国海軍(主として海兵卒)出身の元海軍軍人はことごとく大嘘つき”を無視した大東亜戦争論は、戦史や軍事史を含めて虚偽満載となるだけでなく、日本人を騙さんとする悪意があるため、必ず「反日」性おびただしいものとなる。

 戦後日本で、日本人騙しの悪意がなく、嘘や間違いが少ない帝国海軍に関する著作を出版した帝国海軍出身者は、池田清/千早正隆/冨永謙吾などに限定される。良心があったのは、おそらくこの三名。この三名の著作以外で、安心して読めるものはない。

 この三名以外の主要なものは、先に述べた拙著一三七頁の「表8」にその出版物の一部も示しておいたが、いずれも、海軍の犯した犯罪的な開戦過程をうやむやにする歴史の改竄と、敗戦の責任を逃避する狡猾な言い訳と責任転嫁に終始している。大東亜戦争中の大本営海軍部(帝国海軍)の自国民である日本人騙しはひどかったが、戦後も帝国海軍は、生き残った元海軍エリートを通じて、この自国民に対する偽情報宣伝戦を止めなかったと言いうる。海軍特攻を制度化した海軍中将・中澤祐(作戦部長)は、多くの海軍関係者に「生きている内に真実を語って謝罪せよ」と迫られながら、死ぬまで言い訳に終始した。

 「大本営発表」とは“真赤な大嘘”を意味する戦後の日本語にもなった。が、第一節の表2でわかるように、正確には「大本営海軍部発表」と称すべきもの。

 本稿がとりあげる、対英米戦争を開始した“首謀者”山本五十六にかかわる出版物について言えば、この三グループ以外に、第四のグループが存在する。

 山本五十六は、精神医学的にはサイコパスと分類されうる人格異常者。このため、山本五十六には善悪も良心も存在しない。この無道徳で人間性を喪失した異常人格において、山本は先天的に強度の嘘つきでその達人でもあった。ために、山本五十六は、海軍の内部でも海軍の外でも人を騙すのが日常だった。彼の騙しに長けること、他の追随を許さない。

 とりわけ、山本五十六が書き残した手紙などは、自分の本心をカムフラージュするためのアリバイ工作ばかり。“騙しの達人”山本五十六のアリバイづくりに最も活用されたのが、海兵同期の「親友」で親英米(対米戦争反対論)の堀悌吉だった。堀のような仁徳の高い人物も、山本にかかれば「バカアホ間抜け」の定冠詞がついてしまった。友人は選ばなければ、仁徳など台無し。

 “郷里の後輩”反町栄一も同じく、五十六にうまく利用された。反町は『人間・山本五十六(光和堂、一九五五年)という、山本五十六の逆像を描き、日本国にとってはトンデモナイ本を後世に残した。阿川弘之の『山本五十六』とともに、戦後の山本五十六にかかわる山本嘘神話流布に一役買った。阿川と異なって悪意はなかったにせよ、反町の本の罪は深い。

第一節 東京を焼け野原にしてやる!──“世紀の嘘つき達人”山本五十六の“反米狂”はどう形成されたか

 まず、帝国海軍が異常な嘘つき軍隊だったことは、「大本営海軍部発表」が、完膚なきまでに実証している。帝國海軍全体が、ナチ・ドイツのゲッベルスになっていた。

 昭和天皇帝国陸軍と日本国民の三者を、意識して騙すことを考え、それを実行したのが「大本営海軍部」であった。帝國海軍のように大規模な騙しの犯罪組織は、国民騙しを行政の根幹としたソ連共産党との類似性が高い。

 帝國海軍発表の「戦果」を調査したGHQは、日本海軍の余りの嘘八百に唖然としたことが記録されている。日本側でのこの分野の研究者はただ一人、冨永謙吾(注1)しかおらず、他の生き残り海軍の将官や高級佐官達は口をつぐんで隠蔽工作に勤しんだ。

 山本五十六の研究者なら必ず冨永謙吾の『大本営発表 海軍篇』を読むべき。が、一般の方は拙著『山本五十六の大罪』の数ページの簡単な記述でも充分だろう(注2)。そこで私がまとめた表の一つを表2として転載しておく。

 米国には空母が一九四三年末現在では「十四隻」しかないが、帝國海軍は「二十六隻を撃沈した」と発表した。だったらアメリカの残存空母は「マイナス12隻」となる。「マイナス12隻」なんぞ、妄想でも描けない。

 朝日新聞は、帝國海軍のこれらの真赤な嘘発表を十分に知っていた。が、海軍発表の通りに、絶えず一面で大きく掲載し、帝國海軍の国民騙しの片棒を積極的に担った。日本国民が、海軍が実際には米国に対し深刻に敗北している情況を知って、日本国内に対米講和の声があがる動きを封殺するためだった。朝日新聞は、ソ連スターリンと周到に謀議して、これらの嘘報道に血道をあげていた。朝日新聞は、大東亜戦争中、敵国ロシアの手先として日本人騙しを紙面づくりの絶対規範とした。

  

表2;実際の戦果をほぼ十倍にデッチアゲた“世界一の嘘つき”帝國海軍

 

正規空母

戦艦

巡洋艦

帝國海軍発表のアメリカ軍艦の撃沈数

26隻

12隻

79隻

アメリカ海軍の損害がなかった場合の保有数

14隻

24隻

56隻

日本の新聞紙上から算定した残存アメリカ軍艦数

-12隻

12隻

-23隻

実際に帝國海軍が撃沈した戦果の隻数

4隻

3隻

8隻

帝國海軍が発表した嘘戦果/実際の戦果

6.5倍

4倍

10倍

(備考)1943年末現在の数字である。

 

米国真珠湾攻撃を狂妄し続けた山本五十六

 厖大な数の帝国海軍の士官の中で山本五十六のみただ一人、真珠湾攻撃を発想しそれにのめり込んでいく。山本五十六以外で、真珠湾攻撃を発想し企図したものは、あれほど膨大な海軍士官がいたのに、一人もいない。

 山本五十六がいつ真珠湾攻撃を真剣に考え出したかは、記録の限りで言えば、真珠湾攻撃の十三年前、山本が海軍大佐のときで一九二八年だった。水雷学校での講演においてである。

「対米戦開始の暁には、まず真珠湾を攻撃すべし。消極退嬰の戦法(「邀撃漸減戦法」のこと)では、勝ち目はない」(注3)。

 続いて一九三〇年にも、山本は、「反米」かつ「対米戦争主義」の同志である末次信正(軍令部次長)に、真珠湾空母艦載機により空襲(経空攻撃)すべしと進言した、と末次は回想している。

