中川八洋掲示板

世界の現状は、日本の国家安全保障の危機を加速しています。この急迫の時局において、刻々と変遷激しい国内外の事態を冷静に俯瞰できる力を与えてくれる、大容量の真正の知識こそ、いまの日本人に必要なものです。当ブログは、国際政治学者・中川八洋筑波大学名誉教授の個人ブログです。

“論壇の暴力団”西尾幹二の弁護士は、同類の“犯罪”常習弁護士──“歴史の偽造屋”西尾幹二の妄言狂史(37)

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 故・谷沢永一氏は、人間観察力の達人であった。私はしばしば、谷沢氏から「人間力を磨け!」と注意された。そんな谷沢永一氏が1990年代後半、西尾幹二共産主義者で“極左”だと激しく怒っていた。私は、西尾幹二ニーチェヒトラー狂の廃墟主義アナーキズムの“極左”だと、政治思想の専門家として診断していたし、西尾幹二が“共産党に媚を売る”“計算づくめの共産党シンパ”なのも知っていたので、谷沢氏の「共産主義者」は学術的には正確でないと思いつつも、“極左”に括るとは「さすが」だと感心した。なぜなら、世間では、西尾幹二を、あろうことか「保守」と逆さに錯覚する度外れの勘違い屋がごまんといる中で、谷沢氏の炯眼はひときわ光っていた。  

 谷沢氏の無二の親友だった故・渡部昇一氏は、ほとんど他人を非難しない穏かな人柄だったが、1990年代前半、二、三度ぽつりと静かに、「西尾幹二は“噛みつき狂犬”の暴力団のような人格で、自分は口もききたくない」と漏らすことがあった。1990年代を通じて私は、小学校一年生時の夏休みの宿題でやった「朝顔の成長観察」と同じく、西尾幹二の異様な「ショービニスムの反米ドグマ」をじっくりと観察中だったので、黙って聞き流した。要するに、谷沢氏は西尾幹二の思想を、渡部氏は西尾幹二の人格を、私に教示して諭そうとしたのである。  

 西尾幹二の本性が“ごろつき”だとは見抜いていたが、実際はそれ以上で、異常な「“噛みつき狂犬”の暴力団」だと納得したのは2002年夏だった。この時、西尾幹二の狂気の思想を研究してばかりせず、渡部氏の注意にもっと耳を傾け、日頃は狡猾に隠して表に見せない西尾幹二の凶暴な人格の方も観察する人間力をもつべきだったと反省した。また、渡部昇一氏は酔った西尾幹二を知らないが、私は、酔った西尾幹二の形相が狂犬病の狂犬顔になり、他人を睨みつけながら「うっー」と唸る光景を何度も見ている。渡部昇一氏の方が、人間力に関する限り、私より上のようだ。

ペテン師評論だけで名を成したのは、“論壇の暴力団”としてアコギな裏工作を執拗に展開した成果

 西尾幹二の著作すべてに通じるが、学術性が全くない。これが西尾の一大特性だろう。大学教授に要求される学的知識もまったくない無教養ぶりを恥じずに、やったらめったら、思いつくままに書き殴っているだけの粗悪品の乱造。竹山道雄/林健太郎/福田恒存ほか保守系知識人の作品と本質的に異なっているのは一目瞭然。  

 こんな代物で、“平成の民族系(「保守」ではない)論壇”の大ボスに伸し上ったのは、教科書運動と『国民の歴史』のベストセラーだけではありえない。論壇の裏で自分を批判する者を執拗に追い落とす、過激な“論壇の暴力団”としての前代未聞の論壇工作の成果である。論壇の渦中にいない者でも、大人の常識があれば推定できよう。  

 現在でも坦々塾に集う面々は、北朝鮮人を中核に、森友学園籠池泰典よりはるかにいかがわしいものが多い。産経新聞社やそれ以外の西尾幹二の交友関係や人脈を辿れば、明らかに北朝鮮人の暴力団と思しき者がふんだんに出てくる。“論壇の暴力団組長”西尾幹二が醸し出す暴力団性の必然だろう。  

