中川八洋掲示板

世界の現状は、日本の国家安全保障の危機を加速しています。この急迫の時局において、刻々と変遷激しい国内外の事態を冷静に俯瞰できる力を与えてくれる、大容量の真正の知識こそ、いまの日本人に必要なものです。当ブログは、国際政治学者・中川八洋筑波大学名誉教授の個人ブログです。

邪馬台国・九州説は、「天皇制廃止」の極左運動 ──講座「日本は、古代史を歴史学的に再建できるか」の開催お知らせ

中川八洋「特別ゼミ」事務局長   吉田 寿太郎

 大東亜戦争軍事史・戦史・外交史に関しては“斯界の権威”で歴史家としても突出して我が国ナンバー・ワンの中川先生が、この度、古代史or古代史学界に対し本格的なメスを入れることになりました。学派的には中川先生は、坂本太郎博士(東大教授、1945年~62年)を私淑する坂本太郎史学の系譜にあります。内藤湖南(虎次郎、京都帝大教授)の流れにあるともいえましょう。むろん古代史に関し中川先生は、ヒストリアンではなく、敢えて言えば「古代史学界の学説史/学術的方法論」の研究者です。

 日本の古代史学界は今、考古学者に簒奪されて、学問的には歴史学ではなくなっているのが実情です。考古学は歴史学を補完するもので、決して歴史学にとって代わることはできません。が、1990年代以降の日本では、歴史学としての古代史は徹底的に破壊尽されて不在となったと言えます。  

 そればかりか、支那史料を崇拝・狂信しこれを絶対視して、我が国の史書『古事記』『日本書紀』を完全抹殺しているのは、日本の古代史学界が学術的な活動ではなく、“記紀つぶし=天皇制廃止”の政治闘争・イデオロギー運動に専念していることの証左です。「日本の古代史は、コミュニストに占領された/マルクス史観で全面的に捏造されている」と深く憂慮して、古代史を日本国民の手に取り戻そうと人生を賭した肥後和男博士東京教育大学教授、1943~63年)の無念を、われわれはもう一度嚙みしめる必要があるように思います。しかも、現在の惨たる情況は、肥後和男時代の数千倍、数万倍も悪化しています。戦後日本の古代史を、コミュニストの政治闘争の道具に貶めた元凶・津田左右吉史学井上光貞らの害毒から救出することは、日本国の歴史を護るための焦眉の急と言えます。  

 また、上代語ともいわれる弥生時代から八世紀までの日本語(和語)に忠実であることが古代史を政治闘争から学問に戻す最低条件ですが、中川八洋先生は、“和語の復権”に並々ならぬ情熱を傾けています。中川先生の書庫には、「文字及び仮名遣の研究」「国語音韻の研究」「上代語の研究」『橋本進吉博士著作集』第三冊/第四冊/第五冊、岩波書店、1949年/1959年/1951年や、『古事記大成3 言語文字篇』、平凡社、1957年などが並んでいるのは、この一環でしょう。  

 ともあれ、この講座「日本は、古代史を歴史学的に再建できるか」の第一回「特別ゼミ」を、来る2月17日(土曜日)午前11時半から二時間半、通しで(休憩ゼロ分、ホテル製の昼食はゼミ中、中川先生は昼食抜き)、都内のホテルで開催します。参加希望の方は、私宛、2月3日午後5時までに、「氏名、生年月日、住所、固定電話番号、卒業大学・学部名」を明記の上、以下のメールアドレス宛てにご連絡ください。

 

nakagawamagazine@gmail.com

 

 希望された方には直ちに「入ゼミ申し込み書」を郵送いたします。

(1月28日記)

 

 