「・・・『ロンドン条約で)劣勢比率を押し付けられた帝国海軍としては、優秀なる米国海軍と戦うとき、先ず空襲をもって敵に痛烈なる一撃を加え、然るのち全軍挙げて一挙太平洋艦隊との)決戦にいずべきである』・・・」(注4)。

 山本五十六は、一九三四年、吉田茂が自分の後継者にしたいと考えていた外務省のホープNo.1で親英米派の“逸材”斉藤博と次の会話をしている。斉藤博は、米国との戦争を理解していない山本の余りの稚拙で粗暴な持論に呆れ果てている。

空母十隻と、航空機八百機を準備する。それだけで真珠湾とマニラ湾を空襲し、太平洋艦隊とアジア艦隊をつぶすことは確実にできるんだよ。(これによって)少なくとも一年間は、太平洋にアメリカの船(軍艦)と飛行機は存在しないってわけさ。それだけの戦争はやって見せる」(注5)。

 この「一年間」が経過した後はどうするのか。斉藤博も鋭く詰問しているが山本は答えない。山本五十六は、この「一年間(や二年間)」の後に米国が猛反撃をしてくることは(さまざまな発言の記録から)予測・期待していたのは間違いない。

 すなわち山本は、東京を含め日本列島の方が、この猛反撃してくる米国の空襲で焼け野原になることを予測していたようだ。この問題は後にして、山本が真珠湾への空襲を考える原点が、山本の異常な「反米」感情にあると喝破した米国人がいる。

 作家のウィラード・プライス。彼は、一九一五年、訪問した瓜生外吉・海軍大将の邸にたまたまいた日本の若き海軍士官にインタヴューしていた。それは実に偶然だが、三十一歳の山本五十六だった。山本の海軍少佐への任官は一九一五年十二月だから、この邂逅がその前であれば、山本がまだ海軍大尉の時になる。

 プライスは、パール・ハーバーとマニラ湾奇襲の直後、二十七年前にしていたインタヴューの記録メモを引っ張り出して、雑誌『ハーパーズ・マガジン』(一九四二年四月号)山本五十六に関するエセーを発表した。そのタイトルは、「アメリカのヒトラーに次ぐ)第二の敵、山本」であった。

 このエセーには、山本の一九一五年当時の発言が記載されている。プライスがなぜ海軍兵学校に入学したのかと問うた所、山本は次の返事をした、と。

「ペリー提督のお礼参りがしたかったまでさ」(注6)。

 山本五十六明治維新政府とその首都・東京への憎悪は、“東京を焼け野原にしたい”の怨念に燃える過激を越えた狂気のレベルであった。この異常な「反日」の原点が、戊辰戦争で長岡城が炎上して藩がつぶされた恨みであることを、私はつとに喝破していた(注7)。が、このプライスのインタヴュー記録は、戊辰戦争が起きたきっかけ・原因として父親の高野貞吉が、ペリー提督の四隻の黒船まで深く恨み、この対米怨恨を息子の五十六にこれほどまでに洗脳していたのを如実に明らかにする。

 「反日(反・明治維新政府)」と「明治維新を起こすに至った米国を許さない怨恨感情としての)反米」の複合において、山本五十六は、対米戦争を、海軍兵学校に入学する前の十七歳(一九〇一年)時には決意していたことになる。そして、この対米戦争をパール・ハーバー奇襲で開始するとの考えに集約したのは、遅くとも一九二八年(四十四歳)以前であった。これが、日本海軍のパール・ハーバー奇襲が誕生する、最核心の歴史である。

 が、「パール・ハーバー攻撃の絶対勝利」条件である三隻の米空母撃沈はならず、太平洋艦隊の三隻の空母はすべて無傷であった。山本の真珠湾攻撃の目的は、真珠湾攻撃の日に潰え去った。

 だが、日本ではパールハーバー攻撃について、「アメリカ太平洋艦隊戦艦群を一網打尽」(注8)などに狡猾にすり替えた国民騙しの真赤な嘘が、当時も、そしてそれから七十年以上も経た今でも信じられている。日本人の馬鹿さには呆れるほかはない。

パール・ハーバー奇襲の戦果ゼロ──山本五十六の嘘宣伝を今も信奉する幼児・日本人

 正確には、戦果は完全なるゼロだった。獲物の空母三隻はパール・ハーバーにはおらず、目標不在で戦果以前であった。つまり、パール・ハーバー奇襲の主目標物が、パールハーバーにはいなかった以上、戦果など初めからあろうはずもない。

 しかも軍事的に撃沈だと分類できるのは、「アリゾナ」「オクラホマ」のたった二隻の戦艦のみ。これでは付随的な戦果もゼロというほかない。パール・ハーバーの水深は浅く、撃沈しても撃沈にならないからである。一見撃沈されたかに見えた戦艦のうち、戦列に復帰しなかったのは、たった二隻(注9)。残りの軍艦は、戦闘能力を強化されて戦列復帰となった。真珠湾攻撃は、日米海軍力バランスにおいて逆効果となった。

  • 戦意高揚の展示用に沈没したままにした戦艦「アリゾナ」。
  • 真珠湾攻撃の後、スクラップのため加州に曳航中に東太平洋上で沈没した戦艦「オクラホマ」。

(備考)サルベージが放棄された戦艦「ユタ」は、すでに廃艦が決まっていた老朽艦。戦果に数えることはできない。「アリゾナ」と異なって展示用にもならず、今もパール・ハーバーの海底に横たわっている。

 南雲忠一・海軍中将が率いる当時世界最高の六隻の空母からなる、当時世界最強の空母機動部隊は、では何しにハワイを奇襲したことになるのか。波濤六千㎞を踏破する、当時ギネスがあればギネス・ブックに記録されただろう、世界最長の長距離攻撃の実験をし、この実験に成功した、これ以外ではない。つまり、軍事技術的に実に画期的な海軍戦術開発の大成功であって、戦争の戦果をあげたのではない。

「ペリー提督の黒船→明治維新・近代化→日清・日露戦争勝利」を恨む山本

 山本五十六とは、生まれながらに“歴史が無い/世界が無い”ニーチェ的な人格として育った。夢も希望も無い暗澹たる失意の人生であった父親・高野貞吉の、明治維新を恨む、明治維新を産んだペリーの来航を恨む、ただひたすら怨恨ルサンチマンだけが生を支える異常な家庭で生まれ育ったのが、山本五十六である。