 このことの一端は、西尾幹二の弁護士たちも如実に証明してくれる。実名を挙げると、野中信敬安田修川見友康の三弁護士である。野中や川見は、誰が見ても外見においてヤクザとしか思えない。彼らがいかに“論壇の暴力団西尾幹二と同類であるかは、縷々説明するまでもなく、日弁連の次の処分を一読すればすぐに理解できよう。類は類を呼ぶ。西尾幹二の犯罪者性において、西尾幹二の周辺は“犯罪”常習者ばかりが集まる駐屯地になっているということ。

f:id:nakagawayatsuhiro:20180115141816p:plain

『自由と正義』2016年5月号、89頁。

ワック社社長・鈴木隆一は、“不敬の狂書”『皇太子さまへの御忠言』の責任をとって皇居前広場で自死決行か?──“歴史の偽造屋”西尾幹二の妄言狂史(36) 

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋  

 刑法から不敬罪が、終戦後のどさくさで削除された。この削除の主導者は、本当にGHQなのか、実際は日本側でないのか、の真相解明の論文が一本もない。日本側が実態上の主犯なのに、「GHQが主導し、日本側はやむなく」とその責任をGHQに転嫁したのが、真相ではないだろうか。  

 が、このような削除に至る歴史経緯の解明は、問題としては二の次であろう。なぜなら、問題の第一は、GHQが消滅した1952年4月末以降に直ぐ、日本はなぜ、この刑法不敬罪を復活しなかったのかの方だからである。以来、すでに六十五年以上の歳月が経つ。が、刑法不敬罪の刑法への復活問題は、運動も起きないし、私一人を除いて声すら全くない。

 安倍晋三は、「戦後レジームの脱却」などと、心にもない真赤な選挙用嘘宣伝に勤しむ。が、むろん“口先男”安倍晋三の頭の中には、「戦後レジームの脱却」などつゆほども存在しない。GHQの消滅以前から日本国民の大多数が悲願とした、「戦後レジームの脱却」の筆頭「“GHQの置き土産”憲法第九条を破棄して、主権国家の精髄たる国防軍設置を明記しよう」すら、安倍晋三はボロ雑巾のようにポイ捨てしたのは、この何よりもの証拠。

絶版は当然。ワック社の閉鎖も当然。鈴木隆一の責任の取り方は自死するか否か。

 戦後日本における不敬事件は、論壇に限って言えば、四つある。第一は『中央公論』誌上の「風流夢譚」事件。第二が花田紀凱北朝鮮人、地球放浪型アナーキストの『週刊文春』事件。第三が、凶悪な北朝鮮人たちが日比谷公会堂で敢行した『週刊金曜日』主催の寸劇事件。第四が『WiLL』誌で執拗に展開した、“廃墟狂アナーキスト西尾幹二花田紀凱と組んでの、皇太子妃殿下に対する罵詈讒謗事件。  

 西尾幹二花田紀凱とが共同正犯の“平成の重大不敬事件”に関して、掲載誌『WiLL』とその単行本の発行者であるワック社・社長の鈴木隆一は、従犯の犯罪者であることを免れることはできない。刑法不敬罪があれば、西尾幹二/花田紀凱/鈴木隆一は同時に逮捕されている。  

 西尾幹二の“不敬の狂書”『皇太子さまへの御忠言』(注1)や“前代未聞の妄想”「《小和田王朝》キャンペーン」(注2)については、アナーキスト深沢七郎の「風流無譚」事件の延長上で捉えるべきで、平成時代におきた突飛な一過性の事件と見做してはならない。いや、「風流無譚」事件の枠組でも視野狭窄的にすぎるだろう。やはり、西尾幹二の「不敬の狂書」事件は、1910年の幸徳秋水大逆事件の延長上で俯瞰的に捉えるべきが学術的には妥当なように思える。チャートにしておこう。

 

続きを読む

“闇夜の虚空に吠える野良犬”安倍晋三の国連演説──外交は“言葉”ではなく“行動”である

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

 日本時間9月21日未明の安倍晋三国連演説は、いつになく威勢がよかった。聞く限りにおいては歯切れがよい以上に、内容も実にしっかりしていた。この演説は、10月の総選挙において相当な効果を自民党にもたらすことは間違いない。自民党や民族系団体等においてもすこぶる評価が高い。

 確かに、「北朝鮮との対話はもはや全くの無効」は現実に沿った真実だから、安倍の対話無効論は、実に正論である。また、「北朝鮮との対話をすれば、騙されるだけだ」との、安倍晋三の演説基調は検証した歴史事実に正確で、申し分ないものであった。が、安倍晋三演説への拍手はここまで。

