中川八洋掲示板

世界の現状は、日本の国家安全保障の危機を加速しています。この急迫の時局において、刻々と変遷激しい国内外の事態を冷静に俯瞰できる力を与えてくれる、大容量の真正の知識こそ、いまの日本人に必要なものです。当ブログは、国際政治学者・中川八洋筑波大学名誉教授の個人ブログです。

新潟県警は、(刑法共謀罪の成立と同時に)鈴木力・燕市長を逮捕せよ!──燕市住民が北朝鮮のVX/サリン弾頭で大量殺戮されるよう「逆・訓練」をした罪は、内閣官房と共謀した“国民虐殺の公権力テロ”

筑波大学名誉教授 中川八洋 北朝鮮の“血塗られた殺人狂”金正恩は(附記)、さる2017年6月7日、次の声明を発した。日頃ブラフばかりがほとんどの北朝鮮・金正恩の言動などいつも「笑止」と聞き流すのだが、稀有にも本音(実際の対日弾道ミサイル戦争計画)を…

「国会は天皇を強制退位させうる」との“天皇制廃止準備法”に様変わりした「今上陛下のご譲位」特例法──共産党員・菅義偉の言いなり、“民族系(=痴呆老人&ゴロツキ集団)のドン”安倍晋三の大罪

筑波大学名誉教授 中 川 八 洋 6月2日の衆議院本会議の光景は、いったい何だ! 6月9日の参議院本会議の光景は、いったい何だ! と、唖然憮然を超えて腰を抜かした正常な日本人は、果して幾人いただろう。 上記の“光景”とは、二千年に亘って天皇を奉戴する世…

“第二共産党”民進党の“真赤な嘘”に洗脳された“スーパー暗愚”高村正彦/茂木敏充──捏造された虚偽事実の特例法「付帯決議」なら、天皇・皇室制度は不可避に解体的消滅の危機に陥る

筑波大学名誉教授 中 川 八 洋 さる5月26日、自民党・公明党は、“今上陛下の生前ご譲位”に関わる皇室典範特例法案の国会審議に便乗して民進党が突き付けた、“天皇制度の廃止or消滅の特効薬”「女性宮家創設の、国会審議」というコミンテルン共産革命に屈して…

眞子内親王殿下のご婚約を政治利用する民進党の女性宮家の叫びは、非人間の極みで残忍な人権蹂躙 ──治安維持法を復活し“第二共産党”民進党の野田佳彦を懲役十年に

筑波大学名誉教授 中 川 八 洋 秋篠宮家の眞子内親王殿下のご婚約について、その水面下の準備初期段階が、突然5月17日にリークされた。むろん、“今上陛下のご譲位”に関わる特例法の「5月19日閣議決定」を見据えて、女性宮家創設を民進党に発破をかけるべく、…

特例法に潜む重大な“皇室典範第11条第2項違反”を看過してよいか──自動的に受禅・践祚される現・皇太子殿下を二ランク低い「皇嗣」に扱うのは、特例法が“天皇制廃止の自爆装置”だからだ

筑波大学名誉教授 中 川 八 洋 今上陛下の生前ご譲位に伴い、拙速で起草された皇室典範特例法は、①杜撰と②不敬が全編の基調となっているばかりか、③天皇制廃止革命の自爆装置がふんだんに潜む危険なトンデモ法案になっている。それなのに、こんな特例法を安…

日本の国防をより悪化させ&日本国民の倫理道徳をより退廃させる、“安倍晋三デタラメ九条いじり”の禍根と害毒

筑波大学名誉教授 中 川 八 洋 安倍晋三の“スーパーお馬鹿ぶり”は、ますます露骨あらわになってきた。が、政界における「自民党に人なし、競争政党もなし」の現況に助けられて、人気については下降する気配はない。安倍晋三が、選挙で(議員数の約三分の二を…

天皇制廃止に狂奔する“極左”民進党を、特例法審議から排除せよ──今上陛下のご譲位を先例にしないが皇統護持の絶対条件

「天皇陛下の“ご譲位”に関する皇室典範特例法の骨子」が、4月27日に発表された。一読して驚くべきことは、天皇制度廃止の共産党革命用語「退位」が用いられ、今後、天皇に対して「退位」を強制して天皇制度廃止を実現する共産日本への道が国会決議で可能とな…

東京に約30発の化学弾頭を投下する金正恩の北朝鮮 ──都民は防毒マスクを購入・常備せよ、地下鉄は全駅員に支給せよ!