 日本人のほとんど全員は、ペリー来航に“神の見えない手”を感じ感謝する。ペリーの来航が無ければ、滑り込みセーフでギリギリ間に合った、明治維新による日本の近代化も、あれほどタイムリーにできたとは考えられないからである。

 だから、久里浜には、「北米合衆国水師提督伯理(ペリー)上陸紀念碑」と刻まれた巨大な石碑が建立されている日露戦争前夜の一九〇一年)。そればかりか、一九八七年には、横須賀市内に、二階建ての「ペリー記念館」が建てられた。戊辰戦争会津藩とともに逆賊として薩長に滅ぼされた長岡藩の元藩士の家系で、薩長を恨むものはかなりいたが、ペリー提督にまで逆恨みを遡及したのは、高野貞吉・山本五十六の父子ぐらいであった。異様な家系である。

第二節 山本五十六英雄化の嘘キャンペーンは、日本を再び対米戦争させるのを狙った“日本人狂気化洗脳工作”

 山本五十六についての嘘に限らず、「昭和史全体の嘘漬け」を人生の生業とする作家といえば、誰しも半藤一利の名を思い出す。半藤一利共産党員だから、嘘を吐くことが宗教信条告白行為。この嘘つき行為から一日たりとも怠惰であることはコミュニストには許されていない。

共産党員で熱烈な「反日」活動家”半藤一利

 例えば、安倍晋三総理が全力投入している、日米同盟の健全化を図るための集団的自衛権の解釈正常化に対して、日米同盟に憤怒を煮え滾らせる半藤一利は、日本の共産革命を阻害する日米同盟を破壊すべく、共産党の外郭団体である朝日新聞に寄稿した。半藤は、「日英同盟条約」「日独伊三国同盟条約」に関する、次の抱腹絶倒する奇説に怪気炎を上げる。

「日本はロシアを仮想敵国とし、抑止力を名目に英国とてを結んだが、日露戦争が勃発。次に米国を敵国と見立ててドイツ/イタリアと三国同盟を結んだものの、太平洋戦争が起きた。いずれも抑止力とはならず。相手に<敵視政策>を取らせました」(注1)。

 日英同盟は、ロシアと戦争をすることを決意し、この戦争での勝利のために締結したものである。日英同盟は、抑止力としての同盟ではなく、戦争勝利のための同盟条約である。三国同盟も同じ。その締結は、すでに欧州で第二次世界大戦が始まりナチ・ドイツが英国に上陸せんものと英本土を猛爆撃している時の一九四〇年九月に締結した。

 日本の三国同盟条約締結は、対英米戦争を遂行し勝利するための戦争同盟。日本は、この条約で世界と英国に対して戦争決意を宣言した。この意味で、対ソ/対中の戦争抑止力としての戦後の日米同盟は、戦争遂行・勝利のための二同盟条約とは異次元。

 半藤の詭弁は、「同盟」という二文字が同じなのを悪用したもの。半藤らしい詐言である。半藤は、共産党員として憲法第九条改正の運動家でもあり、その存在は日本国の平和を毒する害虫の典型。共産党お手製のパンプレットに(注2)、「日本は、憲法第九条の理想を地球全体に訴え、先頭にたって人類救済の方策を模索すべきである」と書いている。麻原彰晃の「アルマゲドン」と同じカルト宗教の狂気だから、「半藤一利麻原彰晃」としても、ニュートン力学の公式と遜色がない。

ハワイ作戦の大失敗を逆さに「大成功」と言い募る、半藤の偽情報の狙いは何か

 半藤は、山本五十六の真意を、歴史事実を歪曲改竄し、真赤な嘘で粉飾してこう言う。

「敵の本陣に殴りこんで一気にケリをつけて早く講和を結ぶ。長期戦に持ち込まれたら国家(日本)を惨澹たる亡国に導くことになる。何があっても短期決戦で戦争を終わらせる。それが山本五十六のハワイ作戦でした」

「山本さんの頭の中には、このハワイ作戦がもし成功すれば素早く講和に持ち込み、惨敗すれば直ちに戦争を中止せざるを得なくなる。そのときは自分は責任をとって腹を斬って死ぬのみ、という考えがあったのだと思います」(注3)。

 ここまでの口から出任せは、共産党員で“嘘つき常習の小説家”半藤の面目躍如である。半藤の真赤な創り話は、次の通り。

 第一に、「敵の本陣」といえば首都ワシントン。だが、ワシントンや米国本土からはるか西方の太平洋上の僻地ハワイが、どうして「アメリカの本陣」なのか。半藤は、米国の首都はさもハワイであるかに読者を騙そうとしている。

 第二に、ハワイ作戦の勝利とは、①空母三隻の撃沈、②軍港パール・ハーバーの石油備蓄&施設の潰滅、③海軍工廠の潰滅、④オアフ島の占領、の四つを達成した時を指す。仮に④をしないとしても、①②③は最小限の絶対だろう。①②③の完全達成をしないハワイ作戦など初めから意味が無い。

 だが山本五十六は、司令官の南雲中将に②と③はしないでよいと命じた。戦後、黒島亀人・大佐は、自分がそう決め山本が同意したものだと、米国戦略爆撃調査団の訊問に白状した。かくして、撃沈空母ゼロ/400万バーレル以上が備蓄されていた石油油槽施設は無傷/海軍工廠はほぼ無傷という戦果ゼロにおいて、ハワイ作戦は完全な大失敗・大失策だった。一輪車で東京から大阪に通勤するナンセンス以上のナンセンス、それが山本五十六のハワイ作戦であった。

 この石油油槽施設には、一九四二年の一年だけで、さらに燃料重油「869万5824ガロン」が追加された。アメリカ太平洋艦隊は、この有り余る追加重油で、その後は太平洋を縦横無尽に行動した。

 すなわち、半藤の第三の嘘は、山本のハワイ作戦によって米国は長期戦の政治体制と軍事態勢とがともに整備され、「日米海軍間戦争は長期戦に持ち込まれた」のだから、「山本五十六は、米国の長期戦態勢づくりと日本の惨澹たる亡国を企図してハワイ作戦を決行した」と正しく&客観的に記述すべきに、「山本は、短期決戦で戦争を終わらせるハワイ作戦を考え実行した」と、一八〇度逆の真赤な創り話を嘯く。

 半藤の第四の極め付きの真赤な嘘は、日本のハワイ作戦が上記の①②③④を仮に達成したとしても、米国に日本と講和しなくてはならない情況など生まれないにもかかわらず、「講和になったはず」と、無根拠の思い付きを吹聴することにあろう。米国としては、この場合は、太平洋艦隊カリフォルニア州のサンディエゴに再構築して対日戦争を継続しただろうことは、当り前の自明ではないか。