【第一回ゼミのモチーフ】  

 本講座『日本は、古代史を歴史学的に再建できるか』は、三回を予定しています。第二回/第三回は、1991年の昭和天皇崩御を機に大量に発刊された、(大学教授の肩書の有るものが著者の、よく売れている)古代史関連の出版物約150冊を俎上に挙げて、その“非・歴史学性”“政治運動文書性”を一刀両断に解剖していきます。むろん、例えば、西郷信綱の『詩の発生』(1960年)など1991年以前のものでも重要なものは脱漏することなく言及する予定です。  

 今般の第一回は、この第二/三回の入門的なものですが、「古代史の歴史学とはどうあるべきか」の根本を明らかにすべく、具体的に事例として今日の「邪馬台国・九州説」をとりあげます。それは、戦前の「白鳥庫吉内藤湖南の論争」のような学術的な性格のものを失い、露わな“反・歴史学”が顕著です。このような「邪馬台国・九州説」の“反・歴史学”性を証明するために、いくつかの仮定を設けます。ほんの一部を以下に紹介しておきます。

1、「卑弥呼」を第7代孝霊天皇の皇女「ももそひめのみこと」に比定する。「ももそひめのみこと」が神宮の斎宮に就かれたのは紀元後186年、その薨去は247年。当時は、天皇(おおきみ)の政庁と神宮とは、同じ皇居内に建立。神宮の方が政庁より巨大建物?

 また、天皇の大権は、しばしば神宮の斎宮に移行していた。天皇斎宮とは実の姉弟の関係が多かった。「ももそひめのみこと=卑弥呼」の陵が、現在の奈良県桜井市の箸墓。

2、第10代崇神天皇の即位は246年、崩御は258年。神宮を初めて皇居の外三輪山の麓)に遷御。

3、「台与」を崇神天皇の皇女「とよすきいりびめのみこと」に比定する。その神宮斎宮就任を252年に仮定する。すでに皇居外に移動していた神宮の斎宮であるのに外交権を掌握しており、266年、晋に朝貢。この時の御代は、弟の垂仁天皇

4、第11代垂仁天皇は、神宮の斎宮を「とよすきいりびめのみこと」を、自らの皇女「やまとひめのみこと」に交替させて、神宮を奈良県大和盆地から遠方の伊勢に遷御。紀元後297年。これにより、天皇が内政・軍事・外交の大権すべてを掌握。天照大神も「天下のきみ」から、太陽神に限定。

5、纏向遺跡は、紀元後180年に、第7代孝霊天皇が造営した皇居か? 現在の発掘を天理市側の「やなぎもと」一帯まで広げれば、現在の二倍程度になるではないか。そうすれば、皇居内で北側に天皇の御所・政庁、南側に斎宮の宮室と神宮の全貌が明らかになる?

6、後漢書の「107年の・・・師升」を第四代・懿徳天皇or第五代・孝昭天皇に比定する。とすれば神武天皇の即位は、紀元後20年頃か? 『日本書紀』の神武天皇は「はじめてあまのしたしらす すめらみこと」と訓むべきで、「最初の天皇」と言う意味。一方、崇神天皇は「はつくにしらす すめらみこと」と訓み、「初めて国家の天下統一をした天皇」と言う意味。

 上記に挙げた仮定の歴史年表を、私は「これが、正しい」などと主張する積りは毛頭ありません。ただ、「邪馬台国・九州説」「邪馬台国の東遷説」と詳細に比較をして、後者がいかに荒唐無稽な思い付きの羅列に過ぎないかor歴史学的な根拠薄弱も度が過ぎる詭弁/強弁だらけか、を明らかにしたいのです。この一つのケース・スタディから、「古代史の歴史学とは、非・合理的根拠が相対的に少ない方をもって確定していく作業」「古事記日本書紀が基本史書である」ことを学んで欲しいのです。

 ともあれ、この講座第一回では、邪馬台国問題のケース・スタディのほか、津田左右吉井上光貞、直木孝次郎らの学説を俎上にあげクリティークしていきます。参加者は『古事記』の初代・神武天皇から第十二代・景行天皇までを読んできて下さい。もし時間がある方は、奈良県桜井市箸墓古墳纏向遺跡を見学されてはいかがでしょう。

