読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中川八洋掲示板

世界の現状は、日本の国家安全保障の危機を加速しています。この急迫の時局において、刻々と変遷激しい国内外の事態を冷静に俯瞰できる力を与えてくれる、大容量の真正の知識こそ、いまの日本人に必要なものです。当ブログは、国際政治学者・中川八洋筑波大学名誉教授の個人ブログです。

日本国民に告ぐ、今こそ諜報機関(JCIA)創設の声を上げよ!!──湯川氏/後藤氏/カサースベ中尉の “惨殺死”を無駄にしてはならない

イスラム国支配地で、後藤健次、湯川遥菜両氏およびヨルダン空軍カサスベ中尉が殺害された。この間の日本外交はまさに醜態の連続で、在外諜報員を持つ諜報機関を持たない日本が、いかに国家の名に価しないかがあらわになった。

後藤/湯川両名を殺害された“未熟児国家”日本の国家再生は、戦時国際法の“復仇reprisal”を旗幟に、「イスラム国」軍事殲滅への参戦を選択すること。

安倍晋三は、軍事的参加をせず、どうやって「テロを許さない」「テロに屈しない」が、できるというのだろう。また、軍事的参加をせずに、日本人二名の生命を奪った犯罪者の“処罰”はできず、テロ犯罪者を無罪放免するのと同じだから、安倍晋三とは、明らかに…

戦時国際法も知らない“外交白痴”安倍晋三の醜態 ──「イスラム国」への敵対宣言をして、“人道援助”だって!?

安倍晋三は、歌舞伎俳優になったかに錯覚しての格好良さの受けを狙った自分の過激なカイロ演説が、「イスラム国」からの報復として湯川遥菜/後藤健次の殺害取引を招くとは予想していなかった。

中川八洋掲示板は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。