 山本は初めから、真珠湾攻撃というアメリカに蚊の刺した程度の被害を与えて、米国全体を怒らせ日本に対して反撃させ、日本の亡国とりわけ東京の焼け野原を企図したのである。これが、ただ一つの歴史の真実である。

 半藤の第五の嘘は、ハワイ作戦で講和どころか日本は対米無条件降伏しかない対米泥沼戦争に陥ったのに、山本は切腹なんぞしなかったこと。

 山本は切腹の全く逆に、冷房の利いた戦艦大和ホテルに滞在して優雅な南洋バカンスを死ぬまで永く楽しんだ。連合艦隊の司令部は横須賀の陸上に作るべきだが、山本は“日本を焼け野原にしたい”との自分の真意が覚られないよう、また地球上から消し去りたいほどに大嫌いな日本国から遠く離れていたく、トランプ三昧ができるトラック島を自身の居場所に選んだ。

 山本はハワイ作戦に大失敗したのだから、半藤の妄説にしたがえば、責任をとって切腹したはずである。日本の共産革命のため偽情報戦の第一線で活躍する半藤一利の嘘は、プロ級の詐欺師レベルであった。

 “日本亡国の奈落の谷”真珠湾攻撃(対米戦争)を先導した海軍高官は山本五十六一人。山本を擁護する“偽情報工作員半藤一利の心底に秘めた狙いは何か

 日本側からの対米講和をもし提案できるとすれば、あくまでもロッキー山脈以西のカリフォルニア州オレゴン州ワシントン州の三州の占領をしておくのは最低条件だろう。少なくともハワイの占領は絶対的最低条件。

 日露戦争でも、奉天占領(南満洲の占領)をしたから、ポーツマスでの日露講和交渉が可能になった。太平洋戦争も、沖縄を米国が占領したから、米国は講和に至る降伏勧告のポツダム宣言を発した。

 戦争の講和は、陸地の争奪戦とその優劣情況の発生によってしか始まらない。パール・ハーバー軍港を奇襲して戦艦二隻を沈めた戦果ぐらいでは、どんな国でも万が一にも講和などの妄想に走ることはない。海戦だけで戦争の決着がついた例が、人類六千年の歴史にあるのか。もしそうなら、ハンニバルなど世界史に名を遺していまい。

 山本五十六が真赤な嘘「太平洋艦隊をつぶせば講和が生まれる」と一九四一年に喋った(手紙に書いた)のは事実。が、こんな妄想戯言の類を仮に信じたとすれば、海軍大臣の及川とともに)海軍大臣嶋田繁太郎は“バカの極み”でトンデモ海軍高官だったということであって、それ以外ではあるまい。

 半藤は、山本五十六に対米講和の考えなどひとかけらもなかった事実を了知しておきながら、山本五十六を「対米戦争反対だった」との荒唐無稽な虚像デッチアゲに全力をあげる。これだから、良心の呵責が全く無く、ひたすら“嘘を吐くマシーン”共産党員・半藤一利は怖い。

 上記に引用した部分における奇天烈な半藤の主張を裏づける根拠は、海軍大臣嶋田繁太郎山本五十六が送った一九四一年十月二十四日付け書簡一つだけ(注4)。半藤がなぜこの書簡を持ち出したのか。言うまでもなく、山本五十六の対米戦争開戦責任を、昭和天皇に転嫁するためである。

 そもそも嶋田海相へ送ったこの手紙は、山本五十六が対米戦争の責任を昭和天皇に押し付けることも目的の一つ。このため、戦史研究者の間では、昭和天皇に対する不敬になるので、この書翰に言及するのを避けるのが一般的。次の“”が、半藤が引用した当該書簡の一部。「」が、“”に対する半藤の意見。当該箇所での、半藤の記述はすべて、対米戦争の責任を昭和天皇に転嫁を目的としたもの。

 “今日の事態にまで追い込まれたる日本が、果してさように転機し得べきか、申すも長きことながら、ただ残されたるは尊き聖断の一途のみと、恐懼する次第にござ候”(注4)。

(このように開戦一ヵ月半前の十月二十四日の)段階まできてしまった時、山本五十六が一縷の希望としたのは、天皇の<対英米戦争、開戦を許さず>の一言でした。しかし、(十一月五日の御前会議おいて)山本が望みを託した天皇の一言はついにありませんでした」(注3)。

 嶋田海軍大臣への書翰の核心は、「真珠湾攻撃を国家の最終意志に決定してくれ」の一点に絞った嶋田へのお願いである。来る十一月五日の御前会議では、昭和天皇のご聖断が仮にあっても、このご聖断に逆らって、対米戦争開戦真珠湾奇襲)を断固として決定する側に立ってくれというもの。だから山本は、「開戦劈頭有力なる航空兵力をもつて敵本営に斬り込み 彼(米国)をして物心ともに当分起ちがたきまでの痛撃を加ふるの外なしと考ふるに立ち至り候」「桶狭間鵯越川中島とを合わせ行ふ已むを得ざる羽目に追いこまるる次第にござ候」と書いたのである(注4)。

 そもそも山本五十六真珠湾奇襲プランは、一九四一年一月からの、山本個人の偏執狂的な異常な拘りだったことは、及川海軍大臣への書簡(注5、一九四一年一月七日付け)で明らかではないか。そして、山本五十六が主宰した、九月十六日の海軍大学校での真珠湾奇襲の図上演習および十月九日~十三日の戦艦「長門」における真珠湾奇襲の図上演習とは(注5)、真珠湾奇襲のプランが山本五十六個人の博打(遊び)として考案され実行された歴史事実の、紛れもない証拠。これに反証できる歴史事実など一つもない。

 だが、半藤一利にかかると、この対米戦争開戦の主導者で首謀者の山本五十六が、一八〇度逆転されて、「非戦論者」とか、「対米戦争反対論者」となる。半藤の詐話力は、黒い烏を白い白鷺だと言いくるめる悪徳弁護士の性悪詭弁術に優る。

 半藤一利は、嶋田への書簡の改竄をするのではなく、この書翰は「長門」での真珠湾奇襲図上演習を、この演習時の決行日「対米開戦十二月八日」まで、そのまま現実に実行できるよう協力懇請した手紙だと、正しく素直に読むべきだろう。だが半藤は、改竄的な意図的誤読をした。山本五十六と同じ“対米戦争狂の使徒”として半藤一利は、日本をして再びの対米戦争をさせるべく、教宣の洗脳本『山本五十六』を書いたのである。