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

文在寅・韓国大統領の従軍慰安婦「日韓合意」ポイ捨ては正しい。この破棄をしない安倍晋三こそ“スーパー国賊”。 ──“民族の歴史真実”は至高であり、国家は歴史を外交してはならない

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

 いよいよ、平昌冬季オリンピックの開催が近づいてきた。韓国では、北朝鮮の参加の是非と合同チーム(女子アイスホッケー)問題で、国論は真っ二つ。韓国内でのゴタゴタは、まさに「隣の不幸は、鴨の味」だから、日本の国益にプラス。日本人は、お酒でも飲みながら見学していればいい。

 しかも、金正恩に媚を売るべくオリンピック参加を誘った文在寅の、独断的な自国叛逆行為によって、多くの日本人は、文在寅の両親が朝鮮戦争の時に戦火を逃れ南に逃亡してきた純血の北朝鮮人である事実を思い出した。また、文在寅が(自主的なor指揮下にある)北朝鮮スパイの可能性が高いことも思い出した。日本にとって、好いことづくめだ。

 北朝鮮平昌オリンピック参加で日本に裨益した問題は、これらに限らない。決定的に最高の教訓を与えてくれた。だが、これが実は日本人の深刻な問題なのだが、信じがたいことに、日本でこの教訓を論じるものが皆無。マスコミ報道は記事一つも論評一つも無い。

続きを読む

“論壇の暴力団”西尾幹二の弁護士は、同類の“犯罪”常習弁護士──“歴史の偽造屋”西尾幹二の妄言狂史(37)

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 故・谷沢永一氏は、人間観察力の達人であった。私はしばしば、谷沢氏から「人間力を磨け!」と注意された。そんな谷沢永一氏が1990年代後半、西尾幹二共産主義者で“極左”だと激しく怒っていた。私は、西尾幹二ニーチェヒトラー狂の廃墟主義アナーキズムの“極左”だと、政治思想の専門家として診断していたし、西尾幹二が“共産党に媚を売る”“計算づくめの共産党シンパ”なのも知っていたので、谷沢氏の「共産主義者」は学術的には正確でないと思いつつも、“極左”に括るとは「さすが」だと感心した。なぜなら、世間では、西尾幹二を、あろうことか「保守」と逆さに錯覚する度外れの勘違い屋がごまんといる中で、谷沢氏の炯眼はひときわ光っていた。  

 谷沢氏の無二の親友だった故・渡部昇一氏は、ほとんど他人を非難しない穏かな人柄だったが、1990年代前半、二、三度ぽつりと静かに、「西尾幹二は“噛みつき狂犬”の暴力団のような人格で、自分は口もききたくない」と漏らすことがあった。1990年代を通じて私は、小学校一年生時の夏休みの宿題でやった「朝顔の成長観察」と同じく、西尾幹二の異様な「ショービニスムの反米ドグマ」をじっくりと観察中だったので、黙って聞き流した。要するに、谷沢氏は西尾幹二の思想を、渡部氏は西尾幹二の人格を、私に教示して諭そうとしたのである。  

 西尾幹二の本性が“ごろつき”だとは見抜いていたが、実際はそれ以上で、異常な「“噛みつき狂犬”の暴力団」だと納得したのは2002年夏だった。この時、西尾幹二の狂気の思想を研究してばかりせず、渡部氏の注意にもっと耳を傾け、日頃は狡猾に隠して表に見せない西尾幹二の凶暴な人格の方も観察する人間力をもつべきだったと反省した。また、渡部昇一氏は酔った西尾幹二を知らないが、私は、酔った西尾幹二の形相が狂犬病の狂犬顔になり、他人を睨みつけながら「うっー」と唸る光景を何度も見ている。渡部昇一氏の方が、人間力に関する限り、私より上のようだ。