対日用の北朝鮮ノドン弾道ミサイル約300基すべての弾頭には、核弾頭がまだ一発も装着されていないと仮定すれば、サリンかVXかの神経ガスが装填されている。それを、安倍晋三の4月13日の国会答弁のように、あろうことか「能力を有している可能性がある」とは…

“豚鼻の共産党員”御厨貴は、妄執の天皇制廃止狂

御厨貴は、共産党員で過激な天皇制廃止狂の三谷太一郎を恩師のように私淑しているし、“平成の天皇制廃止狂教団”の教祖・園部逸夫とも特段に昵懇である。『園部逸夫オーラル・ヒストリー』(2006年、2013年に法律文化社)の著者は御厨貴である。

“奇怪な称号”「秋篠宮皇嗣殿下」は、天皇制度の完全消滅を狙い、“皇太子の不在”を目的とした“悪魔の策謀”

「皇弟」となられる秋篠宮文仁親王殿下を「皇太子」にもしない/「皇太弟」にもしないという、我が国二千年にわたる皇位継承法の一般規則に違背する異常な“反・伝統の珍妙な制度”が創られようとしている。それが、唖然とせざるを得ない“奇々怪々な称号”「秋篠…

秋篠宮殿下を「皇太弟」とせず「皇太子待遇」としたのは、女性皇太子と女系天皇創りの策謀──共産党員・御厨貴が過激な天皇制廃止狂徒なのも忘れた、皇統護持の精神を喪失した日本人

皇太子・徳仁親王殿下の践祚・即位に伴い、秋篠宮文仁親王殿下が「皇太弟」になられるが、古来からのこの言葉通りに「皇太弟」としないのはなぜか。即ち、「皇太弟ではない」「皇太子ではない」を意味する珍奇で異様な言葉「皇太子待遇」をでっち上げたのは…

“皇統断絶の妙薬”「養子論」を教宣する百地章の「犯意」 ──明治期の宮家皇族間の養子を除き、皇統史に養子の例はゼロ

百地章が常日頃なす「女系天皇反対」「女性宮家反対」アッピールは、彼の心にもない、自己売名の商売用言辞。こんな二枚舌男の百地章だから、奇妙奇天烈な主張をする。女系天皇に直結する「養子論」のことだ。

“法の支配”を蹂躙し、皇室典範を冒瀆し、憲法に違背する、“エセ宮家”「女性宮家」を創設すれば、十年を経ずして日本国の天皇制度は雲散霧消的に完全消滅する

野田佳彦は、2011年9月に総理になるや、11月には「皇室典範大改悪準備室」を再稼働させ、女性宮家創設による天皇制廃止革命に着手した。2012年2月から開始された女性宮家に関する有識者ヒアリングの出席者は、ほとんどが共産党系や北朝鮮人ばかりだった。

緊急「特別ゼミ」開催のお知らせ

(テーマ)皇室典範が全面破壊され天皇制度の自然消滅が必至となる、「大島理森・特例法要綱」をどう阻止・粉砕するか 【概要】 3月17日、大島理森氏ら衆参の議長・副議長は、「生前ご譲位」の、今上陛下の御諚(ごじょう、昨年8月)を受けて与野党の意見を…

皇室典範の破壊を狙う“天皇制廃止狂”石破茂の変装術 ──本籍の共産党と幸徳秋水型アナーキストの間をぶれる“怪面”石破茂

石破茂の人格にはマジメさや誠実さは何一つない。今上陛下の「生前ご譲位」という国難的問題に、小林よしのりの漫画を参考にする不届き性は、この一つ。しかも、小林の『新・天皇論』については、余りに間違い・誤謬が多いので、それを糺した本があるが(備…

皇室典範は、日本国憲法に優越する“上位の法” ──大原理“法の支配”に従い、明文憲法は皇位に“規制(制限)”される

皇室典範は、単なる皇位継承法ではない。それは2000年間も連続した125代に亘る天皇の皇位継承の歴史と伝統に依拠している一般規則である以上、“法の中の法”で、故にいかなる明文憲法も、これに従わなければならない。