対米戦争狂の山本五十六擁護に、対米戦争狂の半藤一利の嘘は続く

 半藤のハワイ奇襲作戦に関するこのような怖ろしい詭弁と真赤な創り話は、ミッドウェー海戦の開戦決定の歴史についても、怯むことなく、続く。日本側の大敗北になったミッドウェー海戦を軍令部の反対を押し切って強行したのは、山本五十六黒島亀人の二人。これもまた、戦史学のイロハ知識だろう。

 だが半藤は、「『ミッドウェー海戦を実行をすれば、)しまった、戦争を終わらせるチャンスを逸した』と思ったのは山本五十六だけです」(注6)との、逆さも馬鹿馬鹿しい真赤な嘘を偽造する。山本五十六の偏執狂的な狂気のミッドウェー海戦執着がなければ、ミッドウェー海戦は起きていない。歴史事実はこれだけ。半藤の虚言術は、“作曲ペテン師”佐村河内守がどんなに背伸びしても及ぶ所ではないほど、名人芸の域にある。

 戦争はいったん始めれば講和など至難の技。実際に日米戦争は、東京が焼け野原になり(一九四五年三月、五月)、東アジア随一の戦略的要衝の地である沖縄が陥落し(同六月)、広島に原爆が落ちて初めて講和への動きが始まった。

 山本五十六は人格上には重大な障害をもつが、海軍兵学校を十三番で卒業した、まあまあの成績である。当然、山本は、戦争終結がいかに困難であるかの軍事史のイロハは学んでいる。しかも、戦争終結は外務省などの政府が主であって、一軍人の山本がしゃしゃり出てくる余地などないことも充分に熟知している。

 “山本五十六の嘘語部(かたりべ)半藤一利の嘘だけを拾い集めて真面目に列挙すると大著の一冊分になるので、半藤が係わった映画「連合艦隊司令長官 山本五十六(二〇一一年十二月公開)の宣伝対談から、半藤の噴飯物嘘を一つ。

真珠湾攻撃による対米戦争を先導した)山本は非戦論の最右翼です」(注7)。

 根拠としてあげるのは、「日独伊三国同盟に徹底的に反対したから」だけ(注7)。わけがわからない。対米戦争を主導した好戦論の海軍高官の最右翼は山本五十六。これは明白な事実。ならば、「山本五十六こそ対米戦争狂の最右翼」と断定する以外に、事実に沿った歴史記述など存在できまい。

 三国同盟に賛成か反対かは、対米戦争を主導したか否かとは、全く無関係だろう。日本は、真珠湾を攻撃するにドイツの空母を借りたこともないし、パイロットの訓練をドイツに頼んだこともない。

 また山本が海軍次官として反対した三国同盟は、(一九三九年に平沼内閣の総辞職をもたらし)いったん流れたそれであって、実際に締結した一九四〇年九月の三国同盟条約ではない。後者の三国同盟と前者の三国同盟は、似て非なるものである。

 一九四〇年のは「反英/反米/親ソ」であるが、一九三六~九年に日独間で協議された三国同盟は「反英/反ソ」である。ソ連工作員であった米内光政海軍大臣が(注8)、この「反ソ」の故に強く反対した。海軍次官だった山本は、大臣の米内にゴマを摺って反対にまわった。この程度の歴史事実を知らなければ、中学生レベルの近現代史も理解できまい。

 また、半藤一利は、「条約派」(対米協調派)と対峙する「艦隊派」で固めた軍令部に対米戦争主義者が多かったのだから、この軍令部の主流と仲が悪い山本は「対米非戦論」であるはずとのハチャメチャ詭弁を展開する(注9)。唖然とするほかない。

 反米一色の軍令部主流と反米狂の山本が仲が悪かったのは事実。だが、その対立は双方とも“対米戦争主義”のドグマ共有の共通基盤の上ではないか。単純化すれば、山本は前方に突き進んで奇襲の真珠湾攻撃という博打をうつべしと考えるのに対して、軍令部主流は従来からの「邀撃漸減作戦」を基本的には踏襲すべしの、対米戦争開始時点の戦術上の相違をめぐる論争をしただけ。“対米戦争をしない/する”との対立はしていない。

 中核派と核マル派が一九七〇年代に暴力対立し鉄パイプ等で殴打し合って双方に死者がかなり出たが、ともに共産主義革命の狂信集団であり、どちらかが正常でどちらかが異状と言う訳ではない。双方とも正常性ゼロの異常な反日極左暴力革命団体。軍令部主流と山本五十六の対立は、一九六〇~七〇年代に同じマルクス・レーニン主義を奉戴しながら殺し合いをした中核派と核マル派の対立抗争の先取りのようなもの。

 本物の対米非戦論者だった山梨勝之進や堀悌吉などが帝國海軍から追放された後(1934年以降)、帝國海軍内で“対米非戦論”を口にする事は命取りになった。“対米非戦論”など完全に不在だった。

 それ以前、一九三〇年のロンドン海軍軍縮会議で、山本五十六が同じ日本政府代表団の大蔵官僚・賀屋興宣に対して「賀屋黙れ、なお言うと鉄拳が飛ぶぞ」と嚇したように(注10)、山本五十六は表面の鵺的な演技仮面の下ではあくまでも「艦隊派」に属していた。

 一九四一年における山本五十六の軍令部内部でのコップの中の諍いを、一九三〇~四年の艦隊派対条約派の、世論を抱き込んだ血が流れた国論分裂の大対立にすり替えていく大詭弁の技こそ、“山本五十六像の嘘語り部”半藤一利の骨髄である。 

真珠湾奇襲に酔い痴れる西尾幹二を蝕む、対米戦争狂という狂気の病

 半藤一利と同じく、真珠湾奇襲に興奮が突き上げる、対米戦争狂の教徒西尾幹二は、日本の国益を重大に毀損した真珠湾奇襲に狂喜乱舞する。西尾幹二は、日本共産党員である半藤一利の舎弟として、真珠湾奇襲を拝む狂気の宗教の宣伝布教に晩節の情熱を傾けている。こう述べている。

真珠湾攻撃は積年のアメリカの理不尽な圧迫に対する日本反撃の烽火だった」

「メキシコから領土を奪い、スペインを制圧して太平洋の島々に理由もなく必要もなく進出し、無意味に膨脹したアメリカに対して、アジアの民草を代表して初めてNO! と言ったのが真珠湾攻撃ではなかったか」