ペテン師評論だけで名を成したのは、“論壇の暴力団”としてアコギな裏工作を執拗に展開した成果

 西尾幹二の著作すべてに通じるが、学術性が全くない。これが西尾の一大特性だろう。大学教授に要求される学的知識もまったくない無教養ぶりを恥じずに、やったらめったら、思いつくままに書き殴っているだけの粗悪品の乱造。竹山道雄/林健太郎/福田恒存ほか保守系知識人の作品と本質的に異なっているのは一目瞭然。  

 こんな代物で、“平成の民族系(「保守」ではない)論壇”の大ボスに伸し上ったのは、教科書運動と『国民の歴史』のベストセラーだけではありえない。論壇の裏で自分を批判する者を執拗に追い落とす、過激な“論壇の暴力団”としての前代未聞の論壇工作の成果である。論壇の渦中にいない者でも、大人の常識があれば推定できよう。  

 現在でも坦々塾に集う面々は、北朝鮮人を中核に、森友学園籠池泰典よりはるかにいかがわしいものが多い。産経新聞社やそれ以外の西尾幹二の交友関係や人脈を辿れば、明らかに北朝鮮人の暴力団と思しき者がふんだんに出てくる。“論壇の暴力団組長”西尾幹二が醸し出す暴力団性の必然だろう。  

 このことの一端は、西尾幹二の弁護士たちも如実に証明してくれる。実名を挙げると、野中信敬安田修川見友康の三弁護士である。野中や川見は、誰が見ても外見においてヤクザとしか思えない。彼らがいかに“論壇の暴力団西尾幹二と同類であるかは、縷々説明するまでもなく、日弁連の次の処分を一読すればすぐに理解できよう。類は類を呼ぶ。西尾幹二の犯罪者性において、西尾幹二の周辺は“犯罪”常習者ばかりが集まる駐屯地になっているということ。

f:id:nakagawayatsuhiro:20180115141816p:plain

『自由と正義』2016年5月号、89頁。

ワック社社長・鈴木隆一は、“不敬の狂書”『皇太子さまへの御忠言』の責任をとって皇居前広場で自死決行か?──“歴史の偽造屋”西尾幹二の妄言狂史(36) 

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋  

 刑法から不敬罪が、終戦後のどさくさで削除された。この削除の主導者は、本当にGHQなのか、実際は日本側でないのか、の真相解明の論文が一本もない。日本側が実態上の主犯なのに、「GHQが主導し、日本側はやむなく」とその責任をGHQに転嫁したのが、真相ではないだろうか。  

 が、このような削除に至る歴史経緯の解明は、問題としては二の次であろう。なぜなら、問題の第一は、GHQが消滅した1952年4月末以降に直ぐ、日本はなぜ、この刑法不敬罪を復活しなかったのかの方だからである。以来、すでに六十五年以上の歳月が経つ。が、刑法不敬罪の刑法への復活問題は、運動も起きないし、私一人を除いて声すら全くない。

 安倍晋三は、「戦後レジームの脱却」などと、心にもない真赤な選挙用嘘宣伝に勤しむ。が、むろん“口先男”安倍晋三の頭の中には、「戦後レジームの脱却」などつゆほども存在しない。GHQの消滅以前から日本国民の大多数が悲願とした、「戦後レジームの脱却」の筆頭「“GHQの置き土産”憲法第九条を破棄して、主権国家の精髄たる国防軍設置を明記しよう」すら、安倍晋三はボロ雑巾のようにポイ捨てしたのは、この何よりもの証拠。

絶版は当然。ワック社の閉鎖も当然。鈴木隆一の責任の取り方は自死するか否か。

 戦後日本における不敬事件は、論壇に限って言えば、四つある。第一は『中央公論』誌上の「風流夢譚」事件。第二が花田紀凱北朝鮮人、地球放浪型アナーキストの『週刊文春』事件。第三が、凶悪な北朝鮮人たちが日比谷公会堂で敢行した『週刊金曜日』主催の寸劇事件。第四が『WiLL』誌で執拗に展開した、“廃墟狂アナーキスト西尾幹二花田紀凱と組んでの、皇太子妃殿下に対する罵詈讒謗事件。  