 例えば、“安倍の演説”「圧力しか、北朝鮮核兵器と弾道ミサイルを放棄させる方法はない」は、聞いただけでは真面に思えるだろう。が、日本は独自の経済圧力・政治圧力・外交圧力は何一つしない/軍事的圧力に至ってはいっさい何もしないを前提とする言辞。その中身は完全な空洞で、虚言の典型なのは言うまでない。

 現に、安倍晋三は、国連総会演説でも、帰国後の日本でも、自分の言葉「圧力」につきその具体的政策について、一言も語っていない。つまり、安倍の空体語「圧力」は、米国のトランプ大統領の実体語「圧力」と比すれば、天と地ほどの差がある。安倍の「圧力」は口先だけ。具体性ゼロの抽象語。詐欺師の騙し語/法螺話と全く同じ類のもの。

国連演説に見る、トランプ米国大統領と安倍晋三の、対北朝鮮制裁の天と地の差

 このことは、トランプ米国大統領と比較すれば、一目瞭然。トランプは、「米国と同盟国を守らなければならない時、北朝鮮を完全に破壊するほか選択肢はない」といった(9月19日)。これに対して、ニューヨークに着いた北朝鮮外務大臣は「犬が吠えているだけさ」と嘯いた。

 だが、トランプは、自分の演説二日後の21日、北朝鮮に対する独自の経済制裁を発表した。その一つは、北朝鮮と重大な取引をした海外の金融機関は米国のドル決済システムから締め出すというもの。つまり、トランプの国連演説は「野良犬の遠吠え」ではなく、噛みつく直前の「ドーベルマンの猛り声」であった。        

表1;言葉の上っ面だけ威勢がいい安倍晋三とは、“詐欺師と変らぬ口先男”

f:id:nakagawayatsuhiro:20170926174546p:plain

続きを読む

「《北朝鮮の核軍拡》に匹敵する《”軍事的真空“日本の無防備》が戦争を招く」も知らない、“安倍晋三ゴマスリ商売”八木秀次/百田尚樹らの“ゲス集団ヒステリー”

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 民族系雑誌のこのところの動きは、日本が抱える深刻な情況を白日の下に晒している。“深刻な情況”とは、「日本には愛国者が一人もいない」「知と倫理ある評論家が一人もいない」という事態を指す。この事態を、民族系三誌のうち、産経新聞社発行の“愚論・妄論・狂論垂れ流し雑誌”『正論』を俎上に挙げて証明しよう。

八木秀次のカルト宗教狂言憲法に《自衛隊》と書けば、北朝鮮の弾道ミサイルがこの世から消滅」

 『正論』10月号(9月1日発売)に、有害な“お笑い”巻頭対談がある。無学・無教養まる出し“エセ憲法学者八木秀次と、放送作家上がりで(これまた)無学・無教養な“俄か評論家”百田尚樹が、「粗雑・乱暴・低級な対談にしても、ここまでひどいとは!」と誰しもが絶句する、日本を危殆に瀕ししめて祖国毀損おびただしい、余りに危険極まりない雑談に興じていた。  

 八木秀次はこの笑談で、安倍晋三を“万能の最高政治家”だと抱腹絶倒のバカバカしい前提を仮構して、「安倍晋三を叩くから、北朝鮮ICBMまで造った」という究極の法螺話を宣託する。

 無知蒙昧を絵に描いた八木秀次とは実は、教育勅語を振り回した“詐欺師”籠池泰典と同類の“嘘つき男”。八木がいかに詐言で生きているクズ人間であるかは、この噴飯物の仮構一つで一目瞭然だろう。実際にも、八木と籠池の間には交流がある。トリック的な牽強付会を振り回す“三百代言”八木秀次が展開した『正論』誌での真赤な捏造話の一つが、次。

北朝鮮のミサイルで日本中が大騒ぎしていますが、長年、憲法九条の改正から目を背けておきながら、いざ現実を突きつけられると慌てふためく」(57頁)

自衛隊安倍晋三が目指すように)憲法に位置付けるのみならず、戦力・軍隊にするとか、核武装の是非も含めた本格的な議論が本当は必要なのです。ところが野党やメディアは・・・・・と騒ぐ・・・間に、北朝鮮はアメリカまで届くICBMの開発に成功したとも報じられ、米朝間に緊張が高まっている。・・・ここはメディア対策を踏まえた戦略の練り直しが必要」(67頁)。  

 これを読んで、直ちに八木秀次が詐話師だと気づいたものは頭が健全。が、気づかなかった者は水準以下だから政治に関与する資格がなく、投票などせず“365日働く”事に精を出し国に尽せ!  