真珠湾奇襲によって引き起こされた対米太平洋戦争で)日本は火達磨となって焼け尽きたが、アメリカの西進の野蛮を問い質し、これを高い道義から否定した貴い犠牲ではあった」(注11)。

 その後は海戦の大敗北を連発して国家の亡国への一里塚であった真珠湾奇襲を、「日本の対米反撃の烽火」とは、腰を抜かす妄語。「米国からの被反撃」を「米国への反撃」だと逆さに見えるのは、重度の分裂病でなくては妄想できない事実転倒の狂気の蜃気楼。

 単なる歴史の自然的な発展の流れであった米国の西進を「正義だった」と世界に認知させることになったのが、日本の対英米戦争であった。太平洋戦争は日本が自ら「野蛮国だ」とのレッテルを貼ることになったから、日本国の名誉を毀損する祖国叛逆の最たるものだった。だが、西尾は、この祖国叛逆こそ“高い道義”だと主張する。分裂病者は、何でもかんでも逆さに見える。怖ろしい。

 また、加州がメキシコ領土であるより米国領土である方が、日本だけでなく世界にも大きく寄与したが、日本や世界の発展と安定そのものが、西尾幹二にとって憎悪の対象であることも、この引用文は明らかにする。日本国民が奈落の絶望へと転落すること、それが西尾幹二が祈祷する西尾イズムの核心だろう。西尾幹二は、精神分裂病罹患で世界的に有名なフーコーやドウルーズと同種のポスト・モダン思想を無自覚に共有している。

 この西尾の心境はまた、一九九五年の地下鉄サリン事件直後、「大量殺人についに成功したぞ! 万歳!」と狂喜乱舞した、オウム真理教の“狂気の教祖”麻原彰晃のそれと瓜二つなのは言うまでない。日本民族七千万人が対米戦争で死に絶える事は、西尾幹二を教祖とする“対米戦争教”というカルト宗教においては、ドグマ(神)に捧げる供犠(sacrifice)だと、この教祖として西尾幹二は主張している。西尾幹二の言葉に、麻原彰晃が乗り移った悪霊の呪言を感じないものは、日本国を愛していない証左である。

第三節 英国海軍の殲滅(インド洋制海)を先行すれば、“対米戦争の不敗”は確実に達成できた ──なぜ山本五十六はしなかったか

 半藤一利の著作が鼻につくのは、その間違いだらけや意図的嘘だらけだけではない。知ったかぶりでお粗末軍事知識をひけらかす、半藤という人間の傲慢不遜はなはだしい無知蒙昧のひどさに対してである。半藤の作品『山本五十六』で言えば、半藤は、「軍令部主流の『邀撃漸減戦法』日露戦争の時代錯誤で、山本の『真珠湾奇襲作戦』はすばらしい」を繰り返し繰り返し絶賛する。トンデモ戯言とは、半藤のこのような知ったかぶりの無知蒙昧を指す。

狂気の真珠湾奇襲より、三流兵法“邀撃漸減戦法”の方がまとも

 山本五十六の考案である、真珠湾奇襲作戦やミッドウェー作戦およびアッツ島キスカ島占領作戦ほど、海軍戦略や海軍兵法としてナンセンスなものはない。これほど日本側の自滅的敗北に確実に至る狂気の作戦は他になく、まさしくサイコパス山本五十六キチガイらしい発想である。むろん軍令部の「邀撃漸減戦法」もまた、インド洋制海を考えないならば“ほとんどバカの三流作戦”だが、それでも真珠湾奇襲やミッドウェー攻略などの狂気の作戦よりはるかにまし。バカはキチガイよりましは真理。

 軍令部主流が考えていた邀撃海域は具体的にどこかははっきりしないが、図1であれば、米海軍と六年以上は互角に戦えて、不敗が維持できる。少ない重油も大幅に倹約できる。しかも「インド洋の制海をした長大な縦深のある後退邀撃戦法」であれば、帝國海軍は一九四二年の一年間だけで、米海軍を確実以上の相当量の「漸減」をしている。

 なお、図1には未作成のため制海すべきインド洋の海域が示されていないことに注意。

 

図1;禁止すべきだった東経160度以東/赤道以南の海軍作戦           

f:id:nakagawayatsuhiro:20140911145353j:plain

 この結果、太平洋戦争は、六年以上十年ほどは決着がつかない。ベトナム戦争と同じく米国内には厭戦ムードが広がり、太平洋の日米分割で自然的に終了しただろう。

 米国のヤンキー魂はせっかちで、ロシア民族と正反対で、じっくり時を待つことができない。現に、米国はパール・ハーバー奇襲のあと、すぐさま日本への反撃を開始して、その準備未了の小規模艦隊を次から次に繰り出してきた。軍令部の邀撃漸減戦法は、偶然だろうが、実は米国相手にはピッタシの絶妙兵法であった。

 現に、米海軍は一九四二年二月一日、空母エンタープライズ」の部隊でクウェゼリン環礁マーシャル諸島を攻撃して輸送艦一隻を沈め日本側の駐屯司令官を殺している。続いて空母レキシントン」部隊で、日本が獲ったばかりのラバウルを攻撃、空中戦を演じている(二月二十日)

帝國海軍は、なぜ、容易だったインド洋とアラビア海の制海をしなかったのか

 山本五十六黒島亀人キチガイ・コンビが連合艦隊を牛耳っておらず、また軍事音痴で海軍官僚的な井上成美空母2隻、小型空母1隻、重巡洋艦六隻等からなる)南洋部隊司令長官でなければ、帝國海軍の軍令部は、南雲忠一空母機動部隊がヨーロッパから急派された新・英国東洋艦隊とのインド洋海戦(1942年4月4~10日、備考1)に勝利した後、連合艦隊の主力に、セイロン島のコロンボ完全制圧だけでなく、そのまま西進させてソコトラ島を含む)アデンの制圧そしてアラビア海の制海を命じていただろう。

備考1;南雲忠一・機動部隊は「空母五隻、戦艦四隻、重巡二隻、軽巡一隻、駆八隻」。ソマービル海軍大将の新・英国東洋艦隊は「空母二隻、軽空母一隻、戦艦五隻、重巡二隻、軽巡五隻、駆十四隻」。日本側の一方的な勝利で、英国は軽空母ハーミズ、重巡二隻、駆逐艦一隻が撃沈され、軽巡一隻が大破した。セイロンのコロンボとツリンコマリの2軍事基地もかなり破壊した。

 

 日本がアデンに海軍基地をつくりアラビア海を制海しておれば、ドイツのロンメル将軍のカイロ(エジプト)占領を決定的に援護するから(備考2)、英国のエジプト喪失は確実だった。それは、英国のスウェズ運河の喪失でもあった。