“生前ご譲位”は、皇位断絶への危険な一里塚 ──安倍・自民党は、天皇制廃止の民進党を立法から排除せよ

民進党が、皇位問題に関する立法に関与してはならないのは、関与できる資格をいっさい有さないからで、当然のこと。民進党は、“世襲の忠誠義務”を果していないだけではなく、民進党には“世襲の忠誠義務”を果す資格が初めから存在していない。

KGB第一総局の操り人形・安倍晋三の対ロ祖国叛逆外交 ──“ロシア対日工作のSVR首魁”ナルイシキンと昵懇の安倍晋三

筑波大学名誉教授 中 川 八 洋 (本稿は2016年9月24日の上梓だが、ブログ掲示を忘れていた。内容は何ら古くなっていない。重要性も何ら変わっていない。賞味期限がない論稿だから、半年前のだが掲示する。) 安倍晋三は、大東亜戦争の大敗北で日本を“この世…

北方四島からロシア軍の完全撤兵を要求せずば、対ロ割譲の意思表示──プーチンに主権譲渡を闡明した安倍晋三の大犯罪

筑波大学名誉教授 中 川 八 洋 本稿では、2016年11月19日ペルー・リマで、安倍晋三がプーチンに発した“恐るべき発言”を考察する。秘匿されていた「11・19」会談内容をマスメディアが完全掌握した12月末にすぐ上梓すべき稿だから、丸二カ月も遅れたことになる…

フリン大統領補佐官を辞任させたローガン法を日本も大至急制定しよう──前田匡史/鈴木宗男/森喜朗を手っ取り早く懲役三年に処すに、この法律に学ばない手はない

トランプ大統領の最側近マイケル・フリン大統領補佐官が、2月13日に辞任した。米国はもちろん、他の自由社会諸国家の国益を守ることにおいて、“親ロ派”フリン&ティラーソン国務長官の二人を叩き出すのは、健全な愛国心からも正当である。

安倍晋三よ、日米安保条約「双務化」改訂をトランプ大統領と今直ぐ交渉せよ──岸信介“悲願の遺言”をポイ捨てする安倍晋三

筑波大学名誉教授 中 川 八 洋 2016年の選挙中、トランプ大統領は、“世界最悪の堕落民族”となった体たらく日本人のため、日本国民なら必ず最優先的になせねばならない最重要国策を喚起してくれた。彼はこう言った。「米国は日本を防衛する義務があるが、日本…

トランプ大統領への協力優先は日本の国益──幣原喜重郎の対米協調主義の転覆が日本破滅となった苦い歴史の教訓

筑波大学名誉教授 中 川 八 洋 さる1月21日早朝(ワシントン時間1月20日)、トランプ大統領の就任演説を視聴しながら脳裏に浮かんだ事柄を、粗暴なトランプ旋風に慌てふためく日本人に冷静さを覚醒させるべく、以下に纏めておく。米国大統領の就任演説につい…

精神分裂病の狂気がさらに進む西尾幹二 ──“歴史の偽造屋”西尾幹二の妄言狂史(35)

西尾幹二は、少年期より誇大妄想の精神分裂病を発症していたから、同類のニーチェの作品に共振し、その翻訳家になった。ニーチェがストリンドベリに親近感を懐いたように、精神分裂病は同病者同士が群れることもその顕著な症状の一つ。

空母「遼寧」が尖閣・沖縄本島の南を横切ったが、「軽空母四隻を直ちに建造する」と声明しない“反・国防主義”安倍晋三の異常と“死に体”日本

筑波大学名誉教授 中 川 八 洋 (本稿は、2016年9月にupした「尖閣を中共に貢ぐ“口先男”安倍晋三の反・国防主義」の続きである) 昨年12月22日、中共の六万㌧空母「遼寧」が、訓練中の大連・旅順港のある渤海湾を出て、二隻の駆逐艦と二隻のフリゲート艦を従…

「釜山・少女像」は、嘘歴史を日韓合意した安倍外交の破綻 ──国家の安全と名誉を平然と毀損する愛国心なき“幼児”安倍晋三

安倍晋三政権は1月6日、釜山の日本総領事館前の公道に設置された従軍慰安婦の少女像を直ちに撤去しない韓国政府に“不快(遺憾)の意”を伝えるべく、長嶺安政・駐韓大使の一時召還(帰国)を決定した。安倍晋三は、一年前の自分のトンデモ対韓外交と嘘歴史の…

プーチンと抱き合った森喜朗のシベリア追放は焦眉の急! ──or日本領土を対ロ献上する“ロシア産ゴリラ(森喜朗)”は殺処分する?