 ポスト冷戦で日本中が浮かれている1990年代初頭、北朝鮮は、核弾頭開発や弾道ミサイル開発を開始した。それから二十五年、プーチン大統領のテコ入れもあって、ついに2017年、ICBMも水爆も完成させた。  

 ところが、稲荷神社の鳥居の傍に佇む“お狐様”そっくり顔の八木秀次は、上記引用文で明らかなように、日本の憲法第九条第三項に三文字「自衛隊」が加憲されていたら、北朝鮮は核弾頭も弾道ミサイルも開発していないというのだ。つまり、八木秀次は、三文字「自衛隊」が憲法条文にあると、霊験あらたかに金正恩は弾道ミサイルや核弾頭開発をしなかったとの妄想詭弁を展開している。

続きを読む

「イージス・アショア3セットは高い」と渋り、「THAAD8セットの配備」は端から拒絶。日本国民三千万人殺戮へと爆走中の“日本一のホラ吹き(国民騙し)男”安倍晋三

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

 さる9月2日(土)に始まった山本耕史さん主演の『植木等とのぼせもん(=小松政夫』を見て、最初に頭を過ぎったのは、植木等の歌「日本一の無責任男」は(未来の総理)安倍晋三を想像モデルにしていたのか、だった。実際にNHKは、“日本一の無責任男”安倍晋三・総理を観察しているうちに、このドラマを着想・企画したのかも知れない。

“日本一の無責任総理”安倍晋三を観察して着想したのか?NHK土曜ドラマ植木等とのぼせもん

 私が17歳で高校三年生だった1962年、「無責任一代男」のレコード盤が売れていた。テレビでもこの歌が頻繁に流れており、私は馬鹿馬鹿しくて視聴しなかったが、どういう訳か歌詞だけはそれから五十五年も経つのにスッと思い出したから、頭に刷り込まれていたことに初めて気が付いた。9月2日の植木等山本耕史を観ていると、思わず私の口が小さな声で「俺はこの世で一番、無責任と言われた総理・・・・・」と囁いたからだ。あとは青島幸男に決して負けない、自慢の)プロ作詞家級の“安倍晋三への替え歌ソング”が続くのだが、これは本稿の論旨から外れるし忘年会の隠し芸用。ここでは秘匿したい。

 安倍晋三につき、“日本一の法螺吹き総理”“日本一の(国防無為無策の上に、自分の言葉と政策に)無責任総理”“日本一の(無責任の裏返し)国民騙し総理”であるのは、次の事柄を思い起こすだけで、一目瞭然の真実だろう。異論はあるまい。  

A、安倍晋三最大の公約「アベノミクス」のポイ捨て。  

B、安倍晋三の第二トップ公約「北朝鮮拉致被害者の奪還」のポイ捨て。  

C、安倍晋三の公約「北方領土奪還」は、ポイ捨てどころか、逆走して「極東シベリア開発協力に三千億円という国民血税をロシアに貢ぐ協定の締結」と「(共同経済開発同意による)北方領土におけるロシア主権の容認」という対ロ領土割譲までした。“対ロ売国奴”としては安倍を超える悪人はおらず、日本史上最凶の“対ロ売国奴”と言えば、かつては河野一郎だったが、今では“日本一の【反日の権化】”安倍晋三を指す。

北朝鮮の核攻撃第一標的は日本。対米用の核ICBMは日本攻撃時に米国の報復を阻止するため

 極め付きは何よりも、日本国民三千万人以上がもはや確実に殺戮される原爆や原初型水爆実験に成功したのに(9月3日)安倍晋三が決して、北朝鮮の核弾頭付き弾道ミサイルから「日本国民をこう守る(すべて完全に迎撃する)」とも「これらの核弾頭付き弾道ミサイルをその発射前に、こう先制撃破・殲滅する」とも、口をチャックにして発しなかったことに明らか。

 安倍晋三は、日本国の総理ではなく、明らかに“北朝鮮金正恩の回し者”である。“北朝鮮の犬”として日本国民騙しの言葉を発したからだ。安倍晋三とは、実態において日本の総理大臣ではない。安倍晋三は、人格的にも真面な人間ではないし、自分が日本国民だという意識すらない。云はば外来の放浪者的人物だと考えられる。2006年11月、コンドリーサ・ライス国務長官は、安倍晋三rogue(ならず者)だと喝破し、口もききたくないと怒った。ともあれ安倍晋三は、こう言った。

続きを読む
中川八洋掲示板は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。