備考2;ロンメル将軍のエジプト攻略軍は、日英のインド洋海戦と日本のセイロン英国海軍基地攻撃作戦の直後の一九四二年五月末、その東方侵攻を開始した。要衝トブルク陥落は六月二十一日だった。が、ロンメルの天才ぶりも英国の粘りにエジプト占領が挫折して失敗。日本がミッドウェー海戦やその前の珊瑚海海戦などナンセンスな海戦をせず、インド洋・アラビア海の制海に集中していれば、(日中戦争を止めてそこに投入した陸軍兵力をすべて外蒙古占領とバイカル湖西岸に至る東シベリアを占領に転進させる条件付だが)太平洋戦争での日本の対米勝利の勝機は充分にあった。

 

 インド洋から英国海軍を締め出す日本のインド洋制海(シー・コントロール、sea control、備考3)とは、①ソ連重慶の国民政府への米国の軍事物質の輸送ルート(SLOC)が遮断されるばかりか、②ベンガル湾からの英国本国への石炭輸送/ペルシャ湾からのエジプト英軍への石油輸送/インドへのエジプト米の輸送が遮断されて、第二次世界大戦は一気に英国降伏の事態へと転げ落ちていただろう。

備考3;制海は一般には「シー・コマンド」の訳とされるが、「シー・コマンド」は実際にはありえず、現実的な“シー・コントロール”を制海の訳語とした方がよい。海上優勢(シー・シュプレマシー)の上位の段階を指す。

 

 英国のエジプト防衛の米国提供の戦車や対戦車砲はすべてインド洋/アラビア海経由で補給されていた。一九四二年十一月、ついにロンメルはエジプト攻略を断念し総退却したが、山本五十六ミッドウェー海戦井上成美ガダルカナル島固執がなければ、ロンメル将軍の敗北などありえなかった。

 帝國海軍のインド洋制海放棄とロンメル将軍のエジプト占領失敗は、ヒトラーのモスクワ攻略失敗とともに、日独の敗北を決定づけた。ヒトラーのモスクワ攻略失敗の主因は、①不必要なウクライナ攻略戦に兵力を割いたこと、及び②尾崎・ゾルゲからの「関東軍シベリアに侵攻せず」の秘密電報の二つ。この意味で、山本五十六と尾崎・ゾルゲ諜報団を飼っていた近衛文麿の二人こそが、太平洋戦争での日本の対米勝利の可能性を大敗北に入れ替えた国家反逆者の筆頭であることに間違いはない。

 日本のインド洋制海は、海軍戦略理論的に言えば、米国の太平洋戦争勝利を不可能にする縦深を保持することである。すなわち、インド洋を制海してアラビア海まで進出した帝國海軍に対して、米海軍は、マリアナ諸島パラオ諸島の制圧すら不可能になるからである。そもそも、帝國海軍は第一次世界大戦以降の現代海軍戦略をまったく知らず、四十年前の日露戦争の時代にバック・ツー・ザ・フユーチャしていた。

海軍の主任務は、陸軍の上陸支援であり、対陸上攻撃

 現代海軍戦略では、海軍の主任務は、次の四つである。そこには艦隊決戦の「艦隊対艦隊 fleet against fleet」が出てこない。なぜなら「艦隊対艦隊」は、この四つの主任務を果たすために中間過程で発生する従任務だからである(注1)。

  1. 敵部隊の上陸阻止fleet against shore
  2. 自軍部隊の上陸支援fleet against shore
  3. 敵国SLOC(海上通商路)の破壊
  4. 自国SLOCの防衛

 だが、帝國海軍は、山本五十六キチガイ一派であれ、軍令部主流の凡庸グループであれ、四十年前の日露戦争で頭が止まっていて、これを知るものはゼロだった。米海軍が日本以上の戦艦主義であったのは、沖縄戦や硫黄島戦で見せたように、戦艦こそが上陸作戦の最高の兵器だからである。またSLOC破壊の商船攻撃には、空母など要らず、戦艦や巡洋艦で充分。

 山本五十六がインド洋制海を事実上発想しなったのは、現代海軍の四大主任務を知らなかった超バカ提督だったからだ。もし、山本が現代海軍の任務を正しく知っていたら、日本の対米開戦の時期を、戦艦「大和」が竣工した一九四一年十二月二六日/戦艦「武蔵」が竣工した一九四二年八月五日の後にしているはず。

 またインド洋の制海をした後に、つまり「長大な縦深をもつ後退邀撃」態勢をつくった上でないと対米開戦をしてはいけない。日本が仮に英米と戦争を欲するならば、先ず英国のみに対して宣戦布告して、香港/シンガポール/アンダマン島を制圧し、続いてセイロン島のコロンボを占領する。さらに続いてソコトラ島とを含む)アデンも占領し、シンガポールコロンボ/アデンに、陸上の大掛かりな海軍航空基地を整備する。

 英国への宣戦布告の最適時期は、トブルクが陥落した一九四二年六月二十一日がよかろう。対米戦争は、あくまでも米国に宣戦布告をさせて、日本からはしないのを厳守すべきであろう。こうすれば、日本海軍の世界最強の空母十隻は一隻も損傷せず温存されている。

 ルーズベルト大統領は痺れを切らし、おそらく一九四二年中には、対日宣戦布告をするだろうが、それを機に、帝國海軍は大輸送船団で陸軍力をオアフ島全島に上陸占領させることに全力をあげる。パール・ハーバーを蚊が刺した程度のあんな無意味な奇襲をするのではなく、パール・ハーバーを日本の海軍基地にするのが対米戦争の緒戦であるべきだろう。

 「長大な縦深をもつ後退邀撃」態勢をすでに確立した日本に対して、米国はハワイを防衛出来る可能性は低い。ルーズベルトが、戦うために、太平洋艦隊をサンディエゴに撤退させる苦渋の決断をすることもありえただろう。この場合は、日本はパール・ハーバーを無血占領することになる。

 要するに、太平洋戦争を戦史・軍事史・戦略理論から考察すれば、日本国の惨澹たる全面敗北を企図した山本五十六の狂気と犯罪のみが立証される。表1にある六名の作家は、山本五十六の狂気と犯罪を隠蔽したうえに、山本を美化し英雄化すべく嘘ペンキを厚く塗りたくる。

 共産主義者とポスト・モダン系アナーキストたちの山本五十六虚像づくりは、吉田清治の真赤な創り話「朝鮮人従軍慰安婦は日本軍の強制連行」の百倍も千倍も悪質な、いやもっと怖ろしい“反日の虚偽歴史の偽造”である。