2016年12月16日夕方に安倍総理が開催したプーチン歓迎パーティで、森喜朗はプーチンに駆け寄るや抱きついて熱いハグを交わしていた。北方領土の対ロ全島割譲論を本心とし、「骨の髄までロシア人です」と明言しているロスケの森喜朗に対ロ外交をさせていいわ…

国後・択捉島ほか旧島民を騙した“反・道徳男”安倍晋三 ──旧島民をプーチンに面会させない安倍晋三の旧島民封殺の“極悪性”

安倍晋三は、プーチンに会う三日前の12月12日午前中、歯舞色丹だけでなく、国後・択捉島の旧島民とも面談し、その要求「故郷に帰りたい」に対して「頑張ります」と誓っている。つまり安倍晋三は、生来の大嘘吐きのゴロツキである本性を発揮し、国後・択捉島…

検察は、安倍晋三を刑法・外患罪で逮捕し懲役十年を課せ ──“妄想病の幼児”安倍晋三は、「主権(領土)割譲」の大犯罪者

安倍晋三の「12.16北方領土のロシアへの割譲合意(=北方領土主権譲渡合意)」は、刑法・外患罪を厳正に適用すべきである。具体的には安倍晋三を逮捕・起訴し、第81条/第88条の外患誘致予備罪ならびに第82条/第88条の外患援助予備罪において、死刑を含む最低…

連載「“歴史の偽造屋”西尾幹二の妄言狂史」のお知らせ

標記「“歴史の偽造屋”西尾幹二の妄言狂史」について、これを全四巻の著書として発刊すべく、現在、中川先生は鋭意、編集作業に取り掛かっています。タイトルは、主が『西尾幹二の研究』、副が『《歴史の偽造》教祖の日本国廃滅思想』です。当初予定では中川…

安倍晋三よ、プーチンに「日ソ共同宣言」の廃棄を通告せよ ──“無交渉・無条約”策に徹する時、ロシアは北方領土を全面返還する

1956年の河野一郎、1973年の田中角栄、1980年代の「安倍晋太郎→小沢一郎」、2013年4月からの安倍晋三が、我が国の対ロ外交を全面破壊した。この情況にあって、日本の対ロ外交を再建する方策は、一度原点に戻ってリセットするほかない。すなわち、1954年12月…

満洲でロシア兵が殺戮した日本人婦女子20万人の地獄に涙しない“非人間”安倍晋三の冷酷非道さは、どこから?──安倍のプーチン歓待は、“国際法”「領土は、道徳&《人間の尊厳》のシェルター」を蹂躙する“悪魔の祖先冒瀆” 

日本とは軍事同盟国ではないが、「日本の大東亜戦争中の友好国」ロシアは、ポ宣言の加盟国でありながら、ポツダム宣言の履行などまったくどこ吹く風と無視した。“一般邦人の早期引き揚げや軍人・軍属の早期復員”に違背し、前者についてはいっさいせず、後者…

プーチンのウクライナ侵略を熱烈支持する安倍晋三の狂気(“スーパー無法”主義)はどこから?──対ロシア経済制裁の全面無視は、国際社会への凶悪サボタージュ

プーチン大統領に告ぐ! 12月16日、貴官の“忠犬”(名前は「ポチ」ではなく、「シンゾウ」)を日本に捨て忘れることがくれぐれもなきよう、必ずロシアに連れて帰って頂きたい。日本国は、法律上の不備から対ロ売国“犬”「安倍晋三」を危険な有害生物として殺処…

北方領土の対日侵攻軍事基地化をプーチンに了解した“役に立つ白痴idiot”安倍晋三の祖国割譲大犯罪

猛禽プーチンが、日本の政界に張り巡らした“蜘蛛の巣”にかかった“役に立つ白痴”安倍晋三を骨の髄まで喰らい尽すことは自明。日本国滅亡のロープ「八項目極東シベリア経済協力」を日本側の方から献上する“役に立つ白痴”安倍晋三は今、プーチンの放った毒蜘蛛…