 西尾幹二花田紀凱とが共同正犯の“平成の重大不敬事件”に関して、掲載誌『WiLL』とその単行本の発行者であるワック社・社長の鈴木隆一は、従犯の犯罪者であることを免れることはできない。刑法不敬罪があれば、西尾幹二/花田紀凱/鈴木隆一は同時に逮捕されている。  

 西尾幹二の“不敬の狂書”『皇太子さまへの御忠言』(注1)や“前代未聞の妄想”「《小和田王朝》キャンペーン」(注2)については、アナーキスト深沢七郎の「風流無譚」事件の延長上で捉えるべきで、平成時代におきた突飛な一過性の事件と見做してはならない。いや、「風流無譚」事件の枠組でも視野狭窄的にすぎるだろう。やはり、西尾幹二の「不敬の狂書」事件は、1910年の幸徳秋水大逆事件の延長上で俯瞰的に捉えるべきが学術的には妥当なように思える。チャートにしておこう。

 

続きを読む

“闇夜の虚空に吠える野良犬”安倍晋三の国連演説──外交は“言葉”ではなく“行動”である

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

 日本時間9月21日未明の安倍晋三国連演説は、いつになく威勢がよかった。聞く限りにおいては歯切れがよい以上に、内容も実にしっかりしていた。この演説は、10月の総選挙において相当な効果を自民党にもたらすことは間違いない。自民党や民族系団体等においてもすこぶる評価が高い。

 確かに、「北朝鮮との対話はもはや全くの無効」は現実に沿った真実だから、安倍の対話無効論は、実に正論である。また、「北朝鮮との対話をすれば、騙されるだけだ」との、安倍晋三の演説基調は検証した歴史事実に正確で、申し分ないものであった。が、安倍晋三演説への拍手はここまで。

 例えば、“安倍の演説”「圧力しか、北朝鮮核兵器と弾道ミサイルを放棄させる方法はない」は、聞いただけでは真面に思えるだろう。が、日本は独自の経済圧力・政治圧力・外交圧力は何一つしない/軍事的圧力に至ってはいっさい何もしないを前提とする言辞。その中身は完全な空洞で、虚言の典型なのは言うまでない。

 現に、安倍晋三は、国連総会演説でも、帰国後の日本でも、自分の言葉「圧力」につきその具体的政策について、一言も語っていない。つまり、安倍の空体語「圧力」は、米国のトランプ大統領の実体語「圧力」と比すれば、天と地ほどの差がある。安倍の「圧力」は口先だけ。具体性ゼロの抽象語。詐欺師の騙し語/法螺話と全く同じ類のもの。

国連演説に見る、トランプ米国大統領と安倍晋三の、対北朝鮮制裁の天と地の差

 このことは、トランプ米国大統領と比較すれば、一目瞭然。トランプは、「米国と同盟国を守らなければならない時、北朝鮮を完全に破壊するほか選択肢はない」といった(9月19日)。これに対して、ニューヨークに着いた北朝鮮外務大臣は「犬が吠えているだけさ」と嘯いた。

 だが、トランプは、自分の演説二日後の21日、北朝鮮に対する独自の経済制裁を発表した。その一つは、北朝鮮と重大な取引をした海外の金融機関は米国のドル決済システムから締め出すというもの。つまり、トランプの国連演説は「野良犬の遠吠え」ではなく、噛みつく直前の「ドーベルマンの猛り声」であった。        

表1;言葉の上っ面だけ威勢がいい安倍晋三とは、“詐欺師と変らぬ口先男”

f:id:nakagawayatsuhiro:20170926174546p:plain

続きを読む
中川八洋掲示板は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。