 

関連エントリ

西尾幹二の妄言狂史シリーズ

 

 

1、鳥居民「五十六<非戦の願い>を握りつぶした木戸幸一の私心」『歴史通』二〇一二年九月号。民族系論壇誌は、朝日新聞が自分たちのこれまでの従軍慰安婦報道の嘘と虚報を認め、“ペテン師”吉田清治を初めて嘘つきと断じたこと(二〇一四年八月五日付の同紙)に大はしゃぎである。が、『正論』『WILL』『VOICE』だけでなく歴史読み物に特化した民族系論壇誌『歴史通』は、“第二の吉田清治”こと、歴史の偽造を職業とする、吉田清治と同じ共産党員の鳥居民にすっかり騙されているのを忘れている。『正論』『WILL』『VOICE』『歴史通』に、朝日新聞従軍慰安婦報道の虚報を難詰する資格はあるのだろうか。

2、森山康平の著書タイトルは、『山本五十六 戦争嫌いの司令長官 』(PHP文庫)で、あまりにトンデモ噴飯表現だから、誰でも失笑が止まらない。対米戦争を推進し実行した唯一人の日本海軍高官を、「戦争嫌い」などと逆さに転倒する、森山のような詐欺師表現が許されるなら、「オウムの麻原彰晃は、サリンなど撒いてはいない。殺人などする気など全くないからだ」という狂気の戯言も正常な意見として成り立つ。いつしか日本では、トンデモ執筆者ばかりが軍事出版物の主流を占めるようになった。

 

第一節

1、冨永謙吾『大本営発表〈海軍篇〉』、青潮社、一九五二年。

2、中川八洋連合艦隊司令長官 山本五十六の大罪―亡国の帝国海軍と太平洋戦争の真像』、弓立社、一二八~三二頁。

3、池田清『日本の海軍〈下〉躍進篇』、学研M文庫、三〇一頁。

4、反町栄一『人間山本五十六―元帥の生涯』光和堂、三〇四頁。

5、春山和典『ワシントンの桜の下』、さがみや書店、一〇六~七頁。

6、三輪公忠『隠されたペリーの「白旗」―日米関係のイメージ論的・精神史的研究』、Sophia UP、二四〇~二頁。

7、上掲『山本五十六の大罪』、一四四~六頁。

8、エンターブレイン・ムック『空母決戦の全て -激突! 日米機動部隊-』、二頁。

9、『真珠湾―1941.12.7 アメリカの見たハワイ奇襲作戦 (WWII SERIES DX)』、学習研究社、一六二~三頁。

 

第二節

1、半藤一利「引き返す機会、まだある」『朝日新聞』二〇一四年七月十一日付け。

2、『憲法を変えて戦争へ行こう という世の中にしないための18人の発言』、岩波ブックレット、四七頁。

3、半藤一利聯合艦隊司令長官 山本五十六』、文春文庫、一五七~八頁、一六〇頁。

4、大分県教育委員会『堀悌吉資料集 第一巻』、三五四~六頁。

5、戦史叢書『ハワイ作戦』、八二~一一八頁、

6、半藤一利ほか「なぜ日本人は山本五十六を忘れないのか」『新潮45』二〇一一年一月号、六二頁。尚、これは特集「悲劇の軍人<山本五十六>再発見」の巻頭対談。山本五十六を“悲劇の軍人”とは、編集長の命名だろうが、それにしても冗談も度がすぎる。

 山本五十六の思想と行動は、ヒトラーのそれと同じで、「プレ・ポストモダン」に括られる。山本五十六悲劇の軍人なら、ヒトラー悲劇の総統となるが、『新潮45』は、ゲッベルス気取りの、このような大衆煽動型の嘘宣伝が日本国にとって国家の存立すら危うくする百害あって益なしを自覚できないようだ。

 ポスト・モダンは、一九六八年以降、フーコー/ドウルーズ/デリダらによって理論的に大成されたフランス産の現代思想

7、半藤一利/山本源太郎ほか「山本五十六と五人の参謀 帝國海軍は人事で崩壊した」『週刊文春』二〇一一年十二月二十二日号、一四六頁。

 尚、山本源太郎は、五十六の孫。山本の息子の義正もまともな人間ではないが、この孫の源太郎も血も涙もない非人間の極み。義正の著『父・山本五十六』とともに、いずれ機会があれば、歴史学精神分析学から解剖する。彼らには日本国にも国益にも日本国民の生命に対しても、ひとかけらの感情が無い。サイコパスの血が流れる家系の恐ろしさをまざまざと見せつける。

8、帝国陸軍では、コミュニストソ連工作員が培養され、戦前日本において実態的には巨大な共産党だった。そのソ連工作員は一千名をはるかに越えていたと推定される。瀬島龍三、松村知勝、美山要蔵、服部卓四郎、辻正信、小松原道太郎、酒井鎬次、影佐禎昭、種村佐孝、阿南惟幾、松谷誠、荒尾興功、稲田正純、朝枝繁春など、挙げるときりが無い。

 一方、帝國海軍のソ連工作員は、およらく百~二百名の範囲で、陸軍に比すれば極度に少ない。が、そのほんの一部である表3の四名ぐらいは、知っておくべきだ。

            

表3;帝国海軍内のソ連工作員

 

対米開戦時or終戦時の役職

主な「反日」活動

石川信吾

(開戦時)海軍省軍務局第二課長、海軍大佐、海軍の対米戦争を決定づけていく「第一委員会」を牛耳る。ロンドン軍縮条約からの脱退を旗振ったキー・マン。コミュニスト

“海軍の尾崎秀実”、海軍上層部全体を対米戦争狂に洗脳した立役者。

高木惣吉

(開戦時)海軍省調査課長、海軍大佐、コミュニスト

対米戦争決断ムードを省内に充満させた。

米内光政

(終戦時)海軍大臣、海軍大将。

三国同盟が親ソに大変更されたら、すぐ賛成。

末澤憲政

(終戦時)海軍省軍務局第二課長、海軍大佐

米内・海軍大臣ソ連への逃亡(未遂)の手引き。

9、上掲『新潮45』、五四頁。

10、野村実『天皇・伏見宮と日本海軍』、一六〇頁。

11、西尾幹二真珠湾攻撃に高い道義あり」『正論』二〇一一年十二月号、一六四頁。

 

第三節

1、ゴルシコフ海軍元帥『国家の海洋力』第四章第一節。

 

 

 

中川八洋掲示板は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。