日ロ長門会談を中止せよ、「八項目経済協力」を撤回せよ、「ビザなし交流」を全廃せよ──安倍晋三は、愛国心を取り戻す時

プーチンが「安倍は馬鹿だ」と指摘したように、確かに安倍晋三は、日本国民を騙している。安倍晋三の対ロ交渉はすべて、1997~8年の橋本龍太郎が大敗北した対エリツィン交渉をそのまま踏襲した“二十年前の古いアプローチ”である。つまり、安倍は、“二十年前…

プーチンに騙され“祖国叛逆の領土割譲”に狂奔した安倍晋三は、刑法・外患罪の重大犯罪者

日本時間で11月20日午前中(ペルーのリマ時間で11月19日午後)のテレビ報道の画面で、安倍晋三の顔をみた多くの日本人は、「安倍晋三が、《プーチンに三年九ヶ月間も騙され続けていた自分》に、やっと気が付いた」ことを確信した。安倍晋三への軽蔑が、日本…

安倍晋三よ、直ぐにリトアニアに飛び防衛協力協定を協議し、トランプ・プーチン関係に楔を打ち“分断”せよ! ──12・15日露会談を中止し、日本が世界を“ロシア包囲”に主導する時

トランプの対外政策で、我が国にとっても、世界にとっても、“重大な危険”を漂わせているものが一つある。トランプのロシアとの関係である。トランプのプーチンとの異様な蜜月ムードの事である。トランプのロシア観は、日本にとって、ヨーロッパにとって、中…

トランプ大統領と日本の《国防第一(ストロング・ジャパン)》への大転換が、太平洋の平和に貢献する──安倍晋三よ、軽空母4隻と原潜4隻を直ちに米国に発注せよ。これが真の日米同盟の絆だ!

同盟とは、言葉 wordsで強化することはできない。行動actionsでその絆の強靭さを堅持していくものであり、汗と血をともに流す行動や覚悟こそが、同盟の本性である。日本の国防は、「一に自前の軍事力、二に米国との同盟」である原点を回復しようではないか。…

“猛毒の細菌”「領土放棄病」を撒布する“史上最凶のロシア工作員”岩下明裕

ゲッベルスを超える天才プロパガンディスト岩下明裕のオリジナル造語は、二つある。第一が“固有の領土奪還”や“固有の領土死守”という正常な国家の行動や思考を転倒させて“病気”だと詰る、正常や健康を異常や病気に摩り替える「領土病」。第二の岩下造語は、“…

日本人を領土無き地球放浪者にする“悪魔語”「国境画定」 ──“プーチンの犬”安倍晋三の対ロ政策は、ロシアの対日侵略誘導策

12月15日、ロシアから“侵略の皇帝”プーチン大統領が下関にやってくる。この時、安倍晋三は、極東シベリア対日侵攻基地づくり費「1兆7千億円」を、満洲や樺太などあらん限りに侵略した“対日侵略の帝国”ロシアに、叩頭して貢ぐ(『朝日新聞』10月27日付け)。…

日本は“有人月面着陸”を決断し実行する他ない ──日本の産業は、技術革新の大躍進を見出せなければ空洞化が必至

筑波大学名誉教授 中 川 八 洋 (本稿は、本ブログ10月14日付け「日本経済を破壊するアベノミクス」で言及した「日本経済を起死回生するための技術革新をどうするか」の部分について、若干の補足である)。 1995年9月に逝った“盟友”曽野明を思い出す昨今 隣…

新潟知事選で“脱原発派”に敗北は安倍晋三が元凶 ──“脱・原発狂”菅義偉に操られる安倍晋三の“二枚舌”が破綻した!

筑波大学名誉教授 中 川 八 洋 安倍晋三は、“二枚舌”が得意の滑舌芸人型政治家である。この特技をもって、“俺様の天性の有権者人気取り(=騙し)術の何と優れたことか”と自負し、ナルシシズム的に自分に惚れ惚れしている幼児タイプ政治家でもある。が“二枚…

安倍晋三よ、“経済破壊のA級戦犯”黒田・日銀総裁の首を斬れ!──日本経済の発展基盤を破壊した「アベノミクス」の大害毒

筑波大学名誉教授 中 川 八 洋 さる9月26日の安倍晋三・首相の所信表明演説を聴いて思わず、ため息を吐いた。総理になってほぼ四年、軽佻浮薄な言葉を連発する安倍晋三の、やたらに薔薇色のムードばかりを振り撒く詐欺師的な無責任性は、益々ひどくなってい…

(1950年6月の)朝鮮戦争型で奇襲される“無防備”日本 ──“反・国防主義”安倍を退陣させ、“国防第一”総理の民間起用を急げ

現実直視すべきは、核弾頭を2016年に完成させた北朝鮮が、1993年から二十三年間、国民挙げて食うや食わずで生産し続けてすでに数百基も備蓄配備している対日用ノドン弾道ミサイルを、皇居を筆頭ターゲットに東京に投下しない理由など全く存在しないこと。必…

北朝鮮“制裁ごっこ”から卒業せよ!日本の安全・生存は、核兵器製造/弾道ミサイルへの先制破壊力の即時配備だ ──第二次世界大戦前夜の国際連盟イタリア制裁の愚行を繰り返す日本

経済制裁は、侵略国の侵略態勢強化をいささかも減殺しない。すなわち、対北朝鮮経済制裁で、北朝鮮が対日核攻撃の戦力構築を断念すると考えた日本の総理大臣は、魚がいない湖で釣り糸を垂れ網を十年間も投げ続けている狂人漁師と同種である。

尖閣を中共に貢ぐ“口先男”安倍晋三の反・国防主義 ──安倍晋三とは、(2020年以降)日本が中ロの侵略で断末魔を迎えても「俺の知ったことか」の、長期政権の権力の座がすべての“自己チュー幼児”

筑波大学名誉教授 中 川 八 洋 中露が、2016年9月12日、南シナ海(海南島の南方、湛江の東)で合同海軍演習をおっぱじめた。中共からは駆逐艦・潜水艦十隻/戦闘機十九機、ロシアからは五隻の軍艦とヘリ二機。南シナ海で中ロが、対潜水艦戦と島嶼上陸を実践的…

「人種差別から《非核三原則》を国会決議した米国大統領は、佐藤栄作」──“歴史の偽造屋”西尾幹二の妄言狂史(34)

西尾幹二は、日本こそが国策「非核三原則」を振りかざして禁止した日米間「核シェアリング」の不在を、「米国が、日本人に対する人種差別からしないのだ」と、米国にヤクザまがいの言いがかりや難癖をつけている。

日本は“理想国”北朝鮮に学びIAEAを脱退し“真正の独立国家”になれ──“歴史の偽造屋”西尾幹二の妄言狂史33

筑波大学名誉教授 中 川 八 洋 『撃論』第三号97頁の拙稿で、私は次のように書いた。 また、西尾幹二の「IAEA体制から脱退すれば、日本が独立する」など、チンプンカンプンで意味がわからない。「IAEAが独立を阻害する」なら、IAEA加盟国の、核武装国家のイ…

“詐言師”伊藤貫の真赤な嘘話が大好きな、“精神分裂病作家”西尾幹二──“歴史の偽造屋”西尾幹二の妄言狂史32

筑波大学名誉教授 中 川 八 洋 西尾幹二は、少年の頃から、オウム真理教の麻原彰晃などと同種の精神病から、自らを「神」であるかに狂妄する根深く暗い狂気を抱えて今日に至っている。西尾幹二を蝕む精神異常は、商業月刊誌『WiLL』2011年7月号&8月号におけ…

ヒトラー系“病人殺戮狂”西尾幹二は、相模原19名殺人・精神分裂病男の親族──“歴史の偽造屋”西尾幹二の妄言狂史30

筑波大学名誉教授 中 川 八 洋 相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」における19名という大量殺人事件(加えて26名が重軽傷)は、衝撃を日本中に走らせた。そして、新聞やテレビは、何時ものごとく、ワン・パタ-ンの「警察は事前に、犯人である精神…

ロシア/中共の対日核戦力大増強に“脳天気”日本 ──米国に核抑止力増強を要請し、米国核兵器の搬入を急げ!

筑波大学名誉教授 中 川 八 洋 本稿は、紙幅が長くなりすぎたので中途で割愛した前稿「広島訪問のオバマ大統領は、“非・米”の野蛮人」第二節を独立させた論稿である。前稿「広島訪問のオバマ大統領は、“非・米”の野蛮人」に連続した論稿として一緒に読まれる…

中川八洋掲示